カテゴリー

無料ブログはココログ

他のアカウント

Twitter

« 私の人生と共にあった5枚のアルバム~夜のプレイリスト 第5夜『HYDRA』 | トップページ | 当選しました。 »

2018年10月12日 (金)

竹灯籠の夕べ

10月6日。

我孫子の恒例イベントである「竹灯籠の夕べ」へ足を運びました。
P_20181006_165716_1_p
実はこのイベント、5日と6日の両日開催されていたのですが、5日は行けず。
ホントウは5日の「SPレコードを蓄音機で聴こう!」という催しのほうが100倍興味深かったのですが(コカリナはじめ演奏者の皆さんゴメン)、しかたがありません。
しかし、LPレコードは擦り切れるまで聞きましたが、SPレコードはナマで聴いたことがありません。むか~し実家の古いレコードプレーヤーには78回転の切り替えスイッチがあったような気がしますが定かではありません。
さて、会場に到着するとスタッフの方々が懸命にチャッカマンで火をつけているのですが・・・
当日は結構な強風!
ろうそくの位置が高いと風にあおられて火が消えてしまいます。
P_20181006_165700_1_p

ほらね。
一番手前のろうそくしか付いてないでしょ。
開演時間が近づいてくるとだんだん暗くなってきて(でも風は強くて)、若干照度不足の中演奏開始です。
P_20181006_170923_1_p

最初はコカリナと鉄琴。
小さい音の楽器は風の音に負けて聞こえづらいです。
P_20181006_185639_1_ll_p

前半の演奏はコカリナに鈴木鈴子さん、鉄琴・パーカッションに藤本亮平さん。
後半には1名新たにギター&歌の橋本実さんがジョイン。

藤本さんのアフリカ楽器(名前忘れました)演奏の時、風が強くて(楽器自体の音量が小さく)ほとんど聞き取れなかったのが残念。でも、鉄琴のバチさばきはすごかった。
ピアノなんかもそうだけど右手と左手で異なる旋律を奏でる妙技。おまけに左手には二本のバチとか、とうてい自分にはできません。
鈴木さんのコカリナは指で穴を押さえて音階を変えるハズなのに、ビブラートもグリッサンドも上手で、あんなにシンプルな楽器で素晴らしい表現力でした。
そしてギターの橋本さん。色んな意味で目立ってました。歌うときの声も大きいし。でも、コカリナを食っちゃいけません(笑)

P_20181006_185626_1_ll_p
だんだん暗くなるなか、幻想的な演奏が続きます。
ホールで邪魔な音が入らないコンサートも良いのですが、風の音や子供のぐずる声を聴きながら、また、月の明かりの元聴く音楽はなんだかとっても暖かい感じがしました。
Img_20181012_0002
あ、楽曲的に良かったのは荒城の月。やはり名曲ですね。

恒例行事になっているようなのでまた見に来たいです。
帰りはちゃんとライトを付けた(前照灯、後尾灯とも)自転車に乗って帰りました。
自転車乗りの皆さん、左側走行・無灯火走行の禁止・片手運転禁止・・・は守りましょう。
最近はスポーツバイクだろうが一般自転車(軽快車など)だろうが関係なく無秩序・・・

« 私の人生と共にあった5枚のアルバム~夜のプレイリスト 第5夜『HYDRA』 | トップページ | 当選しました。 »

コメント

103さん、こんばんは。

竹の切り株から明かり見えるって、なんとなく好きです。
それとかぐや姫を連想します。

蓄音機によるSPレコード鑑賞、行けなくて残念でしたね。
私も興味があります。

実は蓄音機を持っています。ポータブル型の小型のもので、しばらく姿は見ていません。
今度の休日にでも、久しぶりに状態を確認してみようと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160447/74381960

この記事へのトラックバック一覧です: 竹灯籠の夕べ:

« 私の人生と共にあった5枚のアルバム~夜のプレイリスト 第5夜『HYDRA』 | トップページ | 当選しました。 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31