カテゴリー

無料ブログはココログ

他のアカウント

« ラウドネスとライオットのダブルヘッドライナーギグがあるらしいっすよ。 | トップページ | あるコンサートへ行ってきました »

2018年6月 8日 (金)

RIOTのギタリスト Nick Lee のインタビュー

Marunouchi Muzic Magazine にNick Lee のインタビューが掲載されていたので記録しておきます。
気になったポイントは以下の通り。
1.Nickが『いつかMarkやMikeのようにギターソロを書きたいと思っている』こと。自身のバンドMoon Tooth ではバンドのギタリストとして活躍しているし、RIOTのショウでも十分なパフォーマンスを披露していると思っているのに彼の口からこんな謙虚な言葉が聞けるというのが驚き。
それでなくとも歴代の曲を習得し、Mikeのサポートとして素晴らしい仕事をしているのに。
2.彼は「よりよいプレイヤーになるために自分をプッシュしているんだ。僕のやり方は難易度が高くほとんどプレイが不可能なリフを書くことなんだけどね」と話している。
いや、難しいプレイもいいけど、「メロディック」なのがいいな。ま、常に向上心を持ち続けることは悪いことではないね。
3.そしてインタビューの最後に彼が言うのがやはり謙虚な一言。『僕に親切にしてくれて、RIOTファミリーの一員として迎えてくれてありがとう。』
これね。

« ラウドネスとライオットのダブルヘッドライナーギグがあるらしいっすよ。 | トップページ | あるコンサートへ行ってきました »

コメント

103さん、こんばんは。
ご無沙汰しております。

「あるコンサートに行ってきました」の記事を拝見すると何故か不具合が生じるので、こちらに移りました。
今回のコンサートははずれだったようで残念でしたね。たまにはこういうこともあるでしょう。
パンフレットの表紙でしょうか、イラストは楽しめますね。

私は勤め先の仕事の内容もも相変わらずで、パソコンとにらめっこをするのも億劫で、もっぱら地元リリアで気が向くコンサートがないかな~なんて、時々催しの案内を覗いています。
11月に庄司紗矢香が出演するコンサートチケットがまだあったので、少々お高いチケットでしたが思わずゲットしてしまいました

103さん、先のコメントでネームを忘れました。失礼いたしました。

bunaibuさん、コメントありがとうございます。

何と言ってもタダで拝見しているコンサートですので文句は言えません。
むしろ他の楽団(ハクスイや松戸シティフィル)のレベルが高くて耳が肥えて来てしまったのかも知れません。

リリアのこのコンサート!
今どきはW杯でロシアが話題になっていますが、自分もロシアの作曲家や楽団が気になっています。
チャイコフスキーは昔から大好きな作曲家ですし。
鑑賞したら感想を聞かせてください(そのころには忘れているかもしれませんが 苦笑)。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: RIOTのギタリスト Nick Lee のインタビュー:

« ラウドネスとライオットのダブルヘッドライナーギグがあるらしいっすよ。 | トップページ | あるコンサートへ行ってきました »

2021年8月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31