カテゴリー

無料ブログはココログ

他のアカウント

Twitter

« 地元散策~谷根千散歩~藝大にて鑑賞 | トップページ | 年末恒例の第九です。 »

2016年12月11日 (日)

藝大にて鑑賞(続き)

前回、エントリーアップ中にPCが固まってくれたおかげで pout
放置していた記事をぼちぼち書いてみようと思います。

さて、「藝大アーツ・スペシャル2016」のイントロで、なぜかコシノジュンコ氏とパラリンピアン(卓球)の吉田選手が卓球台を挟んで打ち合うというシュールな(笑)絵を見た後にはいよいよゲージツ的な催し物のスタートです!

写真は谷根千散歩で食べたメンチカツね♪

P_20161204_115224_1_p

2-1.金澤翔子 書の世界

お次のプログラムは金澤翔子書家によるパフォーマンス。
15318008_1242805189131096_171785758

彼女のパフォーマンスは初めて見ました。
ステージまで遠かったのでライブ感はいまひとつでしたが、完成した「祈」の1文字は深い。
このイベントで彼女が書くことの意味を考えると、障がいを意識せずにこのようなイベントが普通に行われてほしいと思います。

なんだか副学長の松下氏とは以前から交流があるようで、聞いていても会話が楽しいです。

2-2.ロッシーニ 歌劇 ウィリアムテル序曲より「スイス軍の行進」
この日の演奏は藝大フィルハーモニア管弦楽団。指揮は田中祐子氏。
なんでも同楽団は藝大の音楽学部のプロ集団とのこと。
ん。確かに「かっちり」していて安心して聴ける演奏でしたね。

で、曲は「今週のビックリドッキリメカ」ですからね。
楽しいはずです。

この日のコンサートは『聞こえる色、見える音』と銘打って様々な工夫や先端技術を使っての演奏となるのですが、最初のこの曲はオーソドックスに演奏。それでも聴覚障がい者にも演奏の雰囲気がアップテンポで楽しそうなのは分かったんじゃないかな。

2-3.ゴドイ(管弦楽編曲:高橋幸代) 「天使と蚊」「娘と息子」
南米チリからのお客様。
なんと左手だけで(右手は後天的に失ったとのこと)ギター(!)を演奏するミュージシャン。
演奏を聴いても片手で弾いているとは思えないほどのクオリティ。
というか、いったいどーやってんだ!?と実際に見ているのに信じられない奏法です。
世の中ハンデを背負ってもプロのミュージシャンとして活躍している人がいますが、103が知っているのはやはりヘビメタ畑から言うとデフレパードのリック・アレンでしょうか。

しかし、リックの場合特別なセットに改造することにより演奏を可能としているのに対し、ゴドイ氏は奏法的テクニックのみにより克服しているようにみえる。

曲も彼自身の手によるもので、この日は2曲だけでしたが前日にも違う曲を3曲披露しているようです。いずれにしてもこの姿を見て勇気を持つ人も多いのでは。

2-4.グリーグ ペール・ギュント第1組曲より「朝」「アニトラの踊り」「山の魔王の宮殿にて」
実は今回のコンサートを見たいと思った理由の一つは大好きなペール・ギュント(の1部)が演奏されるから。

抜粋なのは仕方ないけど(全曲だと合唱も必要だし)、曲が好きなのでいと嬉し♪
ここでは音と映像のコラボが実現。
「山の魔王の宮殿にて」のおどろおどろしい旋律に合わせて、舞台上のスクリーンには恐竜のフィギュアが行進する様子が映し出されます。

聞けば、このフィギュアは特別支援学校の生徒が制作したものを撮影・加工してアニメーションにした様子。
映像の切り替わりと音楽のそれがシンクロしていて、かっこいい!

P_20161204_133925_1_p

2-5.ベートーヴェン 交響曲第九番より「第2楽章」「第4楽章(抜粋)」
休憩をはさんで、日本の年末の風物詩 第九です。
なんと第4楽章では特別支援学校の生徒と藝大音楽学部の有志が原語による合唱に挑戦。
曲の構成上、また、オーケストラや合唱の人数の制約もあることからいつも観ているような大迫力の第九とは異なった演奏でしたが、ハンデがあっても挑戦する姿、また第九の(本当はシラーの)歌詞の内容を考えると思わず涙腺が緩んでしまいました。

2-6.シュトラウスⅡ世 「春の声」
ここで、聴覚障がいを持つ子供がステージ上に上がり、音楽を聴くのではなく「感じる」ためにオーケストラの演者のあいだに散らばって演奏ることに。
さらにソプラノ歌手の橋本夏季さんが独唱。
藝大の卒業生なんですね。

2-7.シュトラウスⅠ世 「ラデツキー行進曲」
ラストはやっぱりコレですね♪
で、聴覚障がいを持つ子供たちが加わって太鼓を演奏。
なんと藝大のCOI(革新的イノベーション創出プログラム)というプログラムで開発された、ドラムを叩いた時のアタックとボリュームを視覚化できるデバイスを取り付け、オーケストラと一緒に演奏するという企画。

先ほどの第九もそうだし、最後のコレでもう完全におじさんはやられました。
めちゃくちゃ良かった、このコンサート。

出来れば来年も参加したいなー(谷根千散歩も含めて)と思った今日この頃でした。

あ、そうそう。
コンサートが終わったら腹ごしらえ。
上野で海鮮を堪能しました。

P_20161204_173144_1_p

« 地元散策~谷根千散歩~藝大にて鑑賞 | トップページ | 年末恒例の第九です。 »

コメント

103さん、こんばんわ。
またまた面白そうな催しに参加されましたね!
メンチカツは以前長蛇の列に圧倒されて食べ損ねた覚えがあります。
網に乗ったホタテ、醤油の匂いと一緒に漂ってきそうですbeer

bunaibuさん、遅スレすみません。

無料(または格安)コンサートを探して幾年月(笑)。
探せば素晴らしい興行はいくらでもあるもんだと。
特に今回は名声とは全く別の次元での素晴らしい演奏家が(あるいは芸術家が)集まりました。
本来芸術は貧富に関係なく享受するべきものと思いますので、これからも安い(または無料 笑)コンサートを探しますよ!

メンチカツは思ったより待ち時間が少なかったですよ。是非お試しあれ。

ホタテは・・・
カミさんの大好物でした(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160447/68801269

この記事へのトラックバック一覧です: 藝大にて鑑賞(続き):

« 地元散策~谷根千散歩~藝大にて鑑賞 | トップページ | 年末恒例の第九です。 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30