カテゴリー

無料ブログはココログ

他のアカウント

Twitter

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月

2016年5月31日 (火)

メシは「和食」、音楽は「イタリアン」

恒例の無料コンサートシリーズ。

今回は5月24日の平日に九段下まで行ってきました。

コンサートの開演は19時。
ん~、それならちょいと早めに東京へ出て散策と食事を楽しもうかと。

まず向かった先は東京のお伊勢様とも言われる「東京大神宮」。
実は以前も近くを通りかかったのですが、その存在を知らずに『なんでこんなに人がいるんだ??』と不思議に思っておりました。

ところが明治の時代に伊勢神宮の遥拝殿として建立し、神前結婚式はココが元祖なんですって。
ん?てことは明治以前は神前結婚式がなかったってこと??
・・・・・ ネットに頼ってラクな方法で調べました。
それによれば古来日本の結婚式は自宅で執り行うのが一般的であったとのこと。
(神前式もあったらしいけど)
なるほど、瀬戸の花嫁とか佐原の嫁入り船とか・・・
その後大正天皇が結婚する際に初めて宮中賢所大前で行われて、庶民の間にも広がったらしい。
ふ~ん。
平成の今じゃもっと変わってるもんね。

とりあえず家族の健康と仕事がうまくいくことを祈念してパンパン。

心を満たしたら次はお腹だ!
今回鑑賞するコンサートは「インターナショナル・フルート・オーケストラ」で、イタリア文化会館が会場だったので、当初「食事もイタ飯で!」と思っていました。
で、ネットで調べて目星はつけておいたのですが。

歩きながら気になるお店が・・・
外観は撮影しませんでしたが、「もつ煮」の文字がアタマから離れず・・・
思わず飛び込んでしまいました。
アタリと思ったのが・・・
* 店内が外から見えて開放的
* ビールがキリン
* もちろん焼酎あり(この日は茜霧島をいただきました)
* 焼き鳥、もつ煮がうまかった

たしか¥1,250(?)でてっぺいちゃんセットというのがあり、小鉢と焼き鳥3本、お酒に煮込みがついてくるというもの。
で、コレ↓

P_20160524_171154_1_p

美味でした。

上記セットで最初はビールを、その後焼酎一杯頼んで1人2000円ほど。
ま、がっつり食べたわけではありませんが、その後の音楽鑑賞もあるので。

で。
メインイベント。

1878729
とにかくすごいのが全部フルート。
ピッコロ、Cフルート、バス、Fバス、コントラバスのみ。
フルートだけで厚みのある音を奏で、曲目のバリエーションに負けない音のバリエーションを聞かせてくれました。

バッハやチャイコフスキーなどの定番からヴォーン・ウィリアムズまで飽きさせず楽しませてくれました。
そしてフルートを作っている職人さんも参加して数曲演奏。
たしかゲストは古田土勝市さんと岩田絵里さん。
楽団としても楽器の製作者と一緒に演奏するという機会はあまりないのではないでしょうか。

指揮者がジョン・ベイリーという方だったのですが、この人好きです。
タクトを振っているときの表情もそうですが、話し方(英語でしたがわかりやすい話し方でした)も優しく会場スタッフにも気配りをしていました。

このような小規模の室内楽風演奏を聴くと、名古屋にいた時代に聞いた「フライブルク・バロック・オーケストラ」によるブランデンブルク協奏曲の演奏会を思い出します。
大きなホールの演奏会もいいけど、こじんまりした場所での奏者との近さを感じる演奏会もいいもんですね。

久しぶりの荒川CR

やばいです。
ブログ更新をさぼっていたらGW直後の話題をアップするのが翌月になるところでした ^^;
気を取り直してまいりましょう。

5月7日、GW中仕事一筋だった103は久しぶりに荒川へ遠征することにしました。
巻き込んだのはbunaibuさん夫婦。

秋ヶ瀬にて待ち合わせ、快晴のなか走り始めました。
なにせ数年ぶり(?)の荒川CRで、道をあんまり覚えていない。
「そんな複雑な道じゃない!」と言われればそれまでですが、やはり不安は無いに越したことはないので先導をbunaibuさんにお願いする、という他力本願ポタでした。

もちろん真っ先に受かったのは牛の待つココ。
榎本牧場です。

P_20160507_121136_1_p

久しぶりに会う牛たちに心癒され。

P_20160507_123856

あ、コレは子牛ね。
そういえば。
牛舎へ行くと牛を繋いでいる(ストールといいます)顔のそばに置いてあるのは『塩のカタマリ』。
牛の主食である牧草(乾草)、それに水を飲んでいるのが普段の食事。
育成期間や搾乳期間になるともっと栄養価の高い濃厚飼料を与えますが、濃厚飼料に含まれている(と思われる)塩分以外、あまり牛が摂取する「しお」は多くないもの。
当然体内のミネラルバランスを整えるためにも塩分を摂取するために塩のカタマリを置いておくのですが・・・

実は日本の料亭や割烹料理屋などにおいてある盛り塩。
『牛が塩を舐める』ということに端を発しているそうです。
103も最近知りました。
詳しくはこんなサイトを参照してね ↓
盛り塩の由来

今回は牛を見るのに夢中であまり良い写真が撮れませんでした。
代わりに(?)もうひとつのお約束。

P_20160507_121635

ジェラートっす。
なんだかしばらく来ないうちにジェラート販売所が大きくなっていたりして、観光地化が進んでいるな~と。

自動搾乳機についても大分使い込んでいて、以前見た時のような新品感はありませんでした。動画を発見したので興味のある人はどうぞ 

『乳首探ってる感』がなんとも。

あと、榎本牧場で気になったことが一つ。

入口広場の乗り物です。
P_20160507_121139_2

乗り物が全般的に台数が増えたのはイイんですよ。
ただね、103が乗れるようなサイズ(もしくは仕様)のものがナイんですよ!
ここまで自転車に乗ってきたのに、まだ乗り物乗りたいんかい!という突っ込みも聞こえそうですが、やっぱり遊びたいですからね。
オトナ用の遊具もラインナップに加えてくださいっ!(笑)

ジェラート摂取後それほど時間も経っていなかったのですが、お次はランチです♪
向かったのは高半
自転車乗りには有名な古民家レストランですね。
なんてったって店の佇まいが気に入りました。

P_20160507_142829

自転車ラックも完備していました。
足場用の単管利用しているのでしょうか。
でも、パイプ接続部は足場に使用するよりももっと頑丈なつくりでした。まるで鉄棒?(笑)

P_20160507_142833

P_20160507_142838_1_p

頼んだのは天丼とうどんのセットです。
それぞれ小さめのサイズなのですが、いざ食べ終わってみると満腹感が半端ありません。
あ、もう半世紀生きている人間の感想なので、若い人はプラスアルファ必要かも。
天丼の味付けは濃い目で、ほどよく汗をかいた体にちょうど良い塩分補給となりました。
ヒトもウシも塩分は大事。
ココならまた食事をしたいですね。

その後上尾丸山公園でムシと戯れてリフレッシュできました!

毎回荒川に来るときにはbunaibuさんにお世話になっているので、時間が合えば手賀沼を奥様と一緒に走りたいですね~なんて話していました。

牛はいませんが人間を威嚇するハクチョウや声は聞こえど姿は見えないキジ、名前の知らない(ボクに知識がないだけなのですが)野鳥など、動物にも会えます。
他にもプチ心霊スポットやMTBでも登坂不可能な獣道探索などオプションも可能です。

ロードバイクでは走りにくいようなサイクリングでも企画しますか。

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30