カテゴリー

無料ブログはココログ

他のアカウント

Twitter

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月

2016年2月20日 (土)

だいぶ前に読了した作品を紹介しておきます。P.ルメートル

キングの作品どころか、関連する作品でもありませんが。
初めてフランスミステリーを読みました。

P_20160128_110101_df

きっかけはツイッター上での過剰な反応。
最初に知り読了したのがそのときに紹介されていた『その女アレックス』。
作者はピエール・ルメートル。
以前「王様のブランチ」でも紹介されていましたが遅咲きの(年配の作家)です。

で。
『その女アレックス』の紹介文を書こうかと思い一瞬考えましたが・・・
ストーリーに触れることを書くと楽しさ半減なので多くは書けません。
ま、こんな↓情報だけは載せときましょう。

* 週刊文春ミステリーベスト10というランキングが毎年発表されるのですが、2014年の第1位を獲得したのが本書。
* ちなみに2015年の第1位もルメートルの作品(悲しみのイレーヌ)。未読。
* オビの文句は「驚愕、逆転、慟哭、そして感動-」
* あえて、103の感想を一言。「最初っからワケわからない!」

もちろん、ネット上では否定的な評価も見られるが下馬評が良いと反発があるもの。
「今まで読んだ小説の中で最高峰」とは言わないが、(フランスの作家が書いたものだからか)今まで読んだ小説とはテーストが異なるのは確か。

その後。
写真にあるように『死のドレスを花婿に』を読んだのだが、個人的にはこちらのほうが好み。
同様に最初っからワケ分からない感はあるのだが、「スカっと」するぶんこっちの方が良いと感じたのかな。

ちなみにこの作品のオビの文句を抜粋しておきましょう。

かつては幸福だった女ソフィー。殺人犯として絶望的な逃亡生活を送る彼女は、いかにしてどん底まで転落したのか、狂気の影におびえるソフィーに降りかかる不幸、不幸、不幸・・・・・職も結婚生活も彼女は失った。だが物語が進むとともに、あなたは、もっと深く、おそろしく、忌まわしいものを目にすることになる!

これは一気に読み進められるストーリーだ。

2016年2月19日 (金)

きりんさん、さっぽろさん。

昨秋。

きりんさんからいただきました。

Imgp7803

Imgp7805

Imgp7800

「KIRIN's craftsmanship」ってところがイイですね。
付加価値のある商品を上質なパッケージで楽しむ。
見た目も含めて(味も)心の渇きまで癒してくれるような商品です。

ソレに対して。

さっぽろさんはこんなの ↓

え~~「徹底的」って言われても・・・

P_20160128_204431

スゴイのは外装箱に直接デカイフォントで印刷されてるんです。
モノがモノだけにお手頃価格で爽やかさを演出した商品です。

P_20160128_204659

ライトで飲みやすかったのですが、ま、個人的にはヴァイツェン好きの103にはきりんさんに軍配があがりました。

ま、どちらも普段飲みで消費することはありませんが・・・(某IグループのPBでガマン・・・)
きりんさん、さっぽろさん、いつもありがとうございます!

2016年2月 9日 (火)

極上ホールで生演奏を楽しみました

先日の日曜日、例によって無料コンサート鑑賞に行ってきました。

急に思い立ったものの、輪友bunaibuさんに打診してみると「一緒に行ける」とのこと。
天気も良さそうなので自転車で待ち合わせることにしました。
集合場所はココ ↓

P_20160207_115205

久しぶりの湯島天神です。
例年1月末から梅が咲き始めますが、今年の冬は前半暖かかったのでもしかしたらかなり咲きまくっているのでは?と思いましたが、それほどでもありませんでした。

P_20160207_115014

それでも参拝客は多く集まっていました。
梅を見てみるとまだまだツボミが多く、全体的には3分咲きというところでしょうか。

P_20160207_115830_df

それでもほのかな梅の香りを楽しむことが出来ました。

近くのカフェでランチをしてから本日の会場である豊洲へと向かいます。
中央通りをまっすぐ行けばOKと思っていましたが、走行開始直後秋葉原の歩行者天国に遭遇します。自転車も通行できないので若干危険を感じますが昭和通りへ向かいました。

日曜日でクルマの交通量が少ないとはいえ、路肩があまり広くない道路です。
お願いだから不必要にクラクションは鳴らさないで欲しいですね。
慣れた道なら裏道をゆったり走りたいところですが。

で、今回訪れたのはこんなコンサート ↓

Image

オーケストラーダという団体の室内楽です。
演奏を聴くまで下調べもせずに出かけたのですが、このオーケストラーダという団体、その活動理念のひとつに『地域社会への寄与』ということがあるようです。
つまり地域の福祉機関と連携し、無料で特別招待するということをしているようです。

なるほど、今回もその意味合いが強く、それほど大きなキャパではない会場の割には白杖しようしている人や盲導犬がいたのですね。

で、その会場なんですが。
メチャクチャ楽しかった!!!!
豊洲シビックセンターという、いわゆる役所機能も代行する市民会館的な位置づけで(最近は名称を横文字にするからようわからん)、演奏ホールのほかに図書館も併設されています。
ちなみにこの施設利用者には無料になる駐輪場も完備でした。

オープンが昨年の9月ということもありキレイなのはもちろんなのですが、コンサートホールの造作が変わっていました。

P_20160207_135430

これは開演前に客席から撮影したところですが、バックがガラスになっていて外光がたっぷり降り注いでいます。
地上5階にあるホールなので遠くまで見渡せます。
でも、演奏の時に観客からは逆行になっちゃうよ??と思っていたら、なんと壁が可動式になっていてこんなふうになっちゃいます。

P_20160207_140032_p

これで安心して鑑賞することができますね。

会場ばかりに感心していないでコンサートに話を移しましょう。
まずはハイドンの弦楽四重奏「ひばり」。
冒頭ひばりのさえずりのようなメロディーが爽やかな曲調を際立たせます。
ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロで奏でられ、最前列で鑑賞したので演奏者の息づかいも聞こえるようでライブ感がハンパなかったです。

次にダンツィの木管五重奏。
ダンツィという作曲家は知りませんでしたが、各曲演奏前に音楽監督である久保田氏が演奏者に質問形式で曲もしくは作者にまつわる話題を説明してくれるので、飽きることなく鑑賞できます。

バルトークのヴァイオリンソロソナタ。
バルトークという作曲家は近代音楽家であり、どちらかというと典型的なクラシックが好きな103には少し難解でしたね。

その後休憩時間には再び外光取り入れパネルがオープンして明るい会場に戻ります。

後半は弦楽と木管合わせてフランセとワーグナー。
最後の曲でこの日の出演者総出という感じでしたが、それでも15人くらいでしょうか?
小編成で小さめのホール(最大キャパ300人くらい?)、おまけに最前列での鑑賞、ライブの楽しみを堪能できました。

bunaibuさんとは会場で別れ江戸川経由で帰路へ向かいますが、北上中の向かい風にすっかりやられて(かつ、暗くなり気温も低下)松戸に自転車を放り投げ電車で帰った軟弱な103でした。

貴重な休日に終日付き合っていただいたbunaibuさん、ありがとうございました。
今度は荒川サイクリングでもしましょうか。チームカーと一緒に♪

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31