カテゴリー

無料ブログはココログ

他のアカウント

Twitter

« 名演への招待シリーズ | トップページ | サイクルモードめ~ »

2014年8月23日 (土)

映画を見ました

近所にある長久手文化の家で映画を見てきました。

通常の映画館ではありませんのでちょいと古い(といっても2012年封切)作品ですが、作品そのものの良さは時を経ても変わらないはず。ということで、ワンコインで鑑賞です。

作品は「ももへの手紙」。

どうなんでしょう。

封切当時話題になったのでしょうか?

映画自体、ロードショーで観ることがほとんどないのでわかりませんが、あまり記憶にないですね。

Story 3Story 4Story 5Story 6Story 7Story 8公式HPに掲載されているあらすじは↓こんな感じ。

”ももへ”とだけ書かれた手紙を遺し、お父さんは天国に旅立ってしまった。
「ほんとうはなんて書きたかったの?」
心ない言葉をぶつけ、仲直りしないまま父を亡くしたももは、その想いを抱えたまま、
母いく子と瀬戸内の島に移り住む。
慣れない生活に戸惑うももだったが、不思議な妖怪”見守り組”のイワ、カワ、マメと出会う。
食いしん坊でわがまま、でも愛嬌たっぷりの彼らには、実は大切な使命があった・・・・・・。
もものために明るく振舞いながら忙しくする母いく子。そんな中、ちょっとのすれ違いからももといく子はケンカをしてしまい、さらにいく子は病に倒れてしまう。母が自分の為に無理をしていたこと、母の想いに気づいたももは、”大切な想いを伝える”奇跡を起こしていく――

Main

アニメーションですが、気に入ったところは↓ こんな感じ。

*人物描写がリアル。「キレイ」な表情ばかりでなく醜さや加齢による表情も『取り繕っていない』という印象を受けた

*風景の美しさ。いわゆる瀬戸内海にある架空の島が舞台になっているけど、「あ!アレ、しまなみ海道の橋の一つ??」というほどホンモノっぽくて丁寧に描きこんでいる感じがする

*ストーリー自体、特筆するべきところはない。で、家族連れで観に来ている人が多かった。ただ、子供にとっては妖怪のしぐさが面白かったりちょっと変わったキャラが可笑しかったり・・・という見方は出来ると思うが、ある程度トシを重ねるとこういう作品は味わい深くなりますね。

*声優もマル。やっぱり山寺さんすごいですね。キャラにちゃんとなりきった声を出してくれる。他の声優も無理なキャスティングはなく、自然な演技ができていたように思う。

ま、総じて若いころだったらあまり食指が動かなかったような作品だけど、エンディングではやはりほろっときたし、それなりに楽しむことが出来ました。

« 名演への招待シリーズ | トップページ | サイクルモードめ~ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160447/57164315

この記事へのトラックバック一覧です: 映画を見ました:

« 名演への招待シリーズ | トップページ | サイクルモードめ~ »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30