カテゴリー

無料ブログはココログ

他のアカウント

Twitter

« 国外逃亡記録:その2 メシ編 | トップページ | 国外逃亡記録:その4 自転車 レンタル編(悲) »

2012年7月22日 (日)

国外逃亡記録:その3 自転車 駐輪場編

さて、記録が続きます。

毎度海外出張したときには自転車がどういう風に乗られているのか、あるいは駐輪場事情など、気が付いたことをレポートしてきましたが、今回も新しい発見がありました。

やっと自転車関連ブログっぽくなってきましたcoldsweats01

+++++++++++++++++++++++++

今回改めて気が付いたのは、車道の一部とか歩道、あるいは街中の広場などにある駐輪場です。写真を見ながら説明していきましょう。

Imgp6116

これは確か公共施設の前にあったもの。
コンクリートを固めただけのシンプルなものですが、見た目がカタツムリのようで可愛いですね。実際に自転車を停めているところは見ることが出来ませんでしたが、実用性が高ければ町の景観も損ねず、良いかも知れませんね。

Imgp6117

こちらはお店の前にあったもの。
ただ、スリットがあるだけなので、子供用の小さい自転車や小径車の場合多少不安定かもしれません。同じコンクリートタイプならカタツムリ式のほうに軍配が上がりそうです。

Imgp6120

Imgp6121

2枚の写真はどちらも市街地の中、上は歩道に、下は車道の一部を利用してつくられたものです。
休日の朝早く撮影したので利用者は居ませんでしたが、ちゃんと市民が利用していることは確認しました。

それにしても街中になると自動車の法廷速度が下がり、ちゃんとクルマはそれを守り、自転車や歩行者優先を徹底しています。弱者優先をちゃんと実行しているからみんな安心して道路を利用しているのだな~といつもながらに感心してしまいます。

Imgp6122

こちら、実際に金属製のパークを使用している状況です。
蛇足ですが、カフェの前の駐輪場、止まっている自転車はどちらもGIANTの自転車でした。
それにしてもドイツではこのようなパニアバッグですとか、ワンタッチで取り外しできるリクセンカウルにあるようなアタッチメントを備えた前カゴなどが多く見られ、市民の大切なアシとして自転車が大きな役割を持っているように感じました。

Imgp6359

こちらは確かスイスの駐輪場。
シンプルですが高低差をつけて隣のハンドルと干渉しないように、また鍵でこのパイプに固定しなくても自転車が倒れないように湾曲した前輪引っ掛け用ガイドを付けているところがニクイですね~。

おまけにゴムのプロテクターでフレーム(フォーク)が傷つかないような配慮もしてあるし。

Imgp6504

自転車レンタルをしているショップの駐輪場です。
スイスのレンタルショップは良い自転車を用意していました。
一番手前のはKONAのMTBですよ。さすが観光で潤っている町ですね。

Imgp6629

スーパー前の駐輪場です。
ハンドル引っ掛けタイプですが、あまりスペース効率は良くないような気がします。

Imgp6631

SCHWINNのバイク。別に駐輪ラック、必要ないじゃん!(笑)

Imgp6643

こちらは駐輪場とは若干違いますが、DB(ドイツ鉄道)の特急列車内の自転車ラック。ちゃんと固定されていて、すぐ隣には他の荷物も置くことができる。
素晴らしいスペースセービング!!

Imgp6393

こちらはSBB(スイス鉄道)の車両。1車両のおよそ半分がずらっと駐輪可能。
103がぶら下がっているのが前輪を引っ掛けるところ。
折りたたみ式のイスもあるので自転車が少ないときは座ることも出来ます。

ちなみに、前輪引っ掛けフックの下に黒いラバーのついた棒が見えるでしょ?
これは手前に倒れるのですが、ウィンターシーズンにはスキー板を立てかけることが出来るのです(予測)。さすがスイス!

Imgp6233

こちらもスイスの車両ですが、もっと大雑把です。
この車両からロードバイクを出してきたおじさんがいたので、慌てて写真を撮りに行ったのですが、すでに自転車はすべて撤去されていました。このヒモでどんな風に固定するのがいいのかな~?

さぁ、次のエントリーではいよいよ今回の旅で最大の山場、レンタルバイクについて嬉しくも悲しい物語をお送りします。

乞うご期待!

« 国外逃亡記録:その2 メシ編 | トップページ | 国外逃亡記録:その4 自転車 レンタル編(悲) »

コメント

103さん、こんにちは!
おっつ、、ルコックのパンツ決まってますよ。
まだヨーロッパですか?
ツールの最終ステージを観戦し、それからロンドン五輪まで観戦して帰国するんですか?
だいぶ行っちゃてるみたいですけど、ビールとワイン飲みすぎないように。
帰国したらまた、ちまちました日本でまた遊んでやって下さい。

ノリピーさん、コメントありがとうございます。

ロンドンで五輪観戦もいいですね~。
しかし、そんなに会社空けたらデスク絶対なくなりますから!(笑)

すでに帰国しておりますので、遊びに行きましょう。
ただし、しばらく自転車は自粛の方向です。
詳細は「その4」で(笑)

103さん
こんばんわ。
たすけさんの「今月のバナー画像」からたどってまいりました。

素晴らしい記事の数々ですね。海外(EU)の自転車事情に感服。
ジックリ前後のシリーズを読ませていただきます^^。
今後ともよろしくお願いします。

kinchanさん、コメントありがとうございます!
お褒めいただき、恐縮です。
ま、ホントはもっと濃厚な自転車リポートをしたかったのですが、寄る年波には…じゃなかった、カラダの痛みが尋常ではなかったので、中途半端な内容になってスミマセン。
せっかく仕事抜きで行けた良い機会だったのに残念です。
それでもハイキングは景色が素晴らしく、いつかはまた行きたいところです♪
もし機会があれば行ってみてください。
kinchanさんのような健脚なら、スイスの山も楽しくサイクリング出来ますよ〜♪

EUの自転車事情については、11月にも出張しますので面白いネタがあれば紹介します。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160447/46413971

この記事へのトラックバック一覧です: 国外逃亡記録:その3 自転車 駐輪場編:

« 国外逃亡記録:その2 メシ編 | トップページ | 国外逃亡記録:その4 自転車 レンタル編(悲) »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30