カテゴリー

無料ブログはココログ

他のアカウント

Twitter

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

2011年11月28日 (月)

柏市民吹奏楽団 第47回演奏会に行ってきました。

11月27日、待ちに待った柏市吹奏楽団の第47回演奏会に行ってきました。

Imgp3314

なんで待ちに待ってたかって?

まずは、この演奏会の予告エントリーの一文です。

なんといっても演奏者が楽しそうに(余裕があるのかな??)プレイしていること、加えて指揮者の米津氏も音楽をとことん楽しむキャラクターのようです(勝手な思い込み??)。

どうもですね~、ボクの勝手な思い込みじゃないっぽいんですよ~。

まず、指揮者の米津氏。

彼の指揮は溌剌としていて、小気味よい。たぶんこの楽団の選曲にもよると思うんだけど、タクトを振る姿が見ていて気持ちいい!別にお友達というわけではないので話したことすらないんだけど、なんだか見ていると「人となり」が分かるような気がする。んで、楽しそうなキャラがにじみ出ているというか・・・

そしてもちろん楽団のメンバー。

今回は結構難易度の高い曲だったからか(ホント?)、真剣なまなざしが多かったけど演奏が終わった後やステージ後にエントランスで友達と語らう姿などを見ていると、『音楽を楽しんでいる』感があるんですね。

ちなみに、前回(7月)の第46回演奏会に関するエントリーに楽団員の方からコメントを頂戴しました。

その中で「笛吹き田原」さんから、

指揮者米津さんと演奏できる私たちの幸せが、少しでもお伝えできたかと思うと、とても嬉しいですし、励みになります。

というコメントをいただきました。ね、やっぱり米津氏の指揮で演奏するの楽しいんだhappy02

Imgp3309

で、この日の演奏です。

も~、すばらしい!エクセレント!大興奮!!

プログラムを記録のために書いておきます。あ、最初に断っておきますが、今回の曲はほとんどが聞いたことのないものでした。なんとなく聞いたかな?くらいのものはありましたが、基本的に初見です。

Imgp3305

【第一部】

1.交響的断章/V.ネリベル : 当日配布されたパンフレットにある曲目紹介によれば「その作風はきわめて個性的であり (中略) 初めてネリベルの曲に触れる方は『現代的で無機質で難解』という印象を持たれるかもしれません。」

そうまで言われちゃ(笑)覚悟して聞くしかありません。ところが、すごく前衛的なわけの分からない曲かと思っていたら、そうでもなく、「かわったリズム」の曲という印象。主題がハッキリしないという印象もありましたが、結構楽しめましたよ。

2.交響曲第19番 変ホ長調 作品46/N.ミャスコフスキー : いや~、まず、第19番というところでキングファンの103には溜まらんですね。ま、普通作曲家が付ける作品ナンバーは「出来た順」でしょうから特別な意味はないのでしょうが、キング作品とりわけ暗黒の塔シリーズでは重要な番号なのです。ま、これは曲のレポートに関係ないですね。

第1楽章~第4楽章まで演奏されましたが、全体的に行進曲風というか活発な曲が多く、第3楽章のみしっとりとした雰囲気ですが、最後は「ソビエト万歳」風な強奏でフィニッシュ。

今回の演奏会、コンセプトがそもそも

~被災した地域の「復興への祈り」であり、東欧からロシアの音楽を織り交ぜ、吹奏楽オリジナル作品やクラシックアレンジの作品を中心とした構成

とのこと。この曲のように壮大な演奏を聴くとそれだけでジンときてしまいます。

ちなみにこの曲はのっけからほぼ全員によるフォルテッシモでの導入です。もしかするとこれって吹奏楽団の醍醐味なのか??と思うほど演奏する寸前に「ブレス」の音が強く聞こえ、大音量の演奏が始まるのでした。いや~、この迫力はすごかった。

最後の第4楽章。耳の肥えていないボクはなんだかドラえもんやガンダム、ヒーローものアニメの曲かと思ってしまいました。いや、なじみやすいという意味で。

実はワタクシ子供のころアニメのBGMに使われている交響曲が大好きでした。ま、主に松本零士の作品に多かったんですけどね。宇宙戦艦ヤマト・キャプテンハーロック・銀河鉄道999等々。そういうスケールの大きい音楽を思い浮かべました。

Imgp3311

休憩を挟み【第二部】

さて、第一部は曲が終わるたびに感想をメモっていたんですが、楽しくなってきてだんだんメモる余裕がなくなってきました(苦笑)。

3.歌劇「ルスランとリュドミラ」序曲/M.グリンカ : もともと『弦楽器が躍動する序曲は特に有名』なんだそうですが、こちとら初めて聴く曲です。全然違和感ありません(苦笑)。グリンカもロシアの民族音楽を多く取り入れた作曲家なんですね。

4.バレエ音楽「シンデレラ」より/S.プロコフィエフ : 出ました!名前の知っている作曲家!おまけにシンデレラも知ってる!!でも、たぶん曲は聞いたことない・・・

ま、そうは言ってもストーリーを知っているのでなんとなく情景が浮かんできます。特に第2幕19曲目で「魔法が解ける12時を告げる」ところなど、パーカッションが特徴的で楽しんで聴くことが出来ました。

5.バレエ組曲「青銅の騎士」より/R.グリエール : 幾度となく大規模な洪水に見舞われている都市 サンクトペテルブルクを題材として書かれた叙事詩に基づいて作曲された作品(←もちろん解説の受け売り)。

最後の「偉大なる都市への賛歌」はこの街で行われる演奏会では必ずと言っていいほどアンコールで演奏されるそうです。

この曲を東日本大震災からの復興の祈りに重ね合わせ、また、これを選曲した楽団の思いと演奏しているときの心情を思うと、ここでもジ~ンと来てしまいました。

ものすごいスケールで、改めて吹奏楽団のパワーというか、魅力を見せてもらいました。実は今回の演奏会、知っている曲が少なかったのでパスしようかな?とも考えたのですが、見に行ってよかったです!今度も絶対行くぞ~と思いましたが、次回って来年の7月じゃん。先が長いな~coldsweats01

Imgp3319

2011年11月26日 (土)

プラウ

今日は利根運河の自転車イベントがあるとのことだったのでちょいと遅いかな?と思い会場に向かいましたが、案の定既に会場は撤収。片付けのヒトしかいませんでした(苦笑)。

で、そのまま利根川CRに向かい南下しましたが、つくばエクスプレスの付近で先日見かけたトラクターが動いているのを発見!

201111261443000

ものすごいプラウが後部に装着されていて表層を起こしています。
プラウというのはいわゆる「鋤(すき):plow」のことですね。たとえばこんなやつ↓

270pxploughmen_fac_simile_of_a_mini

ありゃ?これはちょいと古すぎる絵ですね(笑)。
これならイメージわくでしょうか?

300pxplowing_ecomat

プラウ
プラウ
プラう
プらう
ぷらう・・・
と聞いて思い起こすのはやっぱり IRON MAIDEN の PROWLER という曲です。
ヘヴィメタかよ!という突っ込みはおいといて(笑)、ボクがヘヴィメタルに初めて会った記念すべき曲ですから、思わずこの後自転車漕ぎながらの脳内BGMはこれに決まりです。

3535

いや~、おどろおどろしいジャケットですね~。
しかし、ここでいう「プローラー」は「うろつくヒト」という意味で(あれ?strollerにも似てる? 笑)、「鋤」とは似ても似つきませんね(苦笑)。語彙力の低さが露呈してしまいました・・・

では、動画もどうぞ(笑)


う~ん、今日もわけ分からないエントリーになってしまいました(苦笑)

2011年11月25日 (金)

RIOT - Immortal Soul 及びバンドに関するインタビューの記録

FBで RIOT が「Very cool Interview with Mark」として紹介しているインタビューの内容です。出展はクラシックハードロック/ヘヴィーメタルを紹介している POWERLINE というサイト(?)です。

そのインタビュー、記録のためにここに記しておきます。

I thought Thundersteel was a remarkable comeback album when it came out in 1988. The same can be said for this new album, Immortal Soul, too …no?
Mark Reale:
Immortal Soul is basically the follow up to Thundersteel (1998) and Privilege of Power (1990) 20 years later. The sound of the Thundersteel lineup is so identifiable and the songs on the new CD have the same feel and sound but with more of a modern power metal twist. This lineup’s writing and performing skills have the same kind of magic we had back when we recorded the Thundersteel album. I couldn’t have asked for more, this CD is definitely a great comeback for us and everyone gave it there all and brought their “A” game on Immortal Soul. I’m very proud of the way it came out. The guys did an amazing job and Bruno Ravel did a great mix and production job.

Since Thundersteel the band has moved into more of a power metal style. How did this evolution occur? Was it at first due to Tony Moore’s style of singing?
Reale: The Thundersteel lineup had a certain kind of formula for writing songs and a sound that people loved. Don (Van Stavern) was responsible for a lot of the changes of the sound of Riot during that period because of his background in heavy metal. He wrote most of the songs on Thundersteel and you will hear some of his recognizable style on Immortal Soul. Everybody participated in the writing on this CD. Mike did a lot of excellent writing and lead playing and Bobby of course did his usual awesome drumming and Tony outdid himself lyrically and vocally on this effort. I pretty much took a producer standpoint for a lot of this. I am very proud of these guys and could definitely not have done it without them.

How did Tony Moore come back to the band? Why did he leave in the first place?
Reale: When the Thundersteel line up broke up over 20 some odd years ago, Don left first due to managerial conflicts, shortly followed by Tony. We kept the lineup going with the remaining members. During that period Don continued on in various projects, touring and recording, whereas Tony kind of left the scene and was doing stuff on a more grounded level. So I think after 20 years of that, and a home life, and then getting thrown back into the fire it was a little overwhelming at that time for him. We all didn’t know how this was going to turn out. But it ended up going from reunion shows to an overwhelming outcry for permanence. He had to step back and re-evaluate his stance during this period. I think he just needed time for this to sink in and that there was such a demand for the group. He had to arrange his personal life’s schedule to give it some priority that it was requiring. He also was seeing the people commenting on him singing, everyone wanted a new CD with him on it. After his short departure we had a band pow wow and we decided to give it a shot again. Tony’s vocals are a big part of this sound and we were exciting to have him back. You will hear on Immortal Soul how lucky we are to have him back. The vocals sound better than 20 years ago! It’s amazing. Hell, the whole band blows me away. Hopefully we can keep this unit together for years to come, God willing.

How is Moore after his emergency surgery? How will it affect his vocal range?
Reale: Tony had emergency oral surgery about three weeks ago and is still recuperating but is in good spirits and doing well so we should be back up and running within a couple months. We were really bummed that we had to cancel (shows) but (it was) something we had to do for Tony. He had an infection in his jaw bone that required a bone graft which complicated the use of the mouth and as you know he needs to be 100% to sing this new stuff. His doctor said he will be fine and able to sing normal again, which is amazing because his vocals still sound great after all these years. I can’t apologize enough to the fans, we were as disappointed as they were. Actually we are looking into re-booking a European tour at the top of next year so it’s just kind of just postponed.

Besides Tony Moore, which Riot vocalist did you feel most comfortable with? Was there one who did Riot’s music the most justice?
Reale: I think the vocalists have a lot to do with the way I’m writing at the time. Guy had a unique mid-range voice and it was great on the first three records and of course the music changed up a bit when Rhett and his gravelly bluesy styled vocals joined because of the difference of singing style. Mike DiMeo’s voice had a more bluesy Coverdale feel and fit the gothic “rainbowish” type tunes best and Tony’s voice leads us to write this way, very melodic and aggressive. Tony has one of the best voices and range out in rock today. But other then Tony I would probably say Guy because he was there in the beginning and helped create the Riot legacy and appeared on such iconic records like Rock City, Narita and, of course, Fire Down Under —  which is still one of Riot’s most popular offering to this date.

Audio Fidelity released a high-quality vinyl release of Fire Down Under? It makes a great album that much better. Do you still look back at that album with amazement? That is possibly one of the best heavy albums of all time.
Reale: Fire Down Under — because it basically put us on the map — was so influential on a lot of musicians, and “Swords and Tequila” was such a big song which is still played on radio and we continue to play it live. We actually didn’t know that Fire Down Under would become so iconic and influential at the time. We just gathered some great ideas and put them together like we did with Rock City and Narita. We added a new rhythm section in Kip Lemming and Sandy Slavin and the record ended up coming out heavy for that time period standards. The production of that record was very good for that time as well. It was one of those magical moments were everything was clicking musically. The songs, the sound it definitely put us on the map, just as the Thundersteel response was later on in our career.

I think Riot was one of the handful of bands that were the USA’s answer to the NWOBHM at that time period.

Is there any Riot album that you feel came up short?
Reale: Writing-wise… not really. Production-wise … maybe a couple. When I leave the studio I feel very satisfied after the whole composing, rehearsing and recording process. I don’t think any particular record fell short. Maybe some didn’t sell as well as others but we put the same passion and hard work into every Riot record no matter what lineup it is. Sometimes having to follow up to Riot masterpieces like Fire Down Under and Thundersteel you gotta be on point and strike back with some songs as good or better or people might not receive it as well. Were doing something right to be able to be recording and touring still for over three decades. As long as the people want to hear new Riot music we will be happy to deliver as long as we are able.

How much do you feel the New Wave of British Heavy Metal movement helped the band … a New York band?
Reale: A lot of bands were up-and-coming at the time. I think Riot was one of the handful of bands that were the USA’s answer to the NWOBHM at that time period. We basically helped create the US version. I think we helped pave the way and acceptance for this type of music. There are lots of bands big time or local still playing Riot songs especially “Swords and Tequila” and “Thundersteel.” Obviously bands like Metallica, Megadeth and HammerFall have shown representation throughout the years and we are truly grateful and honored, especially when you name your band Thundersteel. We were a little before the wave hit but it definitely helped theThundersteel era since it was our heaviest record at that point.

The Donington show (1982) is legendary? Do you think that was one of Riot’s best gigs?
Reale: It was definitely an honor to be asked to be a part of history, being one of the very first metal festivals! Along with hard rockin’ bands like Rainbow, Scorpions, Priest, April Wine and thousands strong, we were paving the way for bigger things to come in the metal community. We found that Europe really embraced the band and our sound and also keep in mind we were the only American band on this bill. The soundtrack is legendary as well and our song “Road Racin’” appearing on it was an honor. The festival is still going strong under a different name now. I thought it would be a great idea to do it again with the same bands.

What is former Riot guitarist Rick Ventura up to these days?
Reale: I actually haven’t spoken with him in awhile. He still lives in NY and plays guitar in projects, I believe. I have talked with a few of the past members and at one point we kicked around the idea of a reunion of the Fire Down Under lineup, but with the death of the great Guy Speranza it wouldn’t be possible and seem right. He had such a unique and identifiable voice.

How true are the past rumors about the emergence Quiet Riot (in 1983) confusing the consumers and therefore complicating the future of Riot?
Reale: That really had nothing to do with it. We were more heavy hitters and they were more radio-oriented. A few managerial decisions early on held us back from being the band we could have been. We could have been more visible and in the ranks of the top metal bands of our generation, if we had the chance to work with the companies that were interested at the time. Being able to compose and perform all these years is simply awesome and a lot of bands can’t say that. I’m very fortunate and have little regrets. Riot has always had that stigma about not breaking out, hopefully with this CD and our great new management we will finally make a bigger break.

The title Immortal Soul is kind of a testament to the Riot legacy; we never die no matter what the circumstances are.

Sometimes a title of an album is window dressing, but the title Immortal Soul is almost a testament to the soul of the band itself. A lot has changed since, say, Thundersteel was released. But Riot has endured through so many changes in the music industry, many trends, many lineups, and has overcome tragedies (i.e., the deaths of important members Guy Speranza and Rhett Forrester). What is the secret to the band’s endurance?
Reale: The title Immortal Soul is kind of a testament to the Riot legacy; we never die no matter what the circumstances are. This band has bounced back from internal problems with management, member changes, labels and also, like you mentioned, the passing of band members … you name it, but Riot and its music lives on. We are kind of immortal souls. That’s why Tony thought that would be a great title for the CD and the Les Paul coming back from the dead on the CD cover. We felt like that kind of summed it up. We have been around for so long and as long as we are able to keep coming back with great music that people enjoy we’ll be here for years to come

“Wings Are For Angels” was released earlier this year as part of a Japanese tsunami relief album. How did that come about and what has been the feedback on that. Did the album successfully make money for the relief effort?
Reale:
After negotiating the Japanese record deal with Marquee/ Avalon they approached us with the offer. We have a great love affair with the Japanese people and their country and have represented their culture on a few records, not to mention our mascot (The sumo fighter with a seal head) The Mighty Tior or as many people refer to him as Johnny! So it was a no brainer and no hesitation on our decision to help and give back to these amazing and caring people. It’s been well received and I’m sure the people are very grateful to all the bands that participated.

How will drummer Bobby Jarzombek’s other projects schedule around Riot? Will Riot be his key concentration?
Reale: Bobby definitely juggles a few great bands. He tries to make time for each group although with Riot he is a full fledged member and not just a hired gun. He plays with Halford, Sebastian Bach, Fates Warning and recently the Arch/ Matheos Project so he keeps himself really busy musically. We try to tailor obligations around everyone’s busy schedule. Usually we have enough advanced notice to make arrangements for band commitments. He’s definitely got a full plate, but we respect him and are grateful that he is a part of this line up because he is very instrumental in this Riot power metal sound.

Riot thrives onstage … What will the tour to support this album be like?
Reale: The cool thing about Riot is that we have never relied on a giant stage production or gimmicks. We’ve always been about the music and performance. Joe Perry said it best when he stated, “Let the music do the talking.” You will see five awesome musicians doing what they love which is playing from the heart and that are passionate about the live delivery. I can tell you it will be loud and fast with lotsa Marshalls. These guys are top-notch players and am very confident every time I hit the stage with them. You will leave satisfied. We will play a few songs from each album, even some very early stuff that we haven’t played in awhile.

What new song do you feel will win fans over as a classic live?
Reale: Obviously the opening track “Riot.” Its kind of an anthem and the chorus is a good sing along. It gives the fans a chance to shout Riot which is a cool thing (laughs). “Wings Are For Angels” is a good burner live and we have already played it on the reunion tour because it was the first song we wrote after reuniting. “Still Your Man –”Johnny’s Back” part 2! – will go over well. We will play the most popular songs that fans want to hear live as well. We keep an ear out to see what songs are getting played, charted and requested.

* 新譜 Immortal Soul がTHundersteel と The Privilege of Power と同じ「マジック」によって作られた作品であること。

* ベーシストであるDon Van Stavern が曲づくりの上で重要な役割を果たしていること。それは名作 THUNDERSTEEL でも同様だった。

* Tony Moore の口腔に関する病気のこと。治療により元通り歌えるようになるだろうとのこと。

* NWOBHMに対するRIOTの貢献について。

* いまさらなんで?と思うようなドニントンでのショーのことなど、ま、外国のメディア特有のインタビューの仕方なのかな?というような内容が続いて・・・

* やっぱり、ライブのオープニングとして、今後「RIOT」(曲名)がアンセムとして演奏されるようになるのでは?とのこと。いや、しかし、Still your man もいい曲だし、Wings are for Angels も捨てがたい・・・それを言ったら、長いRIOTのキャリアの中で大切な曲が多すぎるな~。

千歳空港で……

千歳空港で……
サッポロビール!
お決まりですね。

あ〜寒かった。

2011年11月24日 (木)

立て続けにクラシックコンサート♪

先日、松戸シニアアンサンブル「アモーレ」さんのコンサートへ行きましたが、今度は柏の楽団です。

11月27日(日)に開催される柏市民吹奏楽団の第47回演奏会に行こうと思っています。今回は無料ではなく¥450(それでも格安。チラシをプリントアウトしていけば¥400に割引)かかりますが、以前も楽しませていただきました。

なんといっても演奏者が楽しそうに(余裕があるのかな??)プレイしていること、加えて指揮者の米津氏も音楽をとことん楽しむキャラクターのようです(勝手な思い込み??)。

そんな楽団の演奏会ですから、きっと楽しいでしょう。

サイクリングのホームグラウンドである手賀沼からすぐ近いこともあり、地元の方は是非楽しまれてはいかがでしょうか。

2011年11月23日 (水)

紅葉狩り×トマソン×野菜仕入

本日はふだんの、お103の働きに感謝して(?)ムスメたちは出かけてくれちゃっています。なので、カミさんと2人で近場の紅葉を見に行くことにしました。

【旧吉田家住宅歴史公園】
まずは、ウチから一番近いココへ。

Imgp3212

何回か行っているので、学芸員の方が説明しましょうか?と言ってくださいましたが、丁重にお断りして勝手に見せてもらいます。以前カミさんも一緒に来たときは公開されて間もないころで、まだ「仁~Jin」のロケ写真もないころでした。それを見て興奮するカミさん。一通り駆け足で観覧し、そろそろ移動しようかと思ったら、『面白いもの見せてあげようか?』と先ほどの学芸員の方が。誘われるままについていくと、上の写真を撮った辺りからそのまま敷地の周辺を歩くようにして書院の奥の竹林近くへ。

ふと見ると「?」マークの札が木にかかっています。
Imgp3228

ん?上を見ろっちゅうことか??

Imgp3229

はぁ~??(まだ、アタマがついていってない)

Imgp3230

がびょ~ん!竹が貫通!そしてなんと、

Imgp3232

地中から木の幹を貫通し、突き抜けてるわけですね。こりゃ、久々のトマソン発見です。
そうそう、紅葉のことも報告しましょ。
屋敷内から見た紅葉は正直「イマイチ」。今年はなんだか全体的にウマク色づいていないような気がします。

Imgp3217

ココの場合はむしろトマソンを見たあたりの遊歩道から見るほうが色づきが良かったですね。

Imgp3225

Imgp3240

変わった木も見れたので、次の場所へ移動します。
写真が多いので「続きを読む」をクリックしてください。

続きを読む "紅葉狩り×トマソン×野菜仕入" »

2011年11月21日 (月)

「アモーレ」のオータムコンサートに行ってきました。

前日大雨だった関東地方。なんせ雨の量も多けりゃ風も強く、まるで台風のようでした。気温は上がったとはいえ翌朝早い時間帯は道路もびちゃびちゃ。アサレンはどうにか思いとどまって、7時過ぎてからカミさんと手賀沼1周してきました。

それでもところどころ水溜りが残ってたりして、その影響かいつもに比べると自転車に乗っているヒトは少なかったですね。
いつもなら道の駅しょうなんでお茶でもするところですがこの日はあまり時間的余裕がありません。

即効で帰って準備をします。あ、ちなみに今週は『フォーゼ』をしっかり予約したので後で見ようっと。catface

で、10時過ぎにはお出かけです。向かうは松戸森のホール21。そうです毎度恒例の無料でコンサートを楽しんでしまうというちゃっかり企画です。
今回はちゃっかりに乗ってくれる人と一緒に行きます。
joypapa さんとハナさんです。

当初、自転車でお二人と合流し、joypapa さんに森のホールまでの近道&坂道ぢゃないラク道(笑)を教えてもらおうかな~と思っていました。ハナさんの自転車乗りも復活したようですし、ま、秋の1日紅葉でも楽しみながら・・・なんて思っていたのですが、この雨にやられましたね。当日はま、走ろうと思えば走れるコンディションではありましたが、前日心配だったのでクルマで行くことにしちゃいました。

開場は12:30なのに、なぜかクルマで10分の地点で11時前に待ち合わせです。なぜかって?昼食をアソコで食べるためです。おまけに自転車話に花を咲かせる予定もありましたので。

向かったのはR-Sです。以前カミさんとも行ったのですが、Zopf特製のバンズを使っているということで行ってみたら、美味!だったので、今回も「ファーストフードあまり好きじゃない」 joypapa さんを連れて行ってみたのでした。

201111201128000

携帯のカメラでしたのでボケボケですが、103が食べたテリヤキバーガーです。
相変わらず付け合せのポテトが多くて、『ドイツの大衆食堂かよっ!!』と突っ込みたくなるほどです。

カミさんはテリヤキチキンを注文し、なかなかウマかったようです。実は以前同じハンバーガーを注文したのですが、材料を切らして食べられなかったのがこのテリヤキチキンなんですね。ちょいとお肉を賞味させてもらいましたが、なかなかおいしくて、次のチョイスはコレでもいいかなと思ったほどでした。

ちなみに joypapa さんはミニプレートを食べましたが、適量&ドリンクつきで¥600チョイでなかなかコスパも高かったようです。

さて、食事をしながらお互いの近況など話していたら、あっという間に開場時間が近づいてきています。

店を後にして会場へ向かいます。

本日のプログラムは以下の通りです。

第一部:映画音楽集
*ゴッドファーザー~愛のテーマ : 某茨○県の走り屋の皆様がクラクション代わりに採用しているアレですね。 
*シェルブールの雨傘~メインテーマ
*風とともに去りぬ~タラのテーマ : 子供のときはタラって嫌いだったけど、大人になるとウマク感じるのはなぜでしょうね~
*いそしぎ~メインテーマ
*荒野の七人~メインテーマ : 黒澤明監督の七人の侍のリメークなんでしょ?見たことないから分からないけど。でも、良かったよ
*アンダルシア~タイム・トゥ・セイ・グッバイ : 有名曲だから皆知ってるでしょ?カミさんも睡魔に勝った!!(笑)

第二部:ミュージカル音楽集
*マイ・フェア・レディ~踊り明かそう
*レ・ミゼラブル~夢破れて
*ウェストサイド・ストーリー~マリア
*サウンド・オブ・ミュージックメドレー

第三部:世界一周名曲の旅
*映画「80日間世界一周」~アラウンド・ザ・ワールド
*日本 矢切の渡し
*アルゼンチン ラ・クンバルシータ
*スペイン 歌劇「カルメン」~前奏曲
*イタリア リベルタンゴ
*チェコ スラヴ舞曲第10番
*エジプト 歌劇「アイーダ」~大行進曲

第四部:合同演奏
*マイアミ・ビーチ・ルンバ
*ベサメ・ムーチョ

本公演に友情出演してくれたのが千葉ニュータウンシニアアンサンブルの面々。よく見ると両楽団掛け持ちで演奏している方もいらっしゃるようですが、幕間にメンバーや楽器の入れ替えなどがあり、また15分間の休憩時間なども含めるとたっぷり3時間近く楽しむことが出来た公演でした。

Imgp3203

プログラムをみても分かるように、曲も多岐にわたって飽きさせませんし、やはり中でも103が好きなクラシック系のカルメンやアイーダを聞けたのは良かったですね。

どちらの楽団もキーボードの奏者が多くて(ほとんど女性)、なるほど、これなら色んな音を出せて楽団の音の厚みも増すのでしょう。ただ、バランスを考えると若干音量が大きすぎるような気がしました。あまり大きいと生音の楽器、特にヴァイオリンやフルートなどの音が聞き取りにくくなってしまう場面がありましたね。

演奏中、あるいは演奏終了後のメンバーを見ると、皆さん楽しそうでしたね。客席からは小さいお子さんが「おばぁちゃ~ん、がんばって!」なんて声援が飛び交い、ほほえましいコンサートでした。

最後には客席含めて「もみじ」を歌い、秋の1日を満喫させていただきました。

さて、この日実はコンサートに合流した方がもうお一方いらっしゃいます。ハナさんのお友達のMさんです。

聞けばずいぶん前から自転車に乗り、ランも時々しているそうです。色々お話を聞くとかなりの健脚の持ち主です。ハナさんとの息も合いそうですし、良い仲間が出来ましたね~。

カミさん含めて5人で21世紀の森を散策します。

Imgp3207

落ち葉、紅葉、キレイなんですが撮影手腕の問題がありますので、ちゃんとした写真はjoypapa さんのエントリーでお楽しみください。

水辺のカフェでお茶でも洒落こもうと思ったのですがあいにく既に閉店。やむなく退散することにしました。ま、その後夕方遅くに雷雨がありましたので、自転車で帰ったMさんのことを考えれば正解でしたね。

秋の1日、ハナさん、Mさん、joypapa さんとご一緒でき、とても楽しかったです。そろそろハナさんの自転車熱(?)も再燃しそうですので、今度はサドルの上でお会いしましょう!

ちなみに、この日のプログラムにもチラシがはさんでありましたが、こんなイベントが12月にはあります。

Photo

第23回松戸市民コンサートです。いつも演奏を楽しませていただいている松戸シティフィルハーモニー管弦楽団ほか、松戸市民により演奏されるようですね。カルミナ・ブラーナはオジー・オズボーンのショーでオープニングに使われているのでメタルファンにも有名ですが、生演奏(合唱)で聞くのは初めてなので、とても楽しみです。

おっと、さらにおまけ。
森のホールには今日もチーバくんがいましたので、報告しておきます(笑)
Imgp3202

2011年11月19日 (土)

偉大なミュージシャンたち・・・ R.I.P.

本日はせっかくお休みなのに雨です。天気予報も外れやがって( m(_ _)m )午前中外に行こうと思ったのに雨で自転車に乗れません。

ふと You tube 様のサイトへ行きなつかし系の曲を聴いていたら、こんな人たちをウォッチしてしまい、思わず涙ぐんでしまいました。

【Ronnie James Dio】
ELF, RAINBOW, DIO, BLACK SABATH, のキャリアを持つ御大ロニー様です。
もはや神様といっても過言ではありません。
メタルゴッドはJUDAS PRIESTですが、ロニーはメタルだけではない、全ヴォーカリストから見ても十分評価されるミュージシャンです。

たしか、彼は子供のころにトランペットを学んでいたため肺活量が増え、その結果歌うときにもそのスキルを活かすことが出来た・・・と聞いたことがあります。

まずはELFのナンバーから。


ブルージーでメタルとは言えない曲調ですね。まだ御大の「北島三郎節」は影を潜めています(笑)。

そしてRAINBOW。リアルに彼を知ったのはこの頃ですね。
一般的には『DOWN TO EARTH』アルバムが名作とされていますが(いや、もちろんスゴイアルバムですよ)、個人的にはファーストアルバムや『LONG LIVE ROCK'N ROLL』が好きです。そんなわけで、動画はコレをチョイス。

若かりし日の頃のロニーが歌う名曲、GATES OF BABYLON 。イントロのキーボードもめちゃいいのですが、やはりロニーの貫禄の歌い方(たぶんこの頃でも30歳代前半か??)。ま、音源はレコードのもの(オリジナル)なので若干映像とはシンクロしていませんが、ロニーのパフォーマンスはよく分かります。身長が低いのにこの存在感。リッチーとはまた違った意味での個性。目や顔の表情、手振りもこのころから晩年のライブと通じる部分がありますね。

そしてDIO。なんたって大好きなナンバーは THE LAST IN LINE です。You tube で探したらこんな映像を見つけました。

2002年のニューヨークでのライブ。どうやら13日の金曜日のショーです。ロニーのことですからMCでそれにひっかけたネタなんかを話したのでしょうかね~。

それにしてもこのころのロニーはなんと還暦ですよ!そんなおじいちゃんが本映像の1:09過ぎでのシャウト「Home ~~~~~~~~!!!!」をしたときゃ、もう鳥肌ものです。パフォーマンスも完熟の域に達してますよ。そしてステージではお約束のNever Never Never Never ・・・攻撃が4:00ころにやってくると、もう圧巻です。

そして彼の最後のキャリアとなったBLACK SABBATH の名曲、HEAVEN AND HELL です。最初の歌いだし、ステージの後ろから撮影しているので一瞬ロニーの声ではないと間違えてしまいそうですが、歌い始めればしっかりロニー節です。ただ、このころの彼の声はちょっと線が細くなっていたような気が・・・


【Cozy Powell】
え~、まるでロニーの次に載せてしまうとRAINBOWつながりのようになってしまいますね。



この映像はどこの、どのバンドでのライブなのか分かりません。さらに音質も画質も悪く、音と映像が合っていなかったりもしますが、彼の迫真のドラミングは迫力満点です。もちろん曲はチャイコフスキーの1812。このクラシックの名曲にあわせて最後の大砲の音に負けじとツーバス、タムを殴り続けるコージーの凄さは画質が悪くても分かってもらえると思います。

【Freddie Mercury】

曲はDon't stop me now。
実はフレディー生誕65周年にGOOGLEのトップロゴをクリックするとこの映像が流れていたんですね。



いや~、フレディーも文句なしのヴォーカリスト、というか芸術家。大英帝国では昔から芸能人(と言っていいのかな?)に対する評価は厳しいにも関わらずQUEENは昔から認知度だけでなく「国を代表するバンド」として愛されていますよね。もちろんジョンのめちゃタイトなベースやロジャーのだみ声コーラスも魅力的。ブライアンのギターの音は聞くだけで彼が弾いていると分かるほど個性的。
でも、やっぱりフレディーのカリスマ性というか独特の雰囲気は好きな人が多いのではないでしょうか。

【Gary Moore】
ゲイリームーアと言えば・・・

もう、ギターを弾かせたらロックもジャズもブルースもなんでもござれ。そして、脅威の超高速ピッキング!トリルでごまかす奏法ぢゃないんだよ~!
と、まあ、激しいあるいはエッジの利いたギターの弾き方を思い浮かべるヒトが多いと思います。


だけど、あえて選んだのは103が大好きなこの曲。インストの名曲。
3分を超えるイントロの後にはじまるのは一度聞いたら耳に残る印象的なメロディーとそれを弾きながらギターを「泣かせる」ゲイリーの表情。

決して2枚目ではない彼がめちゃくちゃかっこよいんです。いや、ホント。そこらの軟弱バンドや商業歌手に彼の爪の垢を煎じて飲ませてやりたいとおもうほど、すばらしいバラードです。(あ!最後に囁くように歌ってた!)

【Cliff Burton】

メタリカのベーシスト。

存命中から天才ベーシストと呼ばれ、作曲の才だけでなくディストーションとフランジャー(?かな?)を使った音作りなど、やはりデキル男は一味違います。

オリジナルでも彼のベースから始まる For whom the bell tolls はやっぱ名曲ですね。ギターのリフも歌メロもフックがあって今聞いても楽しい。

しかし、ジェームス若くて可愛いな♪

【Randy Rhoads】

彼の甘いマスクはヘヴィーメタルというジャンルからは全くかけ離れている(?)が、その彼が情熱的に、そして独創的で激しい演奏を見せるところは必見。

彼の映像は「動」と「静」をみてもらおう。

まずは、「静」

アルバムにも収録されている Dee という曲。アコースティックギターだけで弾いている。で、(他の曲との音量のバランスをとる問題もあるのかもしれないが)ギターの弦を指がこする音や、ハーモニクスのキレイな音も収録されている。当時、ヘヴィーメタルのアルバムにこういう曲が収録されるというのは珍しく、非常に衝撃的だった覚えがある(高校生の頃だな~)。

そして「動」

Suicide solution という邦訳がたしか自殺志願。

とにかく、一度聞いたら忘れないこのギターリフ。ソロだけではなく良いギタリストは良いリフをたくさん持ってるんだな。映像は残念ながらライブではなく、スタジオライブ的なもの。

しかし、フィルインの入れ方がスゴイ!

と、まぁ、自分の好きなミュージシャンに渡り勝手に取り上げましたが、みんなこの世界からいなくなってしまったなんて信じられません。とにかくロックのそれも今では少数派のヘヴィーメタルというジャンルが好きになったときから(一部それ以前から)大好きなミュージシャンです。

願わくば彼らが天国でJAMって今でも音楽を楽しんでくれていればいいのですが。

ん?だとしたら、早くアチラに行きたくなっちゃうな~(苦笑)

2011年11月15日 (火)

ツ、ツインレイクサイクリングが?

第1回大会から参加(あるいは先導ライダーとして参加)している地元のサイクリングイベント『ツインレイク(エコ)サイクリング』は毎年12月に開催されます。

その年によってコースは微妙に変わりましたが、メインは手賀沼と印旛沼を結ぶため、「ツインレイク」。
毎回ビギナーからベテランまでが参加しやすいように手賀沼1周だけのコース(約20km)があったり、ツインレイク走ると80km超のコースだったり、選手の力量で3パターンから選ぶことが出来ました。

ところがなんと!
今年は中止になるという公式発表が出されました。
北印旛沼の崩落箇所や利根川CRの未舗装路(舗装路損傷による措置)などが修復されていないのでとらざるを得なかった決断なのでしょうか。非常に残念ですが仕方がありません。
来年こそは開催できるように願いたいものです。

******************

今まで自分が参加した記録は以下の通り。

第1回大会:2006年に実施。まだ自転車仲間がいないので1人でさびしく走りました。でも、走行時の声かけの基本を学んだりしました。
D1000007

第2回大会:2007年。TEAM STROLLERの結成です!KAKAPOさん、KENさんと出会います。ROCKで印旛沼まで行きました。2人とは始めて会ったのに楽しかったな~。
Pc020029_1

第3回大会:2008年。アシスト君、みくまさん夫妻とジョイン。このときも印旛沼までの往復。しかし、年々参加費が上がってきたような気がします。たしかこの年はトトロッチさんやギャンブルレーサーさん、のりさんも一緒でしたね。
Pc070022

第4回大会:2009年。この年から参加者としてではなくボランティアで先導ライダー役をかってでます。手賀沼1周+ちょいなので30kmそこそこでしたが、1日走ってましたね。スタート時にはパンクするし(笑)。nishiyanさん、江戸桜さん、さふらんさん、Boostさんに会いました。
20091212185019

第5回大会:2010年。やはりボランティアとしての参加。事前にカミさんとコースの下見をしたり。ドラムの里までの往復約70km。ひげさん、よねさん、よねさんの義弟さんに遭遇。そういえば痛チャリを観たのもこのときだっけ。同じく先導ライダーとして参加したKさんとは年明けの初日の出サイクリング(自主開催)でもご一緒しましたね。
Imgp0908

結局、RADACで走ったのは1回だけでしたが、来年開催されるならまた先導ライダーで(出来ればRADACで)走りたいな~。

2011年11月 9日 (水)

「文の京(みやこ)」の第九演奏会、行ってきます。

2009年12月に生まれて初めてベートーベンの交響曲第九番をナマで全曲聞きました。
その模様はコチラで。

今年は12月14日に開催されます。
テキトーに働いている103ですから平日の夕方でも楽勝でコンサートを見に行けます(笑)。
ましてや、会社から近い会場ですので。

今年も文京区在住または勤務している一般の人たちによって合唱つきで楽しむことが出来るはずです。

コノ曲はもちろんソリストの歌もすばらしいのですが、それは合唱で(それも大人数で)歌い上げる中にあるから双方が引き立つのです。

そしてベートーベンが感じた「生きる」歓びは曲そのものだけでなく、その内容(フリードリッヒ・フォン・シラーによる)も感動的で、出来るものなら自分も歌ってみたいけど、ドイツ語は「イッヒ・リーベ・ディッヒ」しか知らないので(定番)、ま、人並みに料金を払って楽しむことにしましょう。

ところが、このコンサート。
なんと自由席ならわずか¥1,000で鑑賞できるのです。
たしか前回見たときはほとんどの席が埋まっていて、早めに会場入りしないと良い席の確保は難しいかもしれません。

でも、ま、どこで聞いてもコノ曲の良さは感じることが出来るでしょうから、今年のクラシック演奏会のフィナーレとしてふさわしいコンサートになること間違いなし!と期待を込めて、今からワクワクして待ってま~すnote

Pc160003

写真は開演前に学生さんによるホールでのミニコンサートです。今年はそういう余興があるのかな?

2011年11月 6日 (日)

ほんの一部の「見たい」自転車のためだけにサイクルモードに行きました。

今年もサイクルモード、行ってきました。

日曜日は予定があるので、5日の土曜日いつもの通りROCKにパニアバッグを装着して(イベントでもらうカタログ、結構重いんだよね)、朝7時に自宅を出ました。

ルートは大好きな花見川沿いのサイクリングロード。

休日の朝、散歩やランをしているヒトも少なく、静かでいつもの雰囲気を味わいながら幕張を目指します。

開場には9時半ころ到着しますが、すでに駐輪場にはちらほら自転車が到着しています。公式HPでは初日に自転車盗難があったとのことで、警備員を増やしているのでしょうか。
しかし、実際問題として自転車の鍵をはずそうとしているのか、切断して盗難使用としているのか一瞬で判断するのは難しいですよね。

対策としてゴツイ鍵を自転車に使用するよう提案しているメーカーもありますが、そもそも高いロードバイクに乗るヒトは重い鍵をつけること自体抵抗あるでしょう。
最近の自動車のように、キーを持っていると自動的に開錠されるとか、こういう分野にこそ新しい技術をどんどん投入して欲しいものです。

ま、いずれにしてもタダでさえ価格の安いGIANTの自転車、さらにそのなかでもローエンドバイクであるROCKが狙われる可能性は少ないです。おまけに古くて汚れてるし、サスのロッドは錆びてるし(←オイオイ)、こんな自転車を狙うよりももっと高いのを狙うほうが効率いいでしょ、って、別に犯罪幇助してるわけではありませんが・・・(笑)
とにかくボクのROCKが狙われる可能性はかなり低いのですが、それでもちゃんと鍵をかけて会場入りします。だって、帰れなくなるのは困るし。

昨年同様、輪友bunaibuさんと一緒に会場を回ることにしました。

Imgp3180

たぶん会場は去年と同じようなレイアウトです。
入場口から入るとそこにはハートマークとかスペードマークの、自分には縁のなさそうな(笑)メーカーのブースがあるので、速攻で隣の会場に向かいます。
順不同で紹介しますが(写真あるもの、メインね)、とにもかくにも忘れてはいけないのは、今年初の(たぶん)試みである、ビルダーを集めたエリアで行われたトークショーです。

まずは、ショーが始まる前にブラブラ眺め、気になったのがコレ。東洋フレームの展示車。

Imgp3171

Imgp3172

どうも、bunaibuさんとボクが自転車を見ると着眼点が不思議です。
たとえば上の写真。普通だったら「お~、Wレバーをハンドルに取り付けるこんな方法があったのか!」というところでしょうが、我々は「このブラケット、市販品かな?マーキングもないからこのためだけに作ったのかな~?」ってな具合。

下の写真にしても、ステムの形状ではなく、その下の六角で締める意味は何かな~というところが気になったりして。

さて、このエリアでは1日数回トークショーがあり、第1回のそれはまもなく始まるとのこと。
大阪の「ナカガワサイクルワークス」の中川茂氏が登場するので、かぶりつきで話を伺います。

要約するとこんな感じかな。
1.マスプロメーカーが作る自転車は「工業品」。ビルダーが作るのは「工芸品」
2.発注者のための1台を作るために、目的や好みを明確にしておくことが必要。
3.現在乗っているバイクがあればそれを持ち込んで、検討するのがベター。
4.下り坂で安定した走行が出来るのが良い自転車。

話の「肴」として展示されていたのが、ナカガワサイクルワークスこだわりのカラーで作られた1台。なんと、クロモリとカーボンのハイブリッドだそうです。

中川氏はやはり素材としての歴史が長いスチールが自転車(フレーム)の材料として良いと考えているが、今後技術が進化すればアルミでもカーボンでもこだわらずに良いものを使っていきたいとのこと。

ある意味、このバイクはその考え方を象徴しているといえるかな。

Imgp3173_2

ラグの仕上げとか(チューブとラグの間の隙間は出来るだけ少なくし、接合時のロウはなるべく少なくするべき)、電動デュラのケーブル仕上げとか、細かい部分にもこだわりを感じました。

Imgp3176

ホラ、トップチューブの楕円から覗いているのは炭だよ~ん。

Imgp3177

FDも同様ね。

他にも地元の牧野さんとか、ケルビムとかいろいろ出てましたがじっくり話を聞いていたら面白かったかもしれませんね。
こりゃ来年はビルダーめぐりに1日必要かな?

他にもいろいろ回ったのですが、最近記憶力が低下してきたので(苦笑)写真を元に。

Imgp3178

木製ストライダー。最近は自然素材回帰で自転車も木製・・・なんすかね~。でも、カッコイイな。

Imgp3181

FUJIのブースは相変わらず坂をうまく使っていますね。
そんななかでこんなのを見つけました。

Imgp3182

確かロードバイクだと思いますが、ロウづけしている部分をそのまま残したんでしょうか?bunaibuさんの話しではたぶんロウはこういう色だろうとのことでした。

Imgp3185

さすが。東京会場とはいえ千葉で開催されたショー。チーバ君に遭遇です♪

ん?ラレー(&ARAYA)のブースで見つけた渋い自転車。

Imgp3186

よ~くみるとリアキャリア(NITTO)とか、泥除けなど面白いつくりですね。

Imgp3187_2

Imgp3188

後で調べたら、ラレー125周年の125台限定bモデルだったそうです。103の手垢だらけの展示車を手に取る人がいるんでしょうね(笑)。

今年は全く有名人に会うこともなく(bunaibuさんから電話があったときに目の前に絹代さんが来ましたが挨拶できず)、試乗もせず、ひたすら各ブースを回ったのですが、展示しなくなったメーカーや新しいメーカーなど、少しずつ変わっているのは感じました。

欲を言えば今回楽しめたビルダーネタがもっと多くなるといいな。

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30