カテゴリー

無料ブログはココログ

他のアカウント

Twitter

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

2011年4月29日 (金)

たぶん。生まれて初めて、展覧会のハシゴです

新作、アンダー・ザ・ドームの発表を機に、キング熱が高ぶっている103です。

【送料無料選択可!】アンダー・ザ・ドーム 上 (単行本・ムック) / スティーヴン・キング/著 白石朗/訳 【送料無料選択可!】アンダー・ザ・ドーム 上 (単行本・ムック) / スティーヴン・キング/著 白石朗/訳

販売元:CD&DVD NEOWING
楽天市場で詳細を確認する

【送料無料選択可!】アンダー・ザ・ドーム 下 (単行本・ムック) / スティーヴン・キング/著 白石朗/訳 【送料無料選択可!】アンダー・ザ・ドーム 下 (単行本・ムック) / スティーヴン・キング/著 白石朗/訳

販売元:CD&DVD NEOWING
楽天市場で詳細を確認する

そこで今日はキングにまつわる作品を手がけている個展に行ってきました。

まず向かったのは銀座です。

『TaikoMatsuo_Layered』

Layeredというのはイラストレーターなどのグラフィックソフトを使っている人はお馴染みの「いろんな線、色等をいくつかの(仮想の)紙に別々に描いて重ねていく」ことです。

ボクの仕事である、卵の業界では「鶏が産卵するため巣に横たわること」をLayというので、なんだかそれだけで共感がもてます。

しかしまぁ、当然、産卵は松尾さんには全然関係ないわけでcoldsweats01

彼女の作品の特徴のひとつを表している言葉が今日もらってきたパンフレットにありましたので一部引用させていただきます。

彼女の作品は、さまざまなレイヤーを持ちその魅力を放つ。それは”絵を決定できるモチーフの配置、あるいは色調が重層的”ということだが、”原画にテキストのレイヤーが重なって世に出る”という作品の使われ方の特徴とも言える。

それでは、作品の撮影OKの個展の内容をご紹介。

Imgp1971

個展会場はPOLAビルの3階。エレベーターに乗ろうとすると個展のポスターが出迎えてくれます。そんなに目立つ感じではないので、見過ごしてしまった方も多いのでは?

Imgp1972

Imgp1973

エレベーターを降り、その向こうで我々を迎えてくれたのはクライマーズハイの表紙になった作品ですね。その存在感に圧倒されました。ど~ん!と現れていろんな色で表現されている山が迫ってきます。

近寄ってみるとなんとなく「他の作品とは違う」と思っていた”個性”が際立って見えてきます。

Imgp1974

全部紹介するわけにはいかないので一部だけ紹介しましょうか。

リーシーの物語から。

Imgp1980

これを読んだ人ならこの”道”がどこへ続いているのかと考えると・・・思わずニヤリとしちゃいます。

カエルです。藤の花でしょうか、色のコントラストがいい感じです。

Imgp1983

手賀沼にも”住み着いて”いる白鳥。からだの立体感を白と灰色で表現しています。見事。

Imgp1977

あと面白かったのはこの展示。写真に撮っても絶対に意味不明の作品に見えるだろうと思ったら、やっぱり意味不明でした。

Imgp1988

コレ、分かるかな~。アニメで使うセル画のようなシートの親玉に背景を数枚に分けて、メインの被写体を別のセル画に描いて、向こう側から照明を当てて重ねてみる作品です。

自分の目で見ると『お~、スゲー!』となるのですが、写真では限界がありますね。でも、まさに「Layered」な作品であることはお分かりいただけると思います。

カミさんは「この人の絵を描いたてぬぐいがあったらいいな」と言っていましたが、同じように考える人がいるんですね。最後に受付の近くを見たらハンカチ(ハンドタオル?)の販売をしていました。

さぁ、次は青山を目指します。

外苑前から地上に出たときは雨が降っていたのですが、通り雨っぽいのでしばらく雨宿りをしてから会場へ。今度は、

『ILLUSTRATED by SHINSAKU FUJITA』です。

まずはメイン会場であるギャラリーハウス MAYA に。

小さい会場ですが既に数人の人が中にいます。こちらは撮影OKかどうか分からなかったので、外から控えめに。

Imgp1992

こちらのメイン展示は、藤田氏の絵本「ちいさなまち」の作品。

ちいさなまち ちいさなまち
販売元:買う市ブックス
買う市ブックスで詳細を確認する

まさにちいさなまちでの小さな出来事ですが、なんだかスケールの大きい世界を感じさせます。彼のほかの作品でも、構図はシンプルながらちょっとしたストーリーのヒントになるものをちょいと忍ばせてみたりと、なかなか曲者的な(褒め言葉)遊びがちりばめられています。

彼の最新作でつい先日世に出たばかりのキング作品「アンダー・ザ・ドーム」 新刊がちゃんと置いてあります。あ~、やっぱりリアル本屋で買えばよかったかな~。そうすればいまごろ手元にあったのに。これじゃあ蛇の生殺しだよ(笑)。

やはりキング作品のオリジナルを見たい103、別館にあるギャラリーハウスMAYA2へ。

Maya_2

いいね~、この雰囲気。半地下にある部屋の重い扉を開けて中に入ると・・・ココにもキング新刊が!(爆)

いやいや、もちろんアンダー・ザ・ドームの原画もあります。作品の内容は既に知っていますが、ストーリーの進行の中に出てくるエピソードにからむ小ネタも当然藤田氏は描いているでしょうが、残念ながら読んでないので分かりませんっ!

事前にTwitter情報で藤田氏が今日は夜まで会場にいるとのウワサを入手していたのですが、顔を知りません(爆)。恐らくMAYA2にいた方がそうだと思うのですが、内気な103はとうとう声をかけることが出来ませんでした。

しかし、スタンド・バイ・ミー、骨の袋、ザ・スタンド、悪霊の島などの作品もさることながら、圧巻だったのはドリーム・キャッチャーですね。

作品自体が大きいからばかりではなく、緻密な筆致(例えば雪の描きかたでアノ日の強い雪を表現しているところなど)もよ~く見ることが出来たし、4冊分の作品を1枚のキャンバスとして見るとこれはまた新鮮な雰囲気を楽しめるというものです。

もちろん他の小説に提供した作品も楽しみましたが、やっぱりのめりこんでいるキング作品での表現を見るとストーリーが思い出されて、絵の力ってのはすごいな~と感じました。

ちなみに、ココの展示で自転車に関連する作品がありました。やはりキングの作品「ゴールデンボーイ」の表紙になった作品です。

219312

ちなみに103が持っている本は古いので、こんな表紙です。

Imgp1998

こうしてみると、カバー違いの本も欲しくなりますね~。

ちなみに、こちらの個展では藤田氏作品のポストカードをもらっちゃいました!

Imgp1997

これは確か不眠症の表紙ですね。

キングファンでまだ足を運んでいない人は、このポストカードをもらいに行くだけでも価値ありですよ。もちろん作品も楽しめますよ~。こちらの展示は4月30日(明日)までなので、お早めに。(って最終日の前日に行った人間に言われたくないよね)

2011年4月27日 (水)

『スティーブン・キング酒場』に行ってきます。

自転車乗りの皆さんにはあまり関係ないお話。

ヘビメタ好きの皆さんにはもしかすると好きな人が多いのかな?

キングネタです。

相も変わらず他人のふんどしで相撲を取る103ですが、早速今日もtkrさんのネタに反応。

新しいエンターテインメントのカタチとして始動したばかりの、「KURUMAZA DIALOG:LIVE WIRE」のイベントのひとつとして、

最新刊『アンダー・ザ・ドーム』刊行記念トークライブ スティーブン・キング酒場

が開催されるのを知り、思わずポチっとしてしまいました。

Imagescah93wtq

このイベントの面白いところは、①通常観覧(?)席 ②画面に映りたくない人のための「アノニマス・シート(顔出しNG席)」 ③USTREAMでライブ中継されるのでそれを見る という3通りの楽しみ方が出来るというもの。

さらにUSTREAMで観覧する場合「Tipping(投げ銭)」というシステムがあり、面白いと感じた出演者に投げ銭をすることが出来るらしいのです。

ま、イベントのシステムは別にしても今回期待してしまうのは新作のアンダー・ザ・ドーム(別名:凶器 笑)の話題が目白押しになるハズだということ、そしてゲストに藤田新策、白石朗の両氏(キングファンにはお馴染み過ぎる)が出演(?)されること。

んでもって、~~酒場ってくらいだから、出演者との距離がめっちゃ近いのかな~という期待も。

さてはて、いったいどんな楽しい「13日の金曜日」のイベントになるのやら、今から楽しみです。

あ。

その新作なんですが、リアル書店ではなくbk1で注文したため、普通の人より入手するのが遅い可能性が。おまけに遅読の103が「IT」や「THE STAND」並みのページ数を誇る(だから重くて凶器の使用可)本を読むのだから、このイベントまでに読了する自信がとうていありません。

なので、このイベントですっかりネタバレした新作を楽しむことにいたしましょうcoldsweats01

シフォンケーキとチューリップ

先日の雨上がりの日曜日はあまりにも気持ちがいいのでサイクリングに行きました。

まず最初に向かったのはあけぼの山農業公園

4月10日に行ったとき、チューリップはまだまだ感一杯でしたが、この日は見事な景観を見せてくれました。どうやら他の自転車乗りの方々も結構行っていたのですね。ボクは朝早く(9時頃?)行ったのですが、既に花を楽しむ人が集まり始めていました。

Imgp1952

Imgp1954

Imgp1956

Imgp1957

Imgp1959

Imgp1961

チューリップに菜の花が満開。ポピーはこれから見ごろを迎えそうです。

その後運河を経由し江戸川CRを南下。てっきり江戸川の菜の花は終わりに近いと思い込んでいましたが、まだまだ楽しめそうですね。やはり今年は気温が低くて長い期間楽しめそうです。

松戸へ向かい、そこからは街中をちょいと走って2人のお気に入りのカフェ、カシコロへ。

ボクは定番のシフォンケーキとマキアートを。

Imgp1966

カミさんはクレープとブルーベリーラテをいただきました。

Imgp1970

Imgp1967

相変わらずここのシフォンケーキはふわふわで絶品です。添えてあるクリームをたっぷりつけて食べると至福のときを味わえます。

お店には家族連れが来たり、お店のお子さんがいたりと、賑やかでリラックスした時を過ごすことが出来ました。

2011年4月22日 (金)

やるな、GIANT

台湾の自転車メーカーGIANT。今回の震災を受けて以下のような支援を表明。GIANTのHPより抜粋。

株式会社ジャイアント(本社:神奈川県川崎市中原区、代表取締役社長:李 瑞發)と
ジャイアントグループ(www.giant-bicycles.com)(本社:台湾省台中市大甲区)は、
被災地での使途を考慮した特別仕様のマウンテンバイク、合計1,000(一千)台を
被災地域に無償提供します。

スポーツ自転車メーカーであるジャイアントとしてお役に立てることを検討した結果、
当面道路の舗装整備が困難と想定される被災地において復興に奔走される被災者
ならびに団体職員、ボランティアの皆様の移動手段として有効な「マウンテンバイク」
を提供することといたしました。

103はヒキタ氏のメルマガで知ったのだが、自転車メーカーとしてはベストの提案ではないだろうか。MTBなら敷居も低いし荷物もつめる。ヒキタ氏が指摘しているように「前カゴをつけたらどうか」という提案もある。ちょっとした荷物を短距離運ぶときに便利だからという理由。

Giant_hukkou_rock_yoko_rgb800thumb3

確かに一理あるが、GIANTは「ハンドリングが妨げられる」恐れがあるとして採用を取りやめたそうだが、リアキャリアをつけたならパニアバッグもつけてあげればよかったのに、と思う。

現にGIANTにはグレートジャーニーというツーリング用バイクもラインナップにあるのだから。

被災地をROCKが走り回る日は近い!

ヒキタ氏が書いたコラムも参照ください。

2011年4月20日 (水)

<意識>とは何だろうか? 脳の来歴、知覚の錯誤 読了。

 〈意識〉とは何だろうか 脳の来歴、知覚の錯誤 〈意識〉とは何だろうか 脳の来歴、知覚の錯誤
販売元:セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)で詳細を確認する

この本は読むのに時間がかかりました。キングの作品とは全く別の意味で。

実はこの本、全くの偶然から読むことになったのですが。

というのも、103が通勤に使っている会社の最寄り駅は「湯島」。ところが、ちょいと前から「ヒト駅歩いて電車に乗ろう」運動を実行しているため、「根津」駅から電車に乗ることが多かった。

14

で。改札を抜けるとまず目に入るのが『根津メトロ文庫』。恐らく駅の利用者が読み終わった本を持ち寄って駅の構内に保管しているのでしょう。そこで借りた本なので貸し出しカードもなけりゃ、貸し出し期限もありません。

カバー折込部分に書いてあった紹介文(?)は以下の通りです。

「心」とは意識のことか。意識プラス無意識か。では意識とは何なのか。「錯誤」を手がかりに、脳・認知科学の最前線から、「心の全体像」へ迫る快著。

目次を見てみると大体本書の内容がつかめるだろうか?

はじめに-脳と心の全体像

第1章  錯誤とは何か

第2章  脳の「来歴」-錯誤から浮き彫りにされるもの

第3章  心とからだの他者-連動する脳と世界

第4章  意識と無意識のありか-心の全体像

第5章  人間観と倫理

なんとなくとっつきにくい内容のように感じられますが、実際に読んでみると分かりやすく順序だててあるのがわかります。

103が共感できたのは以下の点。

① 「錯誤」は感覚器官だけでなく「脳」とその来歴が影響していること

② 「脳」と「身体」と「環境」は関係しあって、個体の「感覚」が形作られていくこと

そして、最終的には生物は遺伝的特質に左右されるのか。それとも、脳に?環境に?という問いに対して著者(下條伸輔)が導き出した答えが面白い。まるで、哲学とブッダの教えとSFがごちゃ混ぜになったようだ。

本書を読みたいヒトは根津までどうぞ(笑)。

2011年4月19日 (火)

RIOT

103が世界一愛する現存するバンドRIOTの公式HPに新作のレコーディングについて発表があった。記録のために全文を記す。

"Recording Continues"

As reported, Mark continues moving forward in the recording of the new record putting it together piece by piece but the record is moving slower than expected. Its been reported that "Wings are for Angels" that was perform live in 2009 will be released next month for a Japan Earthquake & Tsunami relief CD on Marquee/Avalon.

RIOTがデビュー直後スマッシュヒットを記録したのは主に日本だった。その後日本への来日公演はなかなか実現しなかったものの、新東京国際空港を題材としたアルバム「NARITA」や、TOKYOへの感謝をこめて作られた曲「TOKYO ROSE」など、少なからず日本とのつながりがたくさんあったRIOT。

8a72f03d3dec9b24fd6d85d1c70982c4

初来日公演(’89)の興奮は今でも一緒に行ったカミさんに「アンタはワタシそっちのけでノってた」と言わしめるほど(苦笑)。

そんなRIOTから、2009年のREUNION来日公演で演奏した(と思う)新曲が「日本支援」作品としてリリースされるらしい。レコーディング自体はなかなか進んでいないようだが、震災発生したその日にHPに記事を載せ義捐金を募っているほど日本びいきのRIOTであるからこそ、その心遣いと美しくも激しい新曲に期待せずにはいられない。

オジーは好きですか?

音楽ネタです。

既に30年以上のキャリアを誇るオジー・オズボーン様ですが、ついにこんなCD/DVDボックスセットが発売されるそうです。(HMVからのメルマガより)

『Diary Of A Madman / Blizzard Of Ozz:30th Annivarsary Deluxe Box』(3CD+2LP+1DVD しかし、LP聞けるヤツ何人いるんだよ~)

000174ozzyosbourne

収録曲を見てみると、DISK1が「Blizzard Of Ozz」の"30th Anniversary Expanded Edition"のようです。曲順を見るとオリジナルのままですが、いったいどんな「Edition」なのか分からないですね(笑)。

しかし、そのディスクのボーナストラックになんと"You Looking At Me, Looking At You"が収録されている!あまりコアなファンでなければ知る人もいないかもしれないけど、オジー独特のポップチューンであり、なかなかの佳作だと思う。他のボーナストラックから見ると一見地味のように感じるが、これはおいしいかも。あ、でも、音源はオリジナルかな。(後で調べたら、初のCD化!なんだそうな)

DISK2はライブ音源のようです。初期のオジーの代表曲ばかりですね。ま、未発表音源のようなのでこれも興味深いところです。恐らくギターはランディー・ローズでしょうから。

DISK3はなんだ?特に○○Edition という記述がない。オリジナルのままか?あるいはリミックスくらいはしているかもしれないけど、ここまでの名盤になると既にリミックスはされているので(2~3回??)いまさら何を、と思ってしまう。

そして最後はDVD。オジー/ランディーの未公開映像があるんだね。おまけにメタル界の重鎮たち(レミー、ロブ、シャロン、ザック等々)のインタビューも収録されているとのこと。

正直最近のヘビーメタルは細分化されすぎて、BURRNを読んでいても興味のない記事が多く(昔はスミからスミまで舐めまわすように読んだけど)、ごく一部のバンドにしか興味がわかない。その中でオジーは数少ない10代の頃から今でも「聞いてみたい」ミュージシャンの一人だ。

だけど、税込みで¥18,460 って、高いよね。

2011年4月17日 (日)

初めて見てきた吉高の大桜♪

4月16日土曜日。朝起きるとちょいとうす曇。天気予報では暖かくなると言っていたが少し肌寒いので長袖ジャージを着て出動。

携帯から速報を投稿したが、はじめての吉高の大桜を見に行きました。

案の定迷子になりましたが(笑)近くに行くと辺鄙な場所に突然人々が歩いているので「近いな」と分かります。桜の咲いていない時期だったらたどり着けなかったかもしれません。

まずは遠目に見て圧倒されます。

Imgp1933

普段、桜は何本もまとまって咲いているところを見て「うわー。スゲー!」と感動するのですが、この樹は圧倒的な存在感を発しています。

人間が自然のものを見て「神性」を感じるのが改めて分かります。この存在感の前には人間などちっぽけな存在でしかありません。

近づいてみるとさらに素晴らしく、自然と顔がほころびます。この凄さは文章でなんか表すことができないので写真でも見てください。

Imgp1935

Imgp1938

Imgp1944

「写真を撮る人を撮る」(笑)

Imgp1939

太い胴回り。

Imgp1943

既に花びらが散り始めていたので、一番見ごろのときに行くことができました。

さて、その後はとんぼ返りです。

印旛沼のサイクリングロードに出たのですが、いつもの道は震災の影響からか通行止めです。途中止まってブルーシートで覆われている場所を見てきたのですが、こりゃ復旧までかなりかかりそうです。ま、とりあえずCRよりもライフラインの復旧が優先ですからね。

Imgp1945

Imgp1947

Imgp1949

この日はカミさんを連れ出さなくて良かったです。この後もところどころ通行止めの箇所があり迂回を余儀なくされましたし、風も強かったので。

2011年4月16日 (土)

吉高の大桜なう

吉高の大桜なう
いんや〜♪みごどな枝ぶりだっぺ(≧▼≦)

2011年4月14日 (木)

こないだの出張。

仕事で上海に行ってきました。

これが3月31日の成田空港内の様子です。日本人は海外旅行を控え(春休みだというのに)、多くの外国人は恐らく既に一時帰国した後でしょう。ものすごく閑散としています。

Imgp1542

Imgp1543

上海についてから取引先へ向かう途中、万博会場だった場所に寄ってもらいました。中国パビリオンを中心にほんの一部建物が残っていましたが、多くは撤去され街の整備が進んでいるようです。

あ、ちなみに中国パビリオンの「赤」は階層ごとに微妙に色合いを変えていて、遠くから見たときに均一な色に見えるようにしているそうです。

う~ん、同じ色にしか見えないな~。あ。それでいいのか(苦笑)。

Imgp1544

自転車ネタも載せておきましょうね。

相変わらず自転車の台数が多い中国ですが、特にこんな「電動自転車」が目立ちました。日本の電動アシストとは根本的に異なり、ペダルを回さなくても進んでいるところを見ると異様です。

赤い「アノ人」も中国なら目立ちませんね。

Imgp1606

それにしてもこのバイク、追加バッテリーを自分で載せたのか。ゴムひもで固定してあるところが手作り感満載でグーです。

2011年4月13日 (水)

本日の状況もリポートしときます。

いつもの場所での撮影。

Imgp1920

まだ見ごろです。

Imgp1917

朝っぱらだというのに撮影に来たのでしょうか。車が数台。

Imgp1925

ほんの少し花びらが散り始めていますが、いつごろ水面にびっしりのサクラが見れるかな?

Imgp1922

2011年4月11日 (月)

大英断!

毎年楽しみにしている「桧原湖1周ファミリーサイクリング大会」の公式HPにて「本年度、第30回裏磐梯桧原湖一周ファミリーサイクリング大会は、延期になりました。秋頃の開催を予定しています。」との発表がありました。

震災のおかげでいろいろなイベントが中止になっている昨今、沿岸部から離れているとはいえ同県で行われるイベントを「中止」ではなく「延期」にした大会事務局の皆様に拍手を送りたい。

私はこの決断を支持します。

こんなときだからこそ福島を盛り上げるためにイベントを開催して県外からも人が集まるようにしましょうよ!スケジュール調整して必ず行くからな!待ってろよ福島!!

P5300045

【昨年までの参加の様子は下記リンクで。】

2007年:桧原湖1周ファミリーサイクリング

2008年:とりあえず速報のつもりで書き始めたが、最後まで書いちゃうぞ~

2009年:♪あ~め、雨、ふ~れ降れ、も~っと降れ~:もう、やけくそじゃ~!

2010年:今年は6台で爆走!でも1台増えちゃった!?

1日中、サクラを求めて走り回りました

土曜日走れなかった分、日曜日はカミさんと2人でおでかけ。予定していたルートとは若干違いましたが、堪能できました。

まずは自宅近くのマンションにあるサクラ。ここは以前日立の工場があったところです。だから道沿いにあるサクラの樹齢は若いのですが、工場当時からある古いサクラは見事です。

Imgp1805

Imgp1809

Imgp1810

次に向かったのがお約束のあけぼの山農業公園。まだ時間が早いのと自粛ムードのせいか場所取りしている人はあまり多くありません。

Imgp1816

Imgp1817

Imgp1826

アスレチックコースの入り口にあるサクラもキレイでした。

Imgp1829

なぜか水飲み場に・・・

Imgp1830

赤いサクラとチューリップの競演もステキです。

Imgp1832

こちらはまだまだこれからです。

Imgp1834

利根川は相変わらず単調ですが菜の花が迎えてくれました。

Imgp1837

野田のスポーツ公園へ向かう予定でしたが、工事のため通行止め。

Imgp1838

その後実家のある住宅地の中へ。住宅団地が出来たのが30年以上前ですからそれなりのサクラになってます。

Imgp1844

Imgp1843

愛宕駅前の「懐石 あた宕」を経由して清水公園へ。

Imgp1848

メイン道路から少し離れたところにひっそり咲いていた樹。

Imgp1852

Imgp1858 

Imgp1860

Imgp1862

Imgp1865

清水公園を後にして江戸川経由で利根運河へ。例年よりも人出が少ないな~。

Imgp1868

Imgp1872

Imgp1873

その後ギャラリー平左衛門でお茶をいただきました。

Imgp1880

お客さんが大勢いたので、なんと臨時屋外カフェ。和みます。

Imgp1884

するとKENさんから来電。「これから手賀沼で合流しようよ~」とのことで、運河を東へ向けて走り出すとKAKAPOさん夫妻に遭遇。揃ってクロスバイクでお花見に出てきたようですね。

Imgp1889

ちょっとだけ一緒に走り再会を約し我々は手賀沼へ直行。KENさんと合流して今井のサクラへ。

Imgp1898

Imgp1899

Imgp1905

Imgp1911

いや~、しかし周辺道路にこんなにクルマが止まってるなんて。普段ならありえないですね。

Imgp1901

結局、朝8時から夕方4時近くまで家族ほったらかしで遊んでましたcoldsweats01

今井のサクラは来週末鑑賞できるかどうかは・・・微妙ですね。

2011年4月10日 (日)

まずは、先週の仕事サボリデーについて

4月8日。仕事をサボって今井の桜を見に行きました。ま、今日(10日)も行ったので「いまさら」感爆発ですが、記録のためにアップしておきます。

市内某所で用足しするためにあちこち走り回ったら今井の金山洛にいました(笑)。写真はこんな感じで。当日アップしましたが、「きてます!」

Imgp1785

Imgp1787

Imgp1788

Imgp1791

Imgp1793

こちらは湖北駅前の桜です。周りのパンジーなど地元の人たちがキレイに管理されているのでしょうか。癒されます。

Imgp1794

Imgp1795

その後手賀沼に戻り手賀大橋のたもとにある枝垂桜やビジターセンター近くの陥没場所などを写真に撮りながらいったん自宅へ戻ります。

Imgp1796

Imgp1798

午前中仕事に行っていたカミさんと合流し、強風を避けるために今度はクルマで昼食をとりに出かけました。目的地はハンスホールベック。こちらは以前から頻繁に行っているのですが、カミさんと行くときはどちらかというと「留守番中の娘たちにお土産を」という目的で行っていたのですが、この日はランチを楽しみました。

前菜のコールスロー。

Imgp1800

別途注文したザワークラウト。瓶詰めとは違いマイルドな味で、かつ暖かく食べやすい調理がしてありました。

Imgp1801

メインのお肉。付け合せの野菜やウインナーもウマイ。ただ、ポテトに関してはいつもドイツで食べるカリカリに焦げる寸前まで焼いたイモが好きなので、ここのほっこりポテトはイマイチでした。いや、まずいわけではないし、日本人の味覚にはこのようなマイルドな味付けが受けるんでしょうけどね。

Imgp1802

いや~、やっぱり他人が仕事をしている時に食べるメシはうまいですね。桜もキレイだったし。しかし、桜はもっと花が開いてから再訪することを願いながらこの日は家呑みでした(っつうか、ここ数年安く上げるために外で飲む機会激減ですけどね)happy02

2011年4月 9日 (土)

せっかくの春の一日。こんなルートにカミさんを連れ出します。

本日4月9日の天気は予報と違い、雨が降りそうで降らないという、自転車のりにとっては悶々とする状況でした。

ま、冬の間寒くてほとんどメンテらしいメンテをしていなかった103でしたので、①カミさん用ママチャリ ②ROCK(MTB) ③RADAC(ROAD) の合計3台を6時間かけてきれいにしてあげました。

まずはママチャリ。カミさんの買い物用マシンですので、ヘヴィーデューティーに加え前後のカゴ設置により予測総重量25kg(笑)。よって負荷をかけてダイエットするために「消費カロリー」が表示される猫目製サイコンをつけているのですが、ブラケットのインシュロックが切れて前かごに落下している残念な状況でしたので直してあげました。その他スポーク、リム、カギ・・・をクリーンアップ。

そしてROCK。こちらはひたすらクリーンアップ。震災後のジテツウでも活躍してくれましたからね。感謝の気持ちをこめて。ついでに既設ボトルケージ(ステム上に設置)に加えて2式を追加。既にリアキャリアは常設状態ですので、万が一避難生活する際でもパニアバッグを載せれば長距離逃避もOK。

あ。

でもボトルは2つしか持ってないcoldsweats01

最後にRADAC。

もう、こちらはクリーンアップだけでなくタイヤ交換、チェーン交換を含めなんだかやたら時間がかかりました。あれ?しばらくメンテナンスしてないから段取り悪くなっただけかな?

そんなわけで、明日はきれいになったバイクで花見めぐりポタに出かけます。

コースはこんな感じです。

自転車乗りの皆さん、運がよければどこかでお会いしましょう!

2011年4月 8日 (金)

きてます、きてます!

きてます、きてます!
今日も今井の桜だよ。強風をものともせずに4分咲き中〜♪

2011年4月 7日 (木)

本日の開花状況 4月7日

まずは大堀川。

Imgp1755

で、今井の西端。

Imgp1757

遠目で見るとまだまだ咲き始めの域を出ませんが、近づくとホラ。

Imgp1759

いつもの場所から。

Imgp1762

帰り道、ふるさと公園(柏側)の桜はもうちょっと多くの花が咲いていました。

Imgp1767

2011年4月 5日 (火)

前評判だけでワクワク感はちきれる「あんだー・ざ・どーむ」!!

予告編以外のキングネタです。

もちろん、この時期、新作のネタに決まってるじゃないですか!

tkrさんも何度も新作についてつぶやいていたりアップしていたりするのですが、拙ブログでは初めての紹介かな?

はじめて記事にする理由は・・・。だって、bk1からこんなメールが来ちゃったんだもん!

Under_the_dome

ま。別にメールが来る前から楽しみで仕方がなかったんだけど、いよいよ出版が『現実』に近くなってきたんですね。

原○とか、震○とか、大変なことが続いてるけど、キングの新作が読めないまま死にたくな~い♪

ってことで、4月27日には書店へGO!(または、bk1等で予約購入)するか。しかし、新しい本は出来れば本屋さんで読みたいと思う反面、ネットで購入して「ブックカバー」付にすると汚れなくていいな~。とも。

どちらで買うかというどーでもいい問題についてあれこれ考えるだけでも楽しいキングバカな103でした。

ちゃんちゃん♪

2011年4月 4日 (月)

正式レポート:速報 今井のサクラ

朝、超速報という形式でお伝えした開花状況ですが、さすがにアノ写真では『ホントに咲いてたのか??』と疑われそうなので、写真を追加しておきます。

まずは、行き帰りに通過した「手賀の丘公園」。前回訪れたときは立ち入り禁止になっていましたが、今日は入ることは出来ました。ただし、「ロープが入っているところには立ち入るな」と。まだ、完全復旧ではないんですね。

Imgp1620

でも、公園の道路沿いにある桜の木は咲き始めていました。

Imgp1609

で。

わずかに咲いていた桜がコレです。

Imgp1612

全体的に見るとこんな感じなので、まだ「開花している」という実感はありませんが。

Imgp1614

恐らく来週末あたりは見ごろでしょうか。

ちなみに、自分の住処周辺はこんな感じでしたが、某都内の桜はこんな感じでした。やはり東葛飾地区は都内よりも寒いんですね。

Imgp1625

2011年4月 3日 (日)

超速報今井の桜

超速報今井の桜
今日の開花情報です。

写真は今井1号橋から前回と同じ場所での撮影。
見た目は変わらず開花前かと思いきや、数輪咲いていました。全体から見れば0.1%くらいですが。
今からほころび初めますよ!

満開の時に来るのが楽しみだ!

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31