カテゴリー

無料ブログはココログ

他のアカウント

Twitter

« 東京ビッグサイトにいきました。 | トップページ | 今年もツインレイクにボランティアとして参加しました。 »

2010年12月11日 (土)

『便利でエコなこれからのモビリティ』シンポジウム

10日。エコプロダクツ2010で参加したシンポジウムの概要を記録しておきます。

本シンポジウムは財団法人 日本自転車普及協会が主催で、以下のプログラムの通り進行されました。ちなみに、当初予定していなかったゲストとして絹代さんが急遽参加です。

103が陣取った席が一番前だったため、絹代さんとの距離はわずか2m!おまけにこの模様はインターネットで配信されている!カメラもちゃんと回ってるし!!

① 『自転車国家』を目指す韓国の挑戦・・・見えてくる日本の課題Bf990213

  立命館大学准教授 秋葉武氏

*韓国は諸外国の実情を調査して、その悪いところは改善し、良いところを継承し独自の政策を進めている。それも急速に。

*改正自転車法の中で大切なのが「交通安全教育プログラム」。同感。

*日本の縦割り行政の短所を逆手にとって、各省庁を競合させよい結果を生み出している。

② 自転車観光事例51eimowh1sl__sl500_aa300_  

  NPO法人 自転車活用推進研究会理事 多賀一雄氏

*自ら京都でレンタサイクル、ガイドツアーを興した同氏。

*観光とレンタサイクルの相性はよく、特に京都の場合狭い路地を経由してたくさんの寺院を巡るのに適している。

*しかし、レンタサイクルを利用したユーザーが最も恩恵を感じているのは「渋滞に巻き込まれないこと」

*ウチの娘も修学旅行のときにレンタサイクル利用すればよかったのに~(私情)

*2001年にはすべての神社仏閣で駐輪場を整備

*レンタサイクル業者はどんどん増えてきたが、最近進出している大手は自転車に対する「執着」がない。または、電動アシスト自転車に頼りすぎている。

*自転車の楽しさは苦労して目的地に到達する「達成感」。これは電動アシスト自転車ではムリ。同感。

*ちなみに、レンタサイクルの利用者比率は日本人85%、外国人15%。ガイドツアーになると日本人17%、外国人83%

*外国人は歩道を走行することに対して極端に恐怖心を感じている。

③ 阪急沿線事例P2010_0322_0750421

  阪急電鉄㈱ 上村正美氏

*駅を中心としたまちづくり

*駐輪場、レンタサイクルを整備した日本初のカーボン・ニュートラルステーションを本年開業。

④ パネルディスカッション(省略)

シンポジウムに参加して感じたことは、やはり皆さん普段から自転車の社会でのあり方に対して研究されており、それぞれの立場で自転車に対する熱い思いを持ってるな~と。

特に、絹代さんについては、急遽参加要請されたとのことであるが各講演者のポイントを的確に把握し、疑問点をするどく突いてくるところ、さすが。

また、自転車のすばらしさだけではなく、日常に潜む問題点についても日ごろから問題に取り組んでいる方々ばかりで、なぜこういう人たちの意見を行政は素直に取り入れてうまく活用できないのだろうかと思ってしまう。

サイクルモードのような華やかな場だけでなく、このような場面で自転車に関わるのも面白いなと思いましたね。

ちょいと堅い話になりました。

« 東京ビッグサイトにいきました。 | トップページ | 今年もツインレイクにボランティアとして参加しました。 »

コメント

103さん、こんにちは。
僕も10日の午後に行く予定でしたが、午前中の予定がずれ込み結局行くことが出来ませんでした。こんなシンポジウムがあったなんて…、残念な思いです。
ところで、ウチの次女が学校の校外学習として、同じく10日は会場に行っていました。103さんとどこかですれ違っていたかもしれませんね。

bunaibuさん、コメントありがとうございます。

う〜ん、ウチの会社の場合も余程のタイトなスケジュールじゃないとなかなか事務所から出るのが難しいです(笑)。

そんな日は朝から自転車で直行直帰!これに限ります。
エントリーではなかなか思うように表現出来なくて、本当はすごくタメになる話しだったんですよ〜。

展示会場は小学生から高校生まで学生が多く、昨年の比ではありませんでした。それだけエコが広い世代に注目されているんですね。娘さんにもどこかで遭遇してたんでしょうか。駐輪場とかで。それはないか(笑)

会場を回ってフト思いましたが、いくら電気自動車が普及しても電気を作る時に二酸化炭素を発生しているのですから、もっと自転車が見直されてしかるべきです。でも自転車に関係ない企業は他の技術で『儲ける』必要があるので、そんな企業は『準エコ』ってとこですかね。

あはは。
アシストくん。酷評ですね。まぁ、仕方ないかな。
「発進、上り坂、向かい風」には威力を発揮するアシスト君ですが
アシストの途切れる時速20キロぐらいからは、単なる「重いだけ」の自転車に早や変わりです。

まぁ、こいつが(アシストが)あるから、チャリに乗ってみようかな
なんて考えるボクみたいなヤツも居るのかな?・・・なんてね。
居ないか?あはは。

しゃあさん、どうもです。

いえいえ、ボクが否定的なのは電動『自動車』のほうです。自転車はやはりシニアの方や坂道の多いところに住む人、そしてしゃあさんのようにとりあえず乗ってみてスポーツバイクの魅力に取りつかれる人(の、予定)などにとって必要だと思っています。

ただ、それでもアシストが切れた時には『ロードレーサー養成ギプス』になるわけですが……
あれ?しゃあさんの狙い、実はそこ?(爆)

はい。実は「そこ」です。にゃはは。
って、負けず嫌い?むはは。


実は「フルカーボン製のブツ」に物欲増大中。

フルカーボン製のブツ、サンタさんがプレゼントしてくれるといいですね(^.^)b

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160447/38042222

この記事へのトラックバック一覧です: 『便利でエコなこれからのモビリティ』シンポジウム:

« 東京ビッグサイトにいきました。 | トップページ | 今年もツインレイクにボランティアとして参加しました。 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30