カテゴリー

無料ブログはココログ

他のアカウント

Twitter

« やっと2日でセンチュリー×多少は練習になったかな?×限定解除! | トップページ | 手賀沼のハス咲いてます »

2010年7月14日 (水)

『ヒー・イズ・レジェンド』読了。

ヒー・イズ・レジェンド (小学館文庫) Book ヒー・イズ・レジェンド (小学館文庫)

著者:ジョー・ヒル,スティーヴン・キング,F・ポール・ウィルソン
販売元:小学館
Amazon.co.jpで詳細を確認する

裏表紙の作品紹介を記しておこう。

リチャード・マシスンの凄さをわかってほしい-スティーヴン・キングやディーン・クーンツが畏敬する巨匠と言えば、わかるだろうか。それとも、スピルバーグのデビュー作「激突!」、「アイ・アム・レジェンド」「ヘルハウス」「ある日どこかで」等の名作映画の原作や脚本を書いたといえば、驚いてもらえるだろうか。

本書は、そのマシスンの作品にインスパイアされ、人気作家が競作したトリビュート本である。スティーヴン・キング&ジョー・ヒルの父子が「激突!」を親子版で描く。そのほか、「アイ・アム・レジェンド」の前日譚や、地獄の家(ヘル・ハウス)の序章等々、驚異の力作ぞろいだ。

たいていこのテの短編集は「編者」がいて、「こんな作品集にしよう!」というコンセプトのもといろんな作家に声をかけていくのだが(と思うが)、この作品はもしかすると各作家が『オレにも書かせろ!』と競って書いているような雰囲気である。

実はリチャード・マシスンの作品は(たぶん)読んだことがないのだが、まるで原作に勝るとも劣らないような(と、瀬名秀明の解説に書いてある 苦笑)良質の作品が揃っている。

これを読めばマシスン原作を読みたくなるのはもちろん、今話題のマシスン原作の『運命のボタン』などの映画も見たくなります。

ちなみに、一番気に入った作品はナンシー・A・コリンズの『地獄の家(ヘル・ハウス)にもう一度』。まるで「シャイニング」と「ローズ・レッド」を思い出しましたが、屋敷の邪悪さはかなりのものとお見受けしました(笑)。

うん、やっぱり原作、読んでみよう。

« やっと2日でセンチュリー×多少は練習になったかな?×限定解除! | トップページ | 手賀沼のハス咲いてます »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160447/35751909

この記事へのトラックバック一覧です: 『ヒー・イズ・レジェンド』読了。:

« やっと2日でセンチュリー×多少は練習になったかな?×限定解除! | トップページ | 手賀沼のハス咲いてます »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31