カテゴリー

無料ブログはココログ

他のアカウント

Twitter

« 『N』読了。 | トップページ | 出張先から思わず投稿です »

2010年4月21日 (水)

『魔性の猫』読了。

夜がはじまるとき (文春文庫) Book 夜がはじまるとき (文春文庫)

著者:スティーヴン キング
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

キングの短編集「夜がはじまるとき」の作品を1編ずつ紹介していこうと思います。1つの作品はそれほど長くないですし、気軽に読めるので、これを読んで少しでも興味を持った作品があれば読んでみてはいかがでしょうか?

『キングってホラーでしょ?キライなんだよな~』という方にもオススメの(つまり非ホラーの)作品もあります。結構感動モノもあります。文春文庫で¥638+TAXです(2010年4月現在)。

本日は『魔性の猫』を。

ある殺し屋に老人から殺人の依頼が。

殺して欲しい相手とは顔の半分が黒く、反対側が白いネコ。

お安い御用と引き受ける殺し屋だが・・・

読んでいるうちに結末は読めてしまう本作ですが、そこまでの過程がスゴイ。かなりエグイのでスプラッター系が苦手な人は読まない方がいいかも。

« 『N』読了。 | トップページ | 出張先から思わず投稿です »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160447/34283548

この記事へのトラックバック一覧です: 『魔性の猫』読了。:

« 『N』読了。 | トップページ | 出張先から思わず投稿です »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30