カテゴリー

無料ブログはココログ

他のアカウント

Twitter

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

2010年4月30日 (金)

福島ツーリング2日目

福島ツーリング2日目
さて、2日目です。
昨晩の餃子で微妙な感じのままスタートします(苦笑)

宇都宮からひたすら鬼怒川・会津方面へ向けて坂を登り続けます。
前日より若干寒いですが天気は悪くありません。
皆の体調も良さそうです。

ただし今日向かうのは南会津に向けての山間部です。ウワサでは県境付近で小雨が降っているようです。ま、心配してても始まらないので頑張って走ります。

鬼怒川を過ぎたあたりから傾斜が強くなってきて、脚にきます。
ですが激坂というわけでもないので、ひたすらペダルを回します。

でも世間は平日。会社や客からバンバン電話&メールが入ります。客は知らないとはいえ、会社から電話してくんなよ!オレは有給なんだぞ!と怒りました。

で。写真は五十里(いかり)ダムです(笑)

このころから案の定小雨が降りはじめます。おまけに標高も上がっているので気温が下がります。

峠を越えるまでは汗だく、下りはじめると極寒。福島に入ってからはひたすら寒さとの戦いでしたがどうにか生還。

この日の宿泊先である『夢の湯』では、無農薬野菜を使った料理を堪能してすっかりほろ酔い気分です。
だからもう寝るね♪

2010年4月29日 (木)

福島ツーリング1日目

福島ツーリング1日目
流山から宇都宮までおよそ100キロを走行。103が案内したのはわずか数キロの、それも地元エリアだけです(苦笑)

朝8時にはKAKAPOさんが休日通勤前にお見送りに来てくれました。その時の写真はデジカメで撮ったので、携帯からの投稿をしている今はアップ出来ません。でも仲間っていいですね♪

新大利根橋を過ぎたあたりでKENさんと合流〜♪一路小貝川を目指します。今日は西よりの南風で快調に飛ばします。『あ〜こんな日に片道走行出来るなんていいなぁ』KAKAPOさんとは沈下橋でお別れです。
また一緒に走ってください!

去年宇都宮まで餃子を食べに行ったことを思い出しながら、アシスト君の先導で走ります。
途中雨の心配をしたり、鬼怒川散歩中のおじさんとおしゃべりしたりしながら、あまりヘロヘロになることなく(だって明日も走らなきゃ)宿に到着〜\(^O^)/

写真は1日頑張ってくれたみんなのバイクです。明日もよろしくね〜♪

さて、これから(今6時ちょっと前)餃子三昧だ!

2010年4月27日 (火)

GWのメインイベント。

29日から自走で福島へ行きます。目的地は一応会津若松ですが、久しぶりのロング走行、それ自体が目的だったりもします。9140090

続きを読む "GWのメインイベント。" »

2010年4月25日 (日)

久しぶりの自転車ネタです。野田のオリエンテーリングに内緒で参加してきました。

本日、日曜日は絶好の自転車日和です。

ってか、少しくらい気温が低くても久々の晴天、もうウズウズして走り出さずにはいられません。

福島ツーリングに向けて仕様変更したROCKに慣れるべく、重い車体を引きずり出し向かったのは・・・P4240044

続きを読む "久しぶりの自転車ネタです。野田のオリエンテーリングに内緒で参加してきました。" »

2010年4月24日 (土)

『アヤーナ』読了。

夜がはじまるとき (文春文庫) Book 夜がはじまるとき (文春文庫)

著者:スティーヴン キング
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

キングの短編集「夜がはじまるとき」の作品を1編ずつ紹介していこうと思います。1つの作品はそれほど長くないですし、気軽に読めるので、これを読んで少しでも興味を持った作品があれば読んでみてはいかがでしょうか?

『キングってホラーでしょ?キライなんだよな~』という方にもオススメの(つまり非ホラーの)作品もあります。結構感動モノもあります。文春文庫で¥638+TAXです(2010年4月現在)。

続きを読む "『アヤーナ』読了。" »

2010年4月23日 (金)

『聾唖者』読了。

夜がはじまるとき (文春文庫) Book 夜がはじまるとき (文春文庫)

著者:スティーヴン キング
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

キングの短編集「夜がはじまるとき」の作品を1編ずつ紹介していこうと思います。1つの作品はそれほど長くないですし、気軽に読めるので、これを読んで少しでも興味を持った作品があれば読んでみてはいかがでしょうか?

『キングってホラーでしょ?キライなんだよな~』という方にもオススメの(つまり非ホラーの)作品もあります。結構感動モノもあります。文春文庫で¥638+TAXです(2010年4月現在)。

続きを読む "『聾唖者』読了。" »

2010年4月22日 (木)

『ニューヨークタイムズを特別価格で』読了。

夜がはじまるとき (文春文庫) Book 夜がはじまるとき (文春文庫)

著者:スティーヴン キング
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

キングの短編集「夜がはじまるとき」の作品を1編ずつ紹介していこうと思います。1つの作品はそれほど長くないですし、気軽に読めるので、これを読んで少しでも興味を持った作品があれば読んでみてはいかがでしょうか?

『キングってホラーでしょ?キライなんだよな~』という方にもオススメの(つまり非ホラーの)作品もあります。結構感動モノもあります。文春文庫で¥638+TAXです(2010年4月現在)。

続きを読む "『ニューヨークタイムズを特別価格で』読了。" »

2010年4月21日 (水)

出張先から思わず投稿です

みなさんこんちには。出張先で鶏と戯れている103です♪

さて、今回は大分県は臼杵市に来ています。
宿泊先は『五嶋旅館』というところです。この宿が素晴らしい。8畳間の床の間には山藤でしょうか?素敵な器に生けられています。

食事もサイコーでカワハギのスアゲとか、山菜など少量多種の料理が食卓を彩ります♪

町自体は大きくないですが、どうやら昔の豪商の家を旅館に改造した模様。建物も素晴らしいのですが、旅館の方のホスピタリティも最高で、まるで自宅にいるようにリラックス出来ました。
最近の出張はビジネスホテルばかりで、久しぶりに良い眠りに着く事が出来ました。

あ、ビジネスホテルでも酒飲んで爆睡するのは同じでした(爆)

『魔性の猫』読了。

夜がはじまるとき (文春文庫) Book 夜がはじまるとき (文春文庫)

著者:スティーヴン キング
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

キングの短編集「夜がはじまるとき」の作品を1編ずつ紹介していこうと思います。1つの作品はそれほど長くないですし、気軽に読めるので、これを読んで少しでも興味を持った作品があれば読んでみてはいかがでしょうか?

『キングってホラーでしょ?キライなんだよな~』という方にもオススメの(つまり非ホラーの)作品もあります。結構感動モノもあります。文春文庫で¥638+TAXです(2010年4月現在)。

続きを読む "『魔性の猫』読了。" »

2010年4月20日 (火)

『N』読了。

夜がはじまるとき (文春文庫) Book 夜がはじまるとき (文春文庫)

著者:スティーヴン キング
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

キングの短編集「夜がはじまるとき」の作品を1編ずつ紹介していこうと思います。1つの作品はそれほど長くないですし、気軽に読めるので、これを読んで少しでも興味を持った作品があれば読んでみてはいかがでしょうか?

『キングってホラーでしょ?キライなんだよな~』という方にもオススメの(つまり非ホラーの)作品もあります。結構感動モノもあります。文春文庫で¥638+TAXです(2010年4月現在)。

続きを読む "『N』読了。" »

2010年4月19日 (月)

『夜がはじまるとき』のご紹介・・・

本書の原題は「JUST AFTER SUNSET」。たいていキングの短編作品集には著者自身の作品紹介文が修められていますが、その題名は「サンセットノート」。しゃれてます。

夜がはじまるとき (文春文庫) Book 夜がはじまるとき (文春文庫)

著者:スティーヴン キング
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

本書にはさらに日本人(普通は翻訳した人が書くことが多いけど)による解説が加えられています。cocoさんという方による解説。実はこの方「今日の早川さん」という4コマ漫画の著者らしいのですが、知りませんでした(笑・汗)。この解説中にあるお話しを簡単に紹介します(?)

早川量子は大のSFファン。でも怖がりなのでキング作品は当然読んでない。彼女の幼馴染の帆掛舟。彼女はホラーファンでキング初期の代表作「シャイニング」「呪われた町」「ペット・セマタリー」を早川さんに貸す。みごとキング作品にはまってしまう早川さんが面白い。3日間徹夜で早川さんの目の下に「クマ」出来てるし(笑)。

そんな強力な解説つきの本書、面白い佳作揃いなのでキング嫌いの人にも読んで欲しいです。

てなわけで、明日から各作品のインプレを。お楽しみに。

2010年4月18日 (日)

ギョギョ

アジをさばこうとしたら、びっくりしたそうです。

By カミさん。

P4120001

たぶん、捕食した直後に捕まっちゃったんでしょうね~。

P4120002

2010年4月17日 (土)

もてぎ外伝② ドラフティング

もてぎ外伝

その② ドラフティングDscf2454

続きを読む "もてぎ外伝② ドラフティング" »

2010年4月16日 (金)

もてぎ外伝① 上り坂

本レポートでは概要をまとめましたが、忘れないうちに細かいことも書きとめておきましょう。

まずはその① 「上り坂」Dscf2473

続きを読む "もてぎ外伝① 上り坂" »

2010年4月14日 (水)

今日も懲りずに行ってきました。

ようも懲りずに行くな~とささやく声が聞こえそうですが、今井の桜へ行ってきました。P4140002

続きを読む "今日も懲りずに行ってきました。" »

2010年4月13日 (火)

大会受付番号通知書

今日、ウチに帰ると、我が家毎年恒例の『桧原湖ファミリーサイクリング大会』の事務局より封書が届いておりました~P4130003_2 

そして、ハガキ(つまり受付番号が記入してあるのね♪)を見てビックリ。

続きを読む "大会受付番号通知書" »

自転車乗りには必要ないのですが・・・

工事現場のオジさんの悩みといえば・・・

夏場、アタマが蒸れる!!ことだ。特にウ○イ人にとっては、ね。

そんなことで、こんな便利(?)アイテムがあることを知りました。

ズバリ!ヘルメット用送風機 『Hel Cool』

Image2

ま。

自転車乗りには必要ないですけどね。

2010年4月11日 (日)

リハビリ走×サクラ×迷子

前日のイベントでへとへとになった脚。

それなのに、久しぶりにがっつり走りたい。ココロは自転車に乗りたくて仕方が無い。

おまけにめちゃくちゃ天気がいい。

きまりです。どこでもいいので(笑)走りに行きましょう!

で、最初に目をつけたのが・・・P4110001

続きを読む "リハビリ走×サクラ×迷子" »

春の大運動会 終了!

今年もやってまいりました、もてぎツインリンクにおける『サイクルモード エコクラシック』。P4100003

続きを読む "春の大運動会 終了!" »

2010年4月 9日 (金)

本日の今井♪

開花状況をお伝えするハズがすっかりサボリ気味の103ですが、本日は朝練を兼ねて行ってきましたよ。P4090005 いや~それにしても今年は桜の開花期間が長い。いつもだったら咲いたと思ったら次の週には葉桜だったりしますからね。

でも今年は大丈夫。恐らくこのぶんだと11日の日曜日まで見ごろが続くのでは??ちなみにボクは10日、もてぎでのイベント出場のため見にいけませんので、どうか日曜日まで残っていてチョーダイ!という希望を込めて今朝も桜をめでてきました。P4090007 P4090010

2010年4月 6日 (火)

ヨード卵の日

4月10日が『ヨード卵の日』に制定されるそうです。

それを記念してイベント(ヨード卵の日制定記念トークイベント)が開催されるので、時間のある方は横浜まで行ってみては?ゲストに ①ゆでたまご大好き、板東英二 ②ヨード卵で育った下町のプリンス、東貴博 が出るらしいです。

もっともボクは当日はもてぎまで行ってきますんで、横浜には行けないんですけどね♪

2010年4月 4日 (日)

久しぶりに朝から晩まで自転車ネタです。でも、距離はそんな走ってません。

確認してみたところ、先週の水曜日に今井の桜をチェックしてから、その後訪れていません。気になって見てきました。ここのところ気温が低い日が続いたので「ただでさえ都心に比べて咲くのが遅い今井の桜だから(103の脳内ではそうなっている)、ほとんど開花してないんだろうな~」とタカをくくっていました。

ところがどっこい、もう6~7分咲きです。今井の桜開花状況報告委員長としては焦りまくりです(汗)。とりあえず今日(4月4日)行っとかんと、来週だと散ってるかもよ~ というわけで、昨日の今井の桜、こんな↓感じでした。

P4030027 では、この日手賀沼周辺で見つけた『春』を時系列でどうぞ。「続きを読む」をクリックしてね♪

続きを読む "久しぶりに朝から晩まで自転車ネタです。でも、距離はそんな走ってません。" »

2010年4月 3日 (土)

『ガラスの地球を救え』読了。

ふと書店で手に取った本。著者が手塚治虫。

ガラスの地球を救え―二十一世紀の君たちへ (知恵の森文庫) Book ガラスの地球を救え―二十一世紀の君たちへ (知恵の森文庫)

著者:手塚 治虫
販売元:光文社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

要約すれば、『地球は危機的な状況に陥っている。人類の手によって汚染された地球を救えるのはやはり人類』という内容。

エコライフが叫ばれている今どきは珍しくもないが、もともと著者がライフワークとしていた『火の鳥』をはじめ、生命とはなにかという壮大なテーマを氏が手掛けてきたことは良く知られている。加えて凄いと感じるのは、このエッセイが『テレビ、雑誌などでの発言に昭和60年前後のシンポジウム等』の内容を収録し、1989年に初版が発刊されたこと。Gtezuka01

つまり、今どきの付け焼き刃っぽいエコブームとは無縁で、手塚少年の幼少の思い出にも自然を愛でるために必要な経験をしていること、つまり昔から彼が感じている人生観自体を『地球を救え』というテーマで著しているのがすごい。

重いテーマとは裏腹に本書の内容は分かりやすい表現で、中には子供の残酷さ(しかしそこを通り抜けることにより命の大切さを学ぶ)、戦争を美化するような話に対して警鐘をならす等、氏が常に感じていたヒトの在り方を著している。

残念ながら手塚治虫はなくなってしまいましたが(もう20年以上前!)、今でも彼の意志は本書のように再版を重ねるほど強く明確なメッセージを発信しているのだと思います。

本書の最後のほうに『独断と偏見に満ちた未来予測』がありますが、恐らく前世紀、20数年前に書かれたのだと思いますが、彼の予測は非常に的を得ていると感じました。
そこから発展し、ゆくゆくは宇宙に飛び出した人類が、外から地球を見てかけがえのない星を汚している地上の人々に警告を発するだろうという手塚治虫らしい結論で本書を終わらせています。

2010年4月 2日 (金)

今年の天気はどうかな~

2007年から参加しているイベント『桧原湖1周ファミリーサイクリング大会』に今年もエントリーしました!

Ap5310069 写真はご当地名物「ソバソフト」です。

続きを読む "今年の天気はどうかな~" »

2010年4月 1日 (木)

なんだかよく分からないままに・・・

Twitter はじめてしまいました!

まさに、使い方が良くわからない。加えて、なぜ「ささやく」ことがこんなに話題になるのか。全然分からないので、とりあえず自分で体験してみることにした。

なんとなく分かったことは、

1.簡単に投稿できる(ささやける)

2.当然携帯からでも可能

3.フォローしている人のささやきも確認することが出来る

等です。他にも良いところがあるかもしれませんが、まだビギナーなので、良くわかりません(苦笑)。

ま、ブログに輪をかけて、わけの分からない独り言を、自己満足のためだけに「ささやいて」も面白いかもしれません。

ちなみに、HNにある『Aquavit』というのは、103が大好きなシュナプス(お酒)で~す。

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30