カテゴリー

無料ブログはココログ

他のアカウント

Twitter

« 解答です。 | トップページ | 『20世紀の幽霊たち』読了。 »

2009年1月21日 (水)

ジャケットの写真はこのバンドのギタリストが撮ったそうです

音楽ネタです。興味ない人はパスしてね。

またまたRIOTである。

31s6zkmcwcl_ss500_ 彼らの現時点での最新アルバム『THROUGH THE STORM』。実は、RIOT大好きのクセにこのアルバム最初は好きになれなかった。

なぜだろう?ここ数週間はパソコンでヘビーローテーションなのに。原因を考えてみた。

1.曲が悪い:イヤ、全くそんなことはない。相変わらずのマイナーコードで日本人の心の琴線をブルブル振るわせてくれるメロディーラインである。

2.歌詞が悪い:これもちがう。なぜなら、103は曲と歌詞のどちらを重視するかといえば、9:1で曲なのである。この傾向は新しく聞く曲ほど顕著に現れる。

3.アレンジ:こいつが怪しい。RIOTの曲はデビュー当初、結構アメリカ土着のロックという感じだった。その中にヨーロッパのような湿ったメロディーが散りばめられていたので、他とは差別化できた(良くも悪くも)。THUNDERSTEELアルバムのころは、80年代のヘビメタブームを経て、かなりメタル調なアレンジだった。その後、曲調はより物悲しく、アレンジは若干ソフトに(年取ったから?)になった。当初はそれも良かったが、数枚この傾向が続くと少しもの足りなくなってきた。

その間SONATA ARCTICAやANGRAなど、メロディックメタルなどと呼ばれている比較的若いバンドに傾注していたことも、このころのRIOTの音を十分楽しめなかった理由かもしれない。

しかし、このアルバムはどうだ?確かにアレンジはTHUNDER~アルバムに比べればおとなしい。だが、齢50にもなろうかというオヤジが奏でる音楽としては十分ハードロックではないか?

というわけで、今まで敬遠していたのをアレンジのせいにして、今も愛聴しているのがこのアルバムである。

RIOT最高!

« 解答です。 | トップページ | 『20世紀の幽霊たち』読了。 »

コメント

RIOTってまだやってるんですか?

お~~~~、のりさん、RIOTご存知なんですか!?

もちろん、まだやっていますよ!
ボクはRIOTキチガイなので、2005年の池袋での単独ライブ、2007年の渋谷でのダブルヘッドライナー、ともに参戦してきました。

おまけに、最近頻繁にアップしていますが、今年はTHUNDERSTEELのアルバムの頃のラインナップで(ボクはこの頃のRIOTが死ぬほど好き♪)復活する予定です!

そうなんですか、息の長いバンドですね!
RIOTは自分は聞いたことないですけど、有名ですよね。
自分はVAN HALENとか好きでした。
エクストリームのボーカルに代わって以降、
聞かなくなってしまいましたが。。。

のりさん、どうも。
そうです、息の長いバンドなんです。70年代後半から活動してますからね~。ま、某ミック・ジャガー御大ほどの年季は入っていませんが。

しかし、ローリング・ストーンズもRIOTも現役バリバリのバンドであることに違いはありません。お互いメンバーもそこそこの年齢に達しているので、アルバムのリリース間隔は長くなっていますが。

で、今年黄金期のラインナップで復活するのが今から楽しみです(昨年の12月から1人で騒いでますが)。どうやら6月の北欧でのフェスティバルで復活お披露目ギグがあるそうです♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160447/27326675

この記事へのトラックバック一覧です: ジャケットの写真はこのバンドのギタリストが撮ったそうです:

« 解答です。 | トップページ | 『20世紀の幽霊たち』読了。 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30