カテゴリー

無料ブログはココログ

他のアカウント

Twitter

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

2008年3月31日 (月)

逆から言うとイタイ

先日レポートしたアウドドアバイクデモだが、実は試乗ばかりではなく企業や団体の出展(?)もあった。その中で非常に気になったもの。『イズイシ手袋』さんです。

なんと香川から出稼ぎ(?)にきたメーカーさんです。車も香川ナンバーでした。で、何を紹介しているのかというと当然、手袋です。Globe_image_2

ただの手袋といってもそんじょそこらの手袋とは違う。今回試しに試着させてもらったが、鹿革の手袋 これがめちゃくちゃ手になじむ。聞けば、洗濯も出来る(!)らしく、完全ハンドメードだから修理も可能。手にしっくりなじむ感触と見た目の高級感はやはり惹かれます。

いずれにしても革なのでそれなりのお値段はします。店主の話を聞くと手袋を作り始めて25年。日本国内ではイチから作れる職人さんは絶滅危惧種とか(というか寸前?)。それでも手作りにこだわる人がいて、それを手にするチャンスのある事に感謝して買うべきかどうか、かなり迷ったがその場では結論を出す事が出来なかった。

鹿の革を使うというのは、牛などに比べて柔らかいこと。イズイシ手袋ではオートバイやスキー用には牛革を使うが、ブレーキやシフター操作の必要な自転車の場合は鹿革がいいそうだ。触るとよく分かるがまさに自転車にはうってつけの素材であると思った。

自分が今年の冬に使っていたもとスキー用グローブは表面が寒さのため硬化⇒亀裂発生⇒めくれてぼろぼろ という状態。確かに安いグローブを使い捨てのように交換するというのもひとつの考え方だが、良いものを長く使いたいと思うトシになってきた。

う~ん、こんなグローブ、誰かプレゼントしてくれないかな~

2008年3月30日 (日)

スローサイクリング読了

スローサイクリング―自転車散歩と小さな旅のすすめ (平凡社新書) Book スローサイクリング―自転車散歩と小さな旅のすすめ (平凡社新書)

著者:白鳥 和也
販売元:平凡社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

「スローサイクリング 自転車散歩と小さな旅のすすめ」を読んだ。筆者は白鳥和也。あとでプロフィールを読んでな~るほどと思ったが、この人の文章は文学的。う~ん、こういう表現が正しいのかどうか分からないけど、いわゆる自転車のメカニカルな部分や『ステムの長さを何mm短くしたらポジションが改善された』というような記述は一切ない。あえてその辺は「ショップの技術者に任せて」あるいは「よく知っている人に実際に聞いて」欲しいというスタイルを貫いている。たしかに、彼の記述を見て誤った使用方法で大きな事故につながったら大変だ。では、筆者の略歴を見てみよう。

現在著述業、自転車文学研究室主宰。著書に『素晴らしき自転車の旅 サイクルツーリングのすすめ』などがある。こよなく愛する自転車の旅と、もうひとつのテーマである文学をクロスオーバーさせ、走って、撮って、書く活動を続けている。

「クロスオーバー」している感じは実際に文章を読むと判るような気がする。この本の題名にもあるように「スローなサイクリング」を全編で紹介している。読み進めていくうちに「スロー」という表現が頻繁に出てきて若干食傷気味となるが、それを補っても余りあるほど情熱的に「スローなサイクリング」がどんなに素晴らしいかを書き綴っている。

例えばスローの大切さを表現するためにこんな比喩がある。

楽器の練習では(中略)多くの人が上手に曲を弾くことを、早く弾くことだと勘違いする。その結果、練習中の曲は、とりあえず弾けるところだけは速い速度で弾けるが、弾けないところは必ずつっかかっていつまでも弾けない、という現象が発生する。(中略)本当になめらかに音楽的に楽器を歌わせるには、技術的に難しいところを中心に、繰り返し、「ゆっくりと」弾く練習を繰り返さなければならないのだ。

そう、はじめに「スロー」ありきなのだ。

また、本書ではスローサイクリングのひとつのスタイルとしてタンデムの紹介をしている。2人乗りではなく、タンデムだ。同じじゃないかだって?イヤ、1人乗り自転車に2人で乗るのではなく2人乗り自転車を使ってサイクリングをするのだ。日本では地方で条例によりタンデムが使えるのは限られているが、著者はこう訴える。

ソロの自転車に比べ、運動性能や道路使用面積の面でいくらかハンディがあると思われるリカンベントや人も乗せる3輪のベロタクシーが、堂々と公道を走行できるのに、2輪のタンデムが走行できないというのは理不尽である。少なくとも、脚力差のある夫婦が、たがいに心配しながら振り返りつつ2台で走行していくより、タンデムのほうが安全なはずであるから。

これを読んで一層タンデムへの興味がわいた(今までは物見遊山的に「面白そうだな」と思っていただけであるが)。ちなみに、日本国内にはこんなサイトもあるんですね。

時にはディープな表現もあるけど、レース主義でないポタリングを楽しむ人たちにも読んで欲しい1冊である。

災い転じて福となす? でも最後は...

今日はTEAM_STROLLERにゲスト多数の小貝川ポタ。

Sayoneさんの計画にチームが応える形で実現。まずは手賀沼自動販売機前に集合します。集合前にふるさと公園の桜をチェックしたが、まだ5~6分咲き?本来ならもっときらびやかに咲き誇るはず。P3300001

まずは小貝川を目指して手賀川から利根川を目指します。おや?以前砂利道だった土手下の道がすっかりきれいになっています。ただ、まだ全線開通ではないので途中からSayoneさんの案内で栄橋を目指します。P3300003

栄橋を茨城県側へ渡り戸田井橋へ向かいますが、ここでSayoneさんの愛車が不調。オンザロードへ行くために戦線離脱(というかもともと二手に分かれる予定だったので)。

その後は小貝川沿いを走るが、昨日と打って変わって寒い!すぐにタンクが満タンになりそうです。途中でSayoneさんチームを待つが現れない。すると連絡があり、続行は難しい模様。では、我々だけでその先へ行く事にするが、モチベーションを維持するために大事なのはエサ。なんてったってここは小貝川。おまけに経験済みの2人、みくまさん夫妻がいらっしゃるじゃ~ありませんか!当然BIG SMILEへ。

今日は在庫が少ないためマル特TOP FUELに甘んじたが、それでもビッグボリュームでビッグスマイル。こりゃ自転車乗りにウケルわけだ。おまけに店主と奥さん(かな?)も良い人で、「自転車に乗る人たくさんいらっしゃいますよ~」ときさくな感じ。P3300022 P3300023

みよ、このボリューム!さ~て今日食したマル特TOP FUELと本家TOP FUELとの違いが分かった人は官製はがきに答えを書いて、ウチまで送ってください。正解者の中から抽選で1名様にスペシャルデザインヘルメット(非売品)を差し上げます(ウソ)。P1100001

おなかも満タンになったので、一路手賀沼を目指しますが雨がポツポツ。まだ本降りになる前ですが、どうにか手賀沼につくころには本格的な雨になる兆し。そそくさと解散し帰路に着くが北柏駅前にくると結構降り始めた。みんな大丈夫かな~。クルマでKAKAPOさんあたりつかまるかもしれないと思ったが、家人が使用中に付きどうする事も出来なかった。

寒さと雨と自転車の不調さえなかったら、楽しいポタだったのに...難しいものですね。ま、リベンジはいつか必ず。

蟲師 9巻読了

蟲師 9 (9) (アフタヌーンKC) Book 蟲師 9 (9) (アフタヌーンKC)

著者:漆原 友紀
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

9巻読了。

相変わらず漆原さん、独特の世界観作り出してます。さて、この「蟲師」だが、昨年(だったっけ?)映画化もされましたし一昨年(だっけ?)深夜枠でアニメも放映されていました。アニメ放映とほぼ同時にこの作品を知り、それ以来はまってます。ただ、月刊誌連載という事から刊行ローテーションが結構長い。にも関わらず久しぶりにこの人の作品を読むと、しばらくぶりであることなど忘れてぐいぐい引き込まれます。

テロップだけでなく絵の描き方がまた良いんです。特に表紙やカラーページは水彩画を用いていて、作品のなぞめいた雰囲気をうまく表現していると思います。この人の初期の作品集フィラメントでは、線の細い少女漫画(今更古い表現?)のようでしたので、やはりこの作品に独特の世界観を与えたかったのでしょうか。

フィラメント―漆原友紀作品集 (アフタヌーンKC) Book フィラメント―漆原友紀作品集 (アフタヌーンKC)

著者:漆原 友紀
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

基本的に1話完結の本作品。いきなり9巻を読んでも理解できますが、背景を知っておくとより深く楽しめます。設定は100数十年前の日本(のようなところ)。生物なのか、はたまた「霊・妖精」のようなものなのかよく分からない存在である「蟲」。基本的に人間とは全く異なった世界(文明化されていないところ)に住むが、時として人間の生活に干渉し(いや、人間の生活領域が蟲の世界に踏み込んでいるのか?)良くも悪くも影響を与える事がある。

最悪の場合には人間の生命が脅かされる事があるが、それを制御して治癒に向かわせたり、蟲の本来あるべき姿へ返してやる存在として「蟲師」がいる。蟲師の一人である主人公ギンコが全国を旅しながら蟲により困っている人々を助けていくというストーリー。もし未体験の方は何巻からでも良いのでお試しあれ。普通の「漫画」とは違う大人向けのエンターテインメントを堪能できると思います。

蟲師 (1)  アフタヌーンKC (255) Book 蟲師 (1) アフタヌーンKC (255)

著者:漆原 友紀
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

蟲師 (2)  アフタヌーンKC (284) Book 蟲師 (2) アフタヌーンKC (284)

著者:漆原 友紀
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

蟲師 (3) Book 蟲師 (3)

著者:漆原 友紀
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

蟲師 (4) Book 蟲師 (4)

著者:漆原 友紀
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

蟲師 (5) Book 蟲師 (5)

著者:漆原 友紀
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

蟲師 (6) (アフタヌーンKC) Book 蟲師 (6) (アフタヌーンKC)

著者:漆原 友紀
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

蟲師 (7)  アフタヌーンKC (404) Book 蟲師 (7) アフタヌーンKC (404)

著者:漆原 友紀
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

蟲師 8 (8) (アフタヌーンKC) Book 蟲師 8 (8) (アフタヌーンKC)

著者:漆原 友紀
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

2008年3月29日 (土)

洗脳 パート○

本日は実家の姉を巻き込んで、野田市内ポタへ。

まずは野田へ向かう前に時間があったので手賀沼~栄橋付近を走っているとメールが。「予定が早く終わったので早く来ていいよ」。わぉ、ここからゆっくり行けば予定通りの時間よりちょっと早目かな?というくらい野田から遠いところでの連絡、どうもありがとう。

そこから北を目指すが、今日は結構風が強いじゃないの。懸命に漕ぐが(でも若干明日のために体力温存モード♪)速度はやっと時速20kmいくかいかないか。結局実家に行くまでに50km走行。

さて、以前KENさんが教えてくれた道、国道16号を突っ切って利根運河へ。多少風は強いが西を目指す。風は別にしても天気はよく暖かいので散歩や自転車の人出は多い。一瞬運河駅の向こうは花見客で大混雑か?と思ったが、心配したほどではなかった。P3290022

あ、ちなみに姉貴のバイクはブリジストンのクロスファイヤー。これは入門用としてはMTB並みのギア比とフロントサスペンションで(若干重いが)乗りやすいと思う。フォルムも「いかにもスポーツバイク」風ではないので初心者はとっつきやすいかな?

さぁ、とりあえず江戸川CRまで到達したところで一休み。で、これからどこ行く?ということになり、ない知恵を絞っていると「そういえば愛宕駅の近くに古い家を改造した喫茶店があるんだって」と聞き、速攻で行く事にきめた。

しかし、場所がよく分からない。仕方がないので恐らくこの辺だろうと思うエリアで自動車販売会社にて道を尋ねる。店の名前も知らないのに丁寧に教えてくれた。すてきなおばさま(ヨイショ)の案内どおり走ると難なく到着。なるほど、これは古そうな家だ。003

どうやら店の名前は「furacoco」というらしい。ホームページもチェックしてみて!てっきりお茶だけと思っていたが、ディナーや軽食も扱っている。このお店、前評判どおり古い家を良い感じに作り直しているのだが、なかなかただ古臭いという感じではなくバランスよく改造している。

004

P3290027 

お店の中にはギャラリーもあって手作りの陶器や服なども売っている。

ケーキセットを注文し、自転車で疲れた身体に栄養上げます。005

ちなみに、ここのお店の写真は自分も同じように撮ったのに、ほとんど姉貴が撮影した画像を使っています。自分で撮ったのはなんだかアングルが悪かったり、ピンボケだったり... 姉貴Thanx!

実家まで帰ってから、利根川CRで自宅へ向かうが帰りは追い風のおかげでかなり速度が出せました~。でも、明日のポタもあるためそれ以上走らずに帰りま~す。

走行距離:90km

脳内BGM:森のクマさん(姉貴のメール着信音)

2008年3月28日 (金)

山を飛び、谷を越え~♪

春の異動や計画にからんで、今週は外で食事する機会が多い。

少人数で行く場合はバリバリの居酒屋で焼酎をチビチビやるのが好み。団体さんの場合は自分のわがままを通すわけにはいかないので、時にはイタリアンなどとしゃれこむこともあるが、根本的に肩こるんだよね、そういう店は。

でも、ヨーロッパの人に聞くとマナーの根本は「たのしく食事をいただくこと」。ま、この友人だけがそう思っているのかどうか分からないが、マナーにばかり気をとられて食事を楽しめないのは論外だ というような話をしていました。もちろん、他の人に気を配りながらね。

昨晩も同僚と旨い芋焼酎をいただき、良い気持ちになったのでした。

さて、そんなことで恒例の朝練、サボリ気味~(最近慢性化してきてる...)ですが、今朝は雨の落ちてきそうな雰囲気の中手賀沼を走りました。今朝の脳内BGMは『忍者ハットリくん』。なんでだ?タカ&トシの髪の毛の短いほうはハットリくんに似てるよね。

さぁ~今週末は①単独ポタ ②TEAM_STROLLERポタ とお楽しみが待っている。でも、花見客にぶつからないように気をつけよっと。

2008年3月25日 (火)

やっと江戸川の菜の花に出会えた♪

今日は会社をサボって所用を済ませるためにアチコチ駆けずり回る。まずは、恒例朝練に出かけるがすごいキリだったね~。手賀沼はほとんど視界数10mと危険な状態だったが、人も少なく何事もなく走ることが出来た。わずか10分も走ると自転車の各所は水滴だらけ。P3250004 P3250006

ライトまで点灯しないと危険を感じたほどのキリで、各交通機関も今朝は乱れたようですね?サボったので知りませんが...で、30日に集合する予定の手賀沼CR自動販売機でパチリ。P3250001

すんごいですね~。でも、なんかいつもと違うコースを走っているようで不思議な感じでした。湖面を覗いてみても遠くまでは見通すことが出来ません。P3250002 P3250003

そのまま所用を済ますために北柏駅前へ。一旦帰宅すると、今度はカミさんと一緒に湖北駅へ向かいます。手賀沼経由で向かいますがもうこのころは気温もぐんと上がり晴れています。急に気温が上がったからか、少し風が出てきたようですがカミさんもがんばってこぎ続けます。用事を済ませ、遅い昼食を天王台駅近くのパン屋さんへ。「石釜パン工房 Pan De Molde」は以前からのお気に入り。店内及びテラスにイートインスペースがあり、コーヒーも無料で頂く事が出来る。P3250007 P3250009

二人で食べるには多すぎ?でも自転車に乗った後だからいいでしょ。コーヒーもお代わりして満足です。

パンのお土産を春休み中の娘たちに給餌するため一旦帰宅し、いよいよ自分の時間です。再び1人で利根川CRへ向かいます。南寄りの風のため、順調なペースで北上します。しかし、江戸川に比べると菜の花の開花は遅いのでしょうか、それとも菜の花自体が少ないのでしょうか、それほど咲き乱れているというほどではありません。

そのまま利根運河CRへ。いつものクセで南側を走ると今月一杯で工事完了予定の舗装を一生懸命やっているところです。おかげで途中土手の下を走らされることになりました。このペースなら予定通り舗装工事は完成しそうです。年度内に工事完了できそうで良かったね~。

そしていよいよ江戸川CRへ。思ったとおり常磐自動車道を越えたあたりで菜の花群生地発見!ものすごい密度で思わず停車し、写真撮影です。P3250019 P3250020 P3250021

最後の写真は自転車を寝かせた時に偶然からみついたぺんぺん草です。かわいいね。なんとなくつけたまんま走り続けました。

流山へ行くとみくまさんの記事にあったSwacchiが南流山の駅近くにあることを思い出し、場所は全然分からないのにブラブラ探していると偶然発見!停車し店頭のGIOSのシティバイクを眺めていると接客中にも関わらず店長が出てきて挨拶してくれた。以前オッティモでヘルメットを購入した時の事をおぼえていてくれたようだ。嬉しいですね。

ただ、スタッフが店長1人できりもりしているようで(時々お手伝いが来てくれるそうだが)非常に忙しそう。その日もGIANTのクロスバイクの調整をお客さんとしていて、合間に声をかけてくれたのがうれしかったな。

結局会社をサボったくせに100km走ってしまった。ホントに大事な用事があったのか?という距離ですね。

2008年3月24日 (月)

昨日は疲れてバタンキュー

3月23日はさがみ湖ピクニックランドにてアウトドアバイクデモ2008に行ってきた。今回初めて参加したこのイベント、22日はロードバイク、23日はMTBの試乗がタダで出来る!というわけで、普段なかなか乗ることが出来ないMTBに乗るべく朝7時に自宅を出て向かった。

快調に飛ばして(チャリじゃないよ)8時半過ぎに到着。子供たちは別行動(自転車に興味なし)なので途中で分かれてカミさんと会場である総合グラウンドへ。既に多くの人が集まっている。駐車場のすぐ近くにもMTB用のコースがあり、この日は別の団体がイベントでもやっていたのだろうか?ちょっと違ったオーラが染み出していた。P3230004

まず最初にエントリー手続きを済ませ、カミさんのためにヘルメットを借りる。ただし、1時間経ったら返しに来なければいけない。これは、貸し出し用ヘルメットが不足している場合でも大勢の人が利用できる良い方法だと思う。普通のヘルメットと、BMX用のような丸っこいヘルメットがあり、カミさんは最初「いかにも」的なデザインはいやということでBMX系に手を伸ばしたが、小さかったのかあるいは大きさ調整が出来ないからかあきらめ、ピンクのヘルメットを借りることに。P3230008_001

さあ、いよいよ試乗です。この日のために乗ってみたいバイクリストを作っていった。実は乗りたいリストはどんなに逆立ちしても買えないようなバイクは除外した。あわよくば次の購入のために参考にしても良いと思ったからだ。が、正直に白状すると、全く役に立たなかった。理由その① 実物を見ていると思わず乗ってみたい!と思ってしまったこと   その② 各メーカーのブースでは試乗車は各1台しか準備していなくて(当たり前か)借りようと思ってもそこにないことが多い。

せめてリストがなくてもそこそこの値段だったらいいな~と思っていたが、メーカーによって(例えばGIANT)車種と価格を書いたプレートがバイクについているものと、そうでないものがあった。それでは、実際に乗ったバイクをレポートしてみよう。

【KONA】たぶんSTAB DELUXE ¥354,900P3230006

いきなりダウンヒルバイクに乗ってしまい、ちょっと後悔。だってコースがどういうのかさえ分からないのに走ってしまった。当然上り坂はもうイヤというくらい疲れた。しかし、ストロークの長いフロントサス+リアサスでめちゃくちゃふわふわ。しかし、こういうバイクは特殊だな~と思った。ぱっと見、サドルが高そうだったので下げてもらったが、普通のMTBよりも感覚的に高さを決めたら下げすぎた~。

【GARY FISHER】PARAGON ¥260,000P3230012

ちょっと高いとはいえ、今日乗った中ではいちばん手の届く可能性がある価格。ハードテールで29インチ。こりゃ~かなり軽くて、本日のハイコストパフォーマンス賞受賞という感じ。シフターの操作感はいいんだけど、変速する時にちょっとタイムラグがある感じ。ま、街乗りには関係ないけど。29インチのタイヤは悪路の走破性も高いというが、むしろこれで舗装路を走っても気持いいだろうなと思った。加えてサスも硬すぎず柔らかすぎず。デザインもなかなかです。

【GIANT】Xtc COMPOSITE0(ゼロ) ¥651,000M0722057_l

こりゃ~良い感触のはずだよな。65万だって。ま、値段は考えずに自分に合う感触でリポートしましょう。え~今日乗ったのは全部ディスクブレーキだったけど、こいつは一番ブレーキの感触が良かった。敏感すぎずにコントロールしやすく、かつきっちり効く。KONAのダウンヒルに比べれば細いのだが、2インチのタイヤってこんなに太かったっけ?と感じるほど、全体的な印象は「ごっつくなく、シャープ。だけどちゃんと(オフロードを)走れる」という感じ。加えてハードテールのクセにしなやかで、ゴツゴツのMTBという感触がない。カタログ見たら9.4kgなんだってさ~。

【ANCHOR】(たぶん)XNC7 Elite ¥300,000P3230027

クロモリフレームのシルエットに惹かれて試乗。しかし、ジオメトリックがあっていないのか、乗った瞬間から操作性が良くない。見た感じはそんなにおかしくなさそうだけど。やっぱり自分の身体に合った自転車が大事なんだな~と思った。また、上り坂で後輪にトルクがかかると滑ってしまい、なぜか印象が良くなかったな~

おまけ【KHODAA BLOOM】(たぶん)CS 2.4 ¥36,750P3230011

カミさんが乗れる自転車を と思い、借りてみる。ママチャリユーザーのカミさんにとってはなかなか乗りやすいようだ。しかし、ブレーキレバーが遠い!と怒っていた。このVブレーキと比べるとやっぱりディスクブレーキは良く効くな~と再認識。

さあ、バイクのレポートは以上の通りだが、改めてMTBの役割が未舗装路の走行ということを再認識(当たり前じゃ~)。自分がちょこちょこ未舗装路っぽいところを走るのと、ほんとの山道に分け入るのは次元が違うね。やはり今乗っているRockでは限界があるし、自分の体力もついていけないような気がする。おかげで翌日は今までにない筋肉痛。

う~ん、今回のイベントでMTBよりもロードバイクのほうが自分に合っているのだろうか?と思い始めている。あるいはランドナー?

さて、このイベントは試乗だけでなく、ステージ上でいくつかのサブイベントも開催されていた。まずは恒例じゃんけん大会。超生活臭のする『おコメ』からバイク(フレーム)までかなり豪華な賞品を含むもの。そして桜井選手によるバニーホップショー。いかにもな展開で、自転車に乗り「高く」「遠くへ飛ぶ」ショーだ。実際に目の前で見るとなかなか迫力があるぞ。最後に握手してもらい、こんなのももらった。P3240001 P3230019

P3240002_2 イベント当日は天気もよくほんのり日焼けとムシ刺されで、春を感じた休日だった。

2008年3月22日 (土)

ホームコースを3日分 走る。

本日は朝から手賀沼サイクリング(ソロ)である。実は定期通院している医者へ行く前に走り、およそ50分走った。平日の出勤前とは異なり、同じ手賀沼1周でも(とは言っても、南側の往復)心に余裕があるのか、周囲の景色をじっくり楽しむ事が出来、なお一層春の到来を強く感じた。

アレ?せっかく気持ちよく走った後にかかりつけの病院へ行ったのに、臨時休診でやんの。これでは2日前から切れている薬どうすんだ~。もうヤクが切れて、ヤバイ!

ま、仕方がないので一度自宅へ帰りフロントディレーラーの調整をして、再度手賀沼へ。3/4周して道の駅で自宅へTELするとカミさんがママチャリで出動するという。ずっと道の駅で待っているのはヒマなので途中まで迎えに行くが、北柏まで行っても遭遇しない。あれ、気づかないうちにすれ違ったかな?と思い、道の駅へ戻るも見当たらない。仕方がないのでもう一度北柏へ行き橋のたもとで待つが一向に現れない。

ふと気づくと携帯に「公衆電話」からの着信履歴が。ってことは、携帯を忘れて電話してきたな。それなら道の駅にいるだろうと考え再度追い風に押されながら向かう。時速28km巡航か?休日・日中の手賀沼CRではちょっと危険だが気をつけながら進む。

やっと会えた家人と一緒にお茶を楽しむことができた。P3220013 P3220014

その後野田へ行く用事があったため午後2時過ぎに利根川CR経由で行こうと思い一般道を走っているとサスケハナさんご夫妻に遭遇。全く予定せずに偶然サイクリング仲間と会うのはこれが初めてなので、エラク感動する。ましてや夫婦の大先輩として目標としているサスケハナさんご夫妻である。少しだけお話しさせていただいて、利根川CRが追い風基調である情報をゲットし、分かれる。

あ、その際、チームのステッカーを新たな場所へ貼り付けたことを報告した事はいうまでもない。今回(というか明日)自分のバイクには乗らずヘルメットだけ使用する場合のことを考え、どうしてもヘルメットにチームステッカーを貼りたかった。そこで、端っこをカットしてなんとかカッコつくように貼ったつもりですがどうでしょうか?あまり芸術的センスがないのですが...P3220016 P3220017

結局今日の走行距離は遠くまで行っていないのに80kmほどになってしまった(アレだけうろちょろすればね)。

2008年3月20日 (木)

天使の歌声

今日は娘が通っている学校の吹奏楽部の定期演奏会。この時期ゆえ名実共に3年生にとっては最後の演奏会となる。ちなみに娘はゲスト参加しただけなのであまり詳しい内容や写真を掲載するのは差し控えたい。

さて、演奏会は3部構成になっており、第一部で今までの練習の成果の中で最新のものを披露。なかなか迫力のある演奏だ。マーチ風の曲というのは好きなほうなのでオープニングから結構お気に入り。

そして第2部。ここでは楽器ごとのソロやカルテット(あれ?5人衆だったかな?)とパートごとの練習成果の披露。そこに娘たちの合唱がジョイン。普段の合唱ではちょっとカタイ感じがあるが、吹奏楽部はジャズやロックの要素を取り入れやすいので音楽を「FUN」しており、その好影響が出たのかこの日はリラックスした感じの演出もあり、なかなか良かった。

最後はアンコールも交え多くの曲を演奏。先生の演出か、最後の曲では演奏中に3年生の名前を読み上げる。1人1人確認するように。これでジンときました。直接自分の娘は関係ないとはいえ中学生の努力の結晶を見ることができて、(自転車には乗れなかったけど)良い休日となりました。

今日は雨だけど(orz)週末は晴れるべ!

2月27日の記事に春の予定を掲載した。既に自転車のヘルメット展を見に行き、かわいいリフレクターをゲットした。P3200035

続きを読む "今日は雨だけど(orz)週末は晴れるべ!" »

2008年3月17日 (月)

思い出しました。手賀教会堂にあるイコンの作者

思いっきり私信です。サスケハナさんの奥様へ。

手賀教会堂で週2回公開されているイコンの作者は『山下りん』さんでした。今の笠間市出身の方です。よくみたら自分のブログに自分で書き込んでました。す~ぐ忘れちゃうんですよね。あ~恥ずかしい。P3010011 P3010013

2008年3月16日 (日)

週末は多忙だっちゅうの、でも楽しい♪

休日の日曜日、本日はいろいろと忙しいのである。時系列的に紹介しちゃうぞ!

【8時:約束した手前一応行ってみる】

KAKAPOさんがTEAM_STROLLERのステッカー配布ポタを企画してくれて、集合場所は手賀沼の道の駅。地元のオレとしては「どんなに早い時間でもOK!偶数時間に集合しよう!」と豪語した手前、朝7:30過ぎに自宅を出て8時ちょっと前に道の駅へ。しかし、花屋も直販所も開店前だしチャリダーもほとんどいない。唯一道の駅裏側(手賀沼側)のスペースにどこかのチームが集まっているのみである。前日に比べて涼しいためか人の出足もまばらである。

【ヒマつぶしにゆうゆう公園に行ってみる】

次の集合時間は偶数時である10時。2時間もあるが、逆に言えば2時間後にはココに戻ってこなければならない。そこで、よく休日に遊びに行くゆうゆう公園のMTBコースへ。以前も紹介したがGTのMTBを借り、無料で遊ぶ事が出来るのである。ちなみに子供用には小ぶりのルイガノのMTBも用意されていてなかなかポイント高いですよ、ここは。P3160002 P3160001

いつも乗っているGTのMTBがコレです。ちゃんと整備もしてあるので安心して乗れますよ。なんたって無料ってのが嬉しいですよね。ゆうゆう公園から帰ってくる途中、近くの浅間橋のたもとで白鳥を見かけました。もう暖かいからシベリアに帰るのかな?P3160004 P3160003

【みなさんと合流】

そして10時前に道の駅に行くとやっぱりKAKAPOさんが。いわく「誰か早めに来るかと思って早く来ました」とのこと。自分と全く同じ考えで、2人で歓談しているところにサスケハナさんご夫妻、kaccinさんと登場しご挨拶。地元の自分が案内する事になり、みんな行けそうでなかなかたどりつけない旧手賀教会へ。みごとな藁葺き屋根ですが、チーム東葛では藁葺きフェチが居るようで、もっとスゴイ屋根も知ってるんだろうな~。ま、とりあえずkaccinさんにルートを教える事が出来たので良かったです。また、サスケハナさんも道を覚える勘が鋭いようなので、すぐに覚えられる事でしょう。P6030089

この写真は去年1人で行ったときに撮った写真です。このころはまだ屋根を葺き替える前ですね。

そうそう、いくら手賀教会を見に行くためとはいえ、急坂のどろだらけの道をみなさんに走らせてしまい、申し訳ありませんでした。今度はも少し道が乾いている時に行きましょう。

【いよいよステッカー配布】

前回のステッカー配布ポタに参加できなかったサスケハナさんにステッカーをお渡しするというのが今日の目的なので、道の駅に戻って配給作業です。これはKAKAPOさんのお役目ですが、今日も「1枚60万円です」というオヤジギャグが炸裂し、小切手小銭を用意するサスケハナさんの奥様でした。

ほぼお昼ですし、気温も暖かくなってきたのでみんなでミニピクニック。サスケハナさんの奥様がおいしいお菓子を用意してくれました。いつもありがとうございます!おまけに今日は素敵な懐紙まで用意していただき、気分はすっかり裏千家です。P316000605 P316000706

記念に持ち帰ったところ、カミさんは「ステキだね~、これなら私もついていけば(ママチャリで?)良かったな~」と言っていました。

そうこうするうちにKENさん登場!今日は久々のMTBなので最初気づきませんでした。ロードと違ってMTB独自のメカニカルな部分に改めてみんな興味津々です。恐る恐る103⇒KAKAPOさん⇒サスケハナさん の順にまたがらせてもらいましたが、やっぱ「カチッ」としているバイクは良いですね~。特にシフトのスムーズさとディスクドライブの微妙な感触は自分のMTBとはまた違う次元の良さがあり、感動しました。

アレ?KAKAPOさん、不整路でもガンガン走れて、かつ、これだけフィーリングの良いバイクならロードよりも良いんじゃないの?

ちなみにこれはKENさんのMTBを子供のようになめまわしている大人の図です。P3160007 あ、サスケハナさんご夫妻ですね。

このあとはそれぞれ午後の予定があるため分かれました。ウチは少し早めの墓参りに都内まで出かけましたが、日曜日の東京は空いてて良いですね。クルマを運転しながら、『ココを自転車で走ったら楽しいだろうな』なんて考えてました。

キャベツはカレーに混ぜてね

15日の土曜日は特に大きなイベントがあるわけでもないのに忙しいという休日特有のパターンになりました(え?こういうパターン、オレだけ?)。

【朝のポタ】朝手賀沼を走ります。8時過ぎに自宅を出たのでもう暖かくて、ウィンドブレーカーは走り始めて10分で脱ぎました。その暖かさゆえ手賀沼周辺の花々もきれいです。道の駅付近で上着を脱ごうとして停車すると、なにやらいい匂いが。ジンチョウゲです。P3150001 P3150002

なにやらカンバンがありましたが、う~んよく読めないなー。独特の香りをしばし楽しみ、曙橋を目指します。冬とは違い風向きは南東というところかな?そよそよと吹いており、時速20km以上で走ると抵抗があります。でも冷たくはないので汗ばんでいる身体には心地良いですね。

今日は家族サービスその他もあり、おおたかの森まで出かける予定なのでいつもの手賀沼一周コースです。曙橋で折り返し、泉村新田付近の橋でこんな写真を撮りました。近所のブロガーも沢山レポートしてますから説明不要ですね。P3150005 P3150006 P3150009 P3150010P3150011

セグロカモメも沢山飛んでいました。それにしてもこの鳥は人に馴れてるね~、カラスなみだよ。花を楽しんで自宅へ戻ります。

【おおたかの森】自宅へ戻り、みんなの自転車に空気を入れなおしおおたかの森へ向かいます。いつものように大堀川経由で行きましたが、時間的にも犬の散歩をしている人など、結構な人の出がありましたね。

SCまで行き、友人の出産祝いを買ったり(懐かしいね~)、ホワイトデーのお返しを買ったり(遅っ!)しているとすっかり時間が過ぎてしまっていました。お昼には、(たぶんインド料理の店を除いて初めて)カレー専門店に行きました。800円以上のカツカレーが500円(限定)と安かったので食しましたが、なぜか同じ皿にキャベツが付け合せてあるんですね。店の人がヒトコト、「キャベツはカレーに混ぜてお召し上がりください」だって。キャベツにはソースをかけるのが好きなんだけど。ま、しょうがないか。

帰り道ちょっと足を止めて梅を撮影。相変わらず東よりの風で、娘はちょっと辛そうでした。P3150019 P3150022

【自転車掃除】冬の間は寒くて、表面的にしか自転車をクリーンアップしてやれませんでした。そこで、こないだ買ってきたクランク抜きを駆使してBB周辺をキレイにしてやることに。P3150027 P3150024

うわ~、汚ね~。見えない部分をちゃんと掃除してやんないとね。MTBメンテナンスマニュアルに従って、チェーンリングも分解しようと思ったら、アレ?分解できません。やはり安物のMTBだとダメですね~。おかげでペグスパナは無用の長物となってしまいました。ま、そのうち使うこともあるでしょう。

この時にしっかりディグリーズしたうえでチームのステッカーを貼りました。丸いのは当初の想定どおりトップチューブの上に。これで自転車に乗っているときは常にチームと一緒ですよ!P3150017 P3150018

2008年3月14日 (金)

あ~広告塔

千代田線湯島駅のすぐ近くにYONEXがある。そう、いまをときめく石川遼プロの所属する会社だ。実は「あ~こんなとこにYONEXがあるけど、営業所か何かかな?」と、つい最近まで思っていた。でも、実はここが本社のようです。

で、湯島駅のホームに立っていると線路向こうの壁にはYONEXの広告が沢山ある。つい先日、このうちのひとつが石川遼くんの広告に変わっていることに気づいた。

元来さわやかさを売りにしている(?)彼のこと、広告も初々しくて元気はつらつという感じである。いちおうゴルフクラブを持っているが、彼の全身が写っているけど製品であるウェアやクラブをことさら強調しているものではない。彼の性格にあわせてさわやか系にキメたのか?

別にYONEXの回し者でもなんでもないし、サイクルグッズを作っているわけでもないのでほとんど接点はないのだが、HPを見ていたらスノーボードも作っている事を知った。YONEXのスノボー...あまりピンとこないな~

ま、でも石川選手は嫌いじゃないし、松伏出身でなんとなく親近感が沸くのである。

いよいよ

本年度の「桧原湖一周ファミリーサイクリング」の公式HPに告知が始まりました。

今年は5月25日(雨天決行)のようです。え~、今日はちょっと古い知り合いと飲みに行き盛り上がってしまったので、改めて記事をアップしますが、TEAM_STROLLER、オレの友達、参加したい人が居たら考えといてください。

ちなみに、自分は仕事の都合で問題なければ極力参加する方向です。詳細は上記リンクで。

2008年3月12日 (水)

春~

ここのところサボリ気味だった朝練を再開した。なぜか最近暖かくなって朝起きるのは辛くないはずなのに起きられなくなってしまった。以前は5時前から目が覚めてたのに...

会社の花粉症仲間(?)と話したときに、鼻が詰まって熟睡できないのだから眠いのは当たり前 という結論に達したので、朝寝坊は花粉症のせいにしてしまおう。

しかし、ちぇん太さんもジテツウ再開とのコトなので負けてられない!久しぶりに朝、手賀沼を走ったらなんかヘン。考えてみると今までとは風向きが違うのだ!手賀沼西端に自宅があるため、冬の間北西の風の中自転車に乗ると、「行きは良い良い、帰りは怖い」風向きだった。でも今朝は往路のほうが風が強くて辛かった。

それでも手賀沼周辺は草木の色が変わり始めているし、一部の花は咲き始めている。空気も暖かいので半レーパンでもOKでした!

2008年3月10日 (月)

こんなの食べた

今日、こんなチョコを食べた。P3100002

若いころはチョコは好きじゃなかったけど、最近はあれば食べるようになった。トシ取ったんだろうな~。そういえばオヤジもこれくらいの年代には夕食後に大福食べてたりしてたっけ。自分も食欲旺盛だけど、自転車に乗ってるだけマシかな。

別に特に美味しかったわけじゃないけど、入れ物が自転車の小物入れにいいかも。

傷に貼るとこんな感じ。P3100001

モデルはカミさんね。(手タレってやつ?)

2008年3月 9日 (日)

ゲットしたが悩む...

本日はTEAM_STROLLERのステッカー配布ポタだ。KAKAPOさんの呼びかけで12時頃寅さん記念館周辺に集まる事に。

続きを読む "ゲットしたが悩む..." »

2008年3月 8日 (土)

おかしいだろ!?

我がキングネタの重要な情報源であるtkrさんのブログで、以下のような記事が取り上げられた。

つまり、猟奇的な殺人や銃による殺人などを犯す人が『何に』影響されたかということである

続きを読む "おかしいだろ!?" »

ヘルメット展

本日は、科学技術館まで「自転車のヘルメット展」を見学してきました。なんたって『無料』っつうのが嬉しいですね。

続きを読む "ヘルメット展" »

2008年3月 7日 (金)

ヤバイ

今週アタマから出張でブログ更新サボっていたら、アクセス数激減!!!!

ヤバイです。あわててネタを考えているのですが、こういうときに限って浮かびません。

あ、潮風サイクリングは今のところKENさんだけが参加表明中です。間もなく申し込みをしちゃいま~す。

2008年3月 2日 (日)

巡礼の旅(んな、大袈裟な)

今日は湯島天神へ行きました。うめまつりでした。Photo_2

なんと湯島天神の近くに勤務して10年以上、初めてうめまつりに来ました。普段の日から境内にはたくさん出店が出ていて休日の人ごみはある程度予想していたのだが、なにせいつもは朝と夕方しか通らないわけだから、実際に見てみると結構大勢訪れて梅を楽しんでいる。

P3020006 お参りしようとしても人が多く、数十人の人の後ろに並ばなければならない。もちろん今回の目的は「TOKYOセンチュリーライドの抽選にもれないように神頼みする」ということなので大枚はたいて(ウソ。気持ち、イロつけて)お願いする。『どうかTEAM_STROLLERがイベント参加できますように!!!』

その後は境内の梅を楽しむ。先週そこそこ暖かかったのと、土曜日も気温が上がったため結構咲いていました。P3020004 P3020008 P3020009

また、まつりのイベントとして裏千家の師範が野点を行っていました。娘も以前ちょっとだけかじったので「頂けば」と勧めたが、「もう忘れちゃった」と遠慮していた。P3020010 P3020011

お、そうそう、ひとつ忘れちゃいけないのは「うさぎやさんのどらやきを食べた」こと。何を隠そうちぇん太さんから以前教えていただいたお店である。その時一度買って帰ったんだけど、冷めてしまったためおいしさがイマイチだった。しか~し、今回は違うゾ!なんと自分は自転車で、家族は電車で湯島で待ち合わせたのだが、30分以上早く着いたので、うさぎやさんで仕入れていたのであった!

そして、初めての出来立て暖かいどらやきをいただいた。P3020013 これはまるで前回のとは別の食べ物のようだ!ほんのり暖かくて生地がふわふわ。そのなかに入っているアンコはくどくなく、控えめな甘さで生地のおいしさを引き立てている。こりゃ~ファンにはたまらない。今日買いに行った時も朝10時過ぎだというのに店内は出来上がりを待つお客さんで一杯。他にも桜餅とか春の和菓子があったようですが、とりあえず今日はどら焼き一点に絞って楽しみました。

梅は、いろいろな種類が所狭しと咲き誇っているが、種類ごとに開花が異なり、また育つ場所にも影響されるのか、既に終わりかけているものからつぼみが大きく膨らんでこれから咲き始める梅など、いろいろなものがありました。P3020020 P3020022 P3020024 P3020018

その後上野に出てアメ横見物し、昼食、お茶をしてみんなと別れ帰路につきました。

片道およそ40km。こりゃ毎日ジテツウしたらグロッキーで仕事どころじゃないでしょうね。おまけに都内は人が多くて(自歩道を走らされるケースが多く)走りにくい。平日はこれに車の渋滞がプラスされるのだろうな。

ま、そんな中お参りも無事済みましたのであとは結果を待つのみ!

潮風サイクリング!(業務連絡)

さて、いよいよ3月2日(今日じゃん!)から千葉県サイクリング協会主催の「潮風サイクリング」への参加者募集が始まります。詳細はこちらのリンクを参照していただくとして、このブログをご覧になっている方で参加希望の方がいらっしゃれば、一緒に参加しましょう。

概要は下記の通り。

日時:2008年4月13日(日) 9:00集合 9:30スタート

集合場所:稲毛海浜公園サイクリングセンター

走行距離:約60km

参加費用:JCA会員1,500 円 一般2,000 円

と、なっています。

当初、自宅から自走で行く事も考えたのですが、印旛沼経由では距離が長すぎるし国道16号を通り道の駅やちよ経由で行ってもほとんど同じコースをたどるだけなので、車載で行く予定です。私は昨年参加したので、同じコースだから迷う事はないでしょうcoldsweats01

気楽に参加できるように現地集合・解散で参加できる人がいればいかがですか?なお、参加費用はJCA会員と一般では異なるので(自分は非会員)各々申し込みというスタイルが良いかと思います。

昨年の感じだと、平均速度は時速15kmくらいのまったりしたペースだったと思います。ただ、途中未舗装路がある(1km以上?)ので選択肢があるのならロードバイクではなくクロスバイクやMTBが良いでしょう。自分はスリックタイヤ装着のMTBです。

今週末(3月8日)まで待ち、その時点での参加者全員「せ~の」で申し込めば全員参加出来る可能性は高いと思います。皆さんの参加表明をお待ちしていますbicycle

2008年3月 1日 (土)

午前も午後も手賀沼だ!

最近朝練サボっているため、手賀沼をあまり走っていませんでした。確か火曜日以来です。朝ゆっくり走り始め、10:00までに帰らなければいけないので水道橋まで往復して帰路へつく。さすがこの時間になるとオッティモグループに2回、チームはわからないけど10数人のグループとすれちがう。

午前の用事を済ませて昼食を取り、午後の部のポタへ。今度は夕方散髪に行くため中途半端な時間しかない。特にどこへ行く当てもないのでまた手賀沼を走り、浅間橋へ到達する頃にふとE-ponさんのブログに手賀教会の事が載っていたのを思い出し、そちらへ足を向ける。

続きを読む "午前も午後も手賀沼だ!" »

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31