カテゴリー

無料ブログはココログ

他のアカウント

Twitter

« 雨の中スタートです | トップページ | ハクチョー »

2008年1月13日 (日)

みんながんばるね~

2008年1月12日(土)は、スーパーママチャリグランプリという自転車イベントに参加しました。静岡にある富士スピードウェイをママチャリで走行し、順位を競うというイベントです。富士スピードウェイといえば、全長およそ4.5km、最大勾配(昇り)が8.88%(!)の日本屈指のモーターサーキットですが、ここをママチャリで走るって、誰が最初に考えたんだか...

Rc_photo

ま、我々のチームの走りを簡単にレポートしてみましょう。

新しい年が開け、7日から仕事始めの人も多かったと思いますが、既にこの時からレース当日の悪天候が予想されていました。始めは降水確率50%から始まったのですが、日を追うごとに確立がアップ。前日の降水確率に至っては100%。もう雨から逃げられそうもありません。ある静岡のブログ仲間からは、「今、金曜日の9時過ぎ。もう雨降ってるよ~♪」とのありがたい情報(汗)。

当日は朝3:00に自宅を出て会場へ向かいます。首都高、東名自動車道と走り進めますが、まだ雨は降っていません。どうせなら早く降って早く止んでもらいたいが、そうも行かないらしい。まさかこのまま雨が降らないでスタートか?なんて思いも御殿場で降りて5分走っただけでもろくも崩れ去った。

まだ日の出前なので漆黒の闇の中を会場へ到着すると、既に沢山の車が入場しています。コース利用料として、入場時に大人1,000円徴収されますが、カミさんがゴールド免許を持っていたので少しだけオトク♪

P1120001 パークして、チャリを出して、荷物を運んで、カーピットへ行くと既に他の参加者が場所取りをしており、ウチのチームは端っこのトイレ近くにこじんまりと居を構える。

テーブルやイスの設営などをしているうちに、いつのまにか8:30のレーススタート時刻を迎える。雨の中総勢500チーム以上が一斉にスタートする姿は圧巻だ!P1120007 いっちょまえにペースカーに先導されちゃったりして。

ここでウチのチームの紹介を簡単にしておきます。名前が「チーム・カラータイマー」。普段運動不足の各メンバー、3分走れば心拍数180まで跳ね上がるのではないか?ということで命名。終わってみればそれ以上の活躍をみなさんしてくれました。そしてメンバーの年齢構成は上が4?歳から8歳まで、普段ママチャリで買い物に行く主婦からアニメ・ゲームオタクの小学生まで、総勢9名で参戦しました。

まず、第1走者が帰ってくるとひとこと『いきなり3人転倒してたよ』とのこと。そう言えば開始早々救急車が出動していました。少なくともこの日は4回以上救急車が出動していましたが、実際はもっと多かったのだろうと思います。

で、転倒原因は何かというと、路面がウェットで滑りやすい事とスタート直後の急勾配下り坂にあったようです。冒頭、8.88%の昇り勾配と書きましたが、実は下り勾配はそれ以上の10.05%(公式HPによる)となっているのです。事実、自分が走っている時もこの下り坂で女性がバランスをくずして転倒していましたが、自分自身チャリをコントロールするのに精一杯で、後方で転倒している音を尻目に力いっぱいハンドルを握っていることしか出来ませんでした。

その急激な下り坂でバイクをコントロールするという偉業を成し遂げた後は、後半地獄の上り坂が待っています。使用したバイク(マシン名:オトッピー号)は内装3段変速付の自転車ですが、『シマノよ、ありがとう!』という感じでした。アノコースをシングルスピードのバイクで1周走りきることは到底不可能。それでもレース終盤ではローギアをもってしても、なかなか手ごわい坂でした。

大会要綱によれば、バイクのレギュレーションはそれほど厳しいものではなく、①カゴが装着されていること ②車輪は26インチ以下であること ③ギア付き可 ③サドル・ハンドル・ペダル変更可 ④メインフレーム及び駆動系の改造不可 ⑤装飾自由 などなど。

我がオトッピー号は内装3段付きの立派なママチャリ。さすがに後ろの荷台にあった幼児の乗車用カゴ(?)は重たそうなので取り外したが、それでも重量は20kg近かったのではないだろうか。

1度に走れる距離として大人は1~4周、子供は半周というところだろうか。コース中盤のヘアピンカーブのところで中継ピットのようなスタイルでライダー交代が出来るので、子供たちは自分がつきそっておよそ半周を走ったのでした。

走行中はもくもくと走るのみ、休憩中はもくもくと食べるのみ(笑)、ときどきトイレと関西系漫才。この日雨は降ったけど、朝のうちの気温はそれほど低くはなかった。P1120022ところがだんだん気温が下がってきたのか、待ってる間は寒いし、霧は出てきて視界は悪くなるし、でも、コース後半が昇り中心のためピットに帰ってくるメンバーは顔を高潮させていました。

この大会に参加しようと言いだしっぺの自分が最後の走行をしましたが、「時間的に2周走れば良いかな?」と思い、一見ママチャリとは思えない軽快車を追走し、後半上り坂でぶっちぎるという最大心拍数近くまで頑張ったのに、周回数を計測するマットの上を通過したのは、6:59:40ころ。当然7時間耐久レースだから、7時間経過した後に1位のマシンが通過したあとに各チームの順位が決まるわけで。アディショナルでもう1周走ることになりましたorz

もうさっきの走りで体力は残っていません。適当な自転車を見つけてちゃっかりドラフティングさせてもらいます。ところがコイツが結構早い。下り坂は離されそうになるけど、なんとかついていって上り坂ではローギアで高ケイデンス走行の嵐!TEAM_STROLLERのメンバーから学んだ走りが生かされました。

ケチョンケチョンに疲れてゴーーーーーール!ところが他のメンバーがゴールエリアに来てくれてると思ったのに誰もいな~い。ま、この人数じゃ見に来てても果たして見つけられるかどうか怪しいけどね。

P1120024 あ、でもこれオレ。2階の休憩室で見ていたメンバーが撮ってくれてました。アリガト。

結局、終日雨に呪われた大会となりました。まるで去年9月の野田100kmと同じです。自分が走った距離は45kmほどですが、疲れ方はハンパないです。

しかし、普段あまり自転車に乗ることがないメンバーも最後まで頑張ってくれたことに感謝。雨の中子供用自転車で走った子供2人に感謝。何もしないダンナを傍目に当日までの間準備・当日も会場設営などしてくれた奥様達に感謝。自分は走れないのに寒い中明るい笑顔で大人の気持をやわらげてくれた子供に感謝。小学生なのに4周も(!)走っちゃった子供に感謝。ジテツウで使っている自転車とは全く違うポジションニングにも関わらずダンシングしようとしたメンバーに感謝。

P1130004 P1130003 おかげさまで、こんな立派なトロフィーを頂く事が出来ました。最終的な順位は341位だったよ。これが良いか悪いかは別にして、みんなの協力があったので掴む事が出来たトロフィーです。でも、もう雨の中走るのはやめようね♪

« 雨の中スタートです | トップページ | ハクチョー »

コメント

パチパチパチパチ!
本当にお疲れさまでした。

そうでしたか。下り坂は気持ちよいのかと思ったのですが、路面が濡れていたら恐ろしいだけの下り坂になってしまうのですね。
怪我が無くて何よりです。

この時期、天気がよければ富士山が素晴らしい姿を見せてくれたでしょうに、雨&霧とは、まさに富士スピードウェイ日和(私達がレース観戦に行くと、かなりの確率で雨にたたられます・・・)で本当に残念でした。

でも、その雨のなか皆さんのチームワークで走りきった思い出は、忘れられないでしょうね。
本当にお疲れさまでした。風邪をひかれないようにお気をつけくださいね。

みくまさん、コメントありがとうございます。

『富士スピードウェイ日和』という言葉があるとは知りませんでした!なるほど、確かに急変する天候(雨が急激に強くなったりしました)、めちゃくちゃ濃~い霧、そしてホームストレートでの向かい風。

あのコースを満喫したってことですかね~。でも晴れの富士山も満喫したかったな~。

最初に走ったあとは、あまりの下り勾配と路面のウエット感に他のメンバーの転倒が心配でしたが、なんとか乗り切ることが出来ました。ここ1年間で2回転びましたが、絶対富士スピードウェイでは転びたくない!と思いました。

10さん、おはようございます。
無事完走!それが何よりです。雨の中でも仲間と走れば意外と楽しい?それは、野田100kmで経験済みですものね^^;条件が厳しければ厳しいほどチームの結束が強まり、感動も一入だと思います。あとは手賀沼走で疲れを癒し?皆さん、体調を崩さないように身体をケアしてくださいね^^

KAKAPOさん、今日も朝早くコメントありがとうございます。

そう!まさに野田100kmを髣髴とさせる「ツラさ」「雨脚」「寒さ」そして「達成感」でした。そしてサーキットを走るという普段出来ない経験をする事による喜び。モータースポーツがめちゃくちゃスキというわけではありませんが、コース上に車のタイヤ跡があったりすると「お~、すげ~」と思いますね。

よし、今日は手賀沼でリハビリ走だ!

10さん、たびたびどうも
フジテレビの「とくダネ!」で紹介されていましたよ♪
転倒シーンもあり…痛そうでした。
BBQをしている人あり…来年はBBQも用意しないとね。
ガチャピンあり…仮装も考えないと
(雨合羽が着られるキャラが良いかも^^;)。

KAKAPOさん、コメントありがとうございます。
へぇ〜テレビでやるとはすごい。

BBQというか、煮炊きすることはもちろん考えていましたが、火を使えるのが屋外のみで悪天候でやむなく断念。
本格的なテントを持っているグループはそこで作っていましたが。

仮装している人、居ましたね〜。個人的には手作りカラータイマーをイメージしたヘルメットに、仕事で使う青いツナギでウルトラ警備隊を表現しようとしましたが、合羽を着るのが最優先となり、仮装どころではありませんでした。そういえばピカチュウとかフンドシとかいろんな仮装がありましたが、寒さと衣装が雨で重くなって大変そうでした。

10さん、お疲れ様でした!
冷たい雨の中、大変でしたね、こっちまで寒くなります(*_*)
でも、みんなで楽しく頑張って、子供達にもいい思い出になったのではないでしょうか。
打ち上げも盛り上がってそうですね。
楽しいレポート、ご苦労様でした。来年もぜひまた参加して、レポートしてくださいね。

ちぇん太さん、コメントありがとうございます。

え? 来年?


...他のメンバーがまた出走する気になるかどうか、微妙です...

10さん、こんにちは。
今回のこのレポートを、とても楽しみにしていました。
期待に違わず、観戦しているような気持ちにさせられるレポートで、こちらも熱くなってきました。
この悪条件の中での「チーム無事故完走」、これが何よりの記念ですね。
おめでとうございます!
詳細レポート、ありがとうございました。

サスケハナさん、コメントありがとうございます。

だらだらと長い文を書いているだけですが、出来るだけ簡潔にまとめようとしているつもりです。でも、これだけ長くなってしまうのはやはり文才がないんだと思います...

それでも記事を楽しみにしてくださる方がいるというのはとても励みになります。ありがとうございます。これからも無いアタマを振り絞ってレポートあげるようにしますので、お付き合いのほどを。

 10さん、お疲れ様です。
 レギュレーションはそれほど厳しくはないとのことで、マシンによる差が大きく出てしまうことになりそうですよね。
 軽量26インチMTBあたりに前カゴを即席で装着し、SPDでも車検は通っちゃうんですよね?
 ちなみに車検ってあるんですか?

KENさん、コメントありがとうございます。

レギュレーション? 車検?
ぜ~んぜんユルユルでした。ただ、ウワサではたまたま発見されれば指導を受ける可能性はあるらしいです。

ちなみに我がチームのラップタイムは11~19分。トップチームのソレは8~11分。やはりマシンの差がかなりあるようです。

カミさんとも話していましたが、それなりのバイクでTEAM_STROLLERで走ったらそこそこ良い記録が残せるのでは? と思いました。もちろん「ママチャリ風バイク」でね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160447/9859357

この記事へのトラックバック一覧です: みんながんばるね~:

» 346.20km/h国産公道最速記録樹立!など気になる情報が目白押しですよ。  [カー用品、カー情報サイト,みんながんばるね~]
チューニングパーツ関連のお得情報満載サイトの紹介です。  チューニングパーツ情報=ハイパーアクセル   ●ハイパーアクセルとは?  ストリートから、ハイウェイ、サーキットまで、ユーザーのニーズに的確に応え、適正なチューニングを施すことのできるチューニングファクトリー、ショップ等の情報サイトです。 ●最新情報では・・・ トムス アルテッツァエアロパーツ・システム発売 ホンダツインカム S2000チューニング ... [続きを読む]

« 雨の中スタートです | トップページ | ハクチョー »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30