カテゴリー

無料ブログはココログ

他のアカウント

Twitter

« 生まれて初めて | トップページ | 近刊情報 »

2007年11月11日 (日)

秋の小旅行

11月3日、カミさんの携帯が鳴った。お友達のN家族から小旅行のお誘い。場所は栃木県。目的は「SLに乗って益子焼を物色しよう!」ツアー。もちろん我が家からは日帰りできる距離なので、快諾。
 
朝8時半ころ合流し、一路真岡方面へ。途中セブンでトイレ休憩するも真岡駅へ直行。ここには真岡鉄道がほこるSL列車が運行されている。先の読書感想「運転」読了 にも収録されているように、まさにタイムリーな選択だ。まず真岡駅について驚いたのは、駅舎がSLPb040055 なんだよね。
  
この日は休館だったようだけど、駅そのものは複合施設になっていてSLに関する情報をゲットできる模様。
駅構内にも昔の真岡駅と今のそれのジオラマがあって、Pb040060 なかなか楽しめた。 
 
 
そして、普通の駅にはまずない、『石炭』!これが駅にちゃんと保管してあるんだな。すっげ~。
Pb040083
真岡駅に着いたのが11時前後。時刻表を確認すると11:12に真岡駅を出て、益子駅に着くのが11:31。お父さん二人はカミさんと子供たちを残し、車を転がして先回りします。線路脇で待ち構えていると、遠くから汽笛の音が。しかし、まだ見えない。だんだん音が近くなってきて、ようやく汽車が表れた!Pb040092 
 
当たり前なんだけど、線路には電線が無くて(他の列車もディーゼル)、普通の電車とはちょっと違う。そしてその音。都会と違って周りは静かなのにSLの音は力強く響いていて、なんとも言えない感動だった。いや、これは実際に体験してみないと分からないね。Pb040095 でも、列車に乗った子供たちとカミさんは「客車は普通だよ。もっと板張りとかレトロな感じかと思ったけど」だと。 
 
あ、書き忘れたけど、土浦~真岡間の一般道を走っていると、ところどころ「つくばリンリンロード」が見える。サイクリングを楽しんでいる人もいて、非常にうらやましかった。今度は土浦まで車で来て岩瀬までの往復にチャレンジするか?
 
 
さてさて、益子駅でみんなを出迎えて、益子焼を見に行こうということに。地元人ではないのでとりあえず共販センターといういろいろな店舗が共同で入っている場所へ。食堂あり、益子焼(その他)の販売あり、焼き物(絵付け)体験あり。値段はピンキリで、安いのはほんと安くて、それでいて風情のある掘り出し物が結構あった。うちの娘は茶碗をゲット。
 
 
 
また、子供たちは焼き物体験を。Pb040125 ま、小学校のころの粘土製作のようなもので、形を整えて焼いてもらうというもの。ただ、焼くときにトラブルはつきもので、確実に割れないで完成するという保証はないそうだ。おまけに焼きあがると14%(微妙~)小さくなるということで、それも考慮しながら何を作ろうかかなり迷っていたようだ。でも小一時間も粘土と格闘してどうにかまともな形になったようだ。あとは焼き上がりを待つだけだ。体験料と送料あわせおよそ2,000円ちょっと。
 
 
おっと、そういえば焼き物体験する前に蕎麦屋へ行った。共販センター近くの「炉庵」というお店。店の入り口にはかわいいポストがPb040108 置いてあったけど、なぜ白?
娘が注文したのが鴨汁そば。若いヒトにはこういうメニューじゃないと物足りないだろうな。Pb040109 おいしい蕎麦屋のそばの量ってすくないもんね。 
 
 
自分はもりそばをチョイス。そば自体の味と香りがとてもおいしかった。
結局焼き物体験に1時間以上時間を費やし、そろそろ帰る時間だ。
 
 
およそ2時間以上かけて帰り、夕食は留守番していた長女をピックアップして国道16号沿いの「めん王」に。2食続けての麺だが、みんな全然OKみたい。私はたんめんにチャーハンをつけたが、これは多すぎた。
秋の休日、SLと焼き物とメン三昧の1日だったのだ。

« 生まれて初めて | トップページ | 近刊情報 »

コメント

103さん、こんにちは。
真岡・益子方面のご旅行記事、楽しく拝見しました。ご家族とお友達と、秋の観光・味覚を満喫された様子が、ナイスショットの写真と、ウィットの効いた健筆から、伝わってきて、こちらも楽しくなってきます。
素晴らしいブログをいつもありがとうございます。

サスケハナさん、恐縮です。

ナイスショットか、またウィットの効いた文かは分かりませんが、少しでも楽しかった様子が伝われば幸いです。

私にはサスケハナさんのような着眼するどい一文は書けませんので、こんな駄文でごかんべんを。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160447/8871826

この記事へのトラックバック一覧です: 秋の小旅行:

« 生まれて初めて | トップページ | 近刊情報 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30