カテゴリー

無料ブログはココログ

他のアカウント

Twitter

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月

2007年5月31日 (木)

CELL !

tkrさんのスティーブン・キング研究序説と名づけられたブログは、迅速かつ正確な情報源として非常に重宝させてもらっている。

そこに下記のような情報が更新されていた。

<<>>

2007年に公開が予定されている映画「CELL」の北米での公開日が決定した模様。
公開日は、2007年10月21日の予定。

「CELL」
監督:イーライ・ロス
原作:スティーヴン・キング
脚本:スコット・アレクサンダー、ラリー・カラゼウスキー
公開日:2007/10/21(北米)
製作会社:ディメンション・フィルムズ

なお、「CELL」の原作は2006年2月に出版されたスティーヴン・キングの長編小説。
翻訳は2007年に新潮社から白石朗訳で出版される予定。

<<>>

特に、「CELL」の原作は2006年2月に出版されたスティーヴン・キングの長編小説。
翻訳は2007年に新潮社から白石朗訳で出版される予定。
に注目。いよいよ新作が読める!ダークタワーシリーズが完結してからというもの、しばらく放心状態でしたがそろそろキング熱を帯び始めてきた。コロラドキッドも良かったが、長編新作である。期待は高まるばかり。ちなみにCELLは携帯のことね。

自転車の効能

昨年の秋から自転車に乗り始め、様々な良い面があらわれつつある。

1.体重減!:先日の会社の健康診断で前年より体重が約5kg減というのは既に報告しています。ただ、会社の健康診断って1年に1回でしょ。例えば血圧なんて1日の中でも変化してるわけだし、ましてやそのときの体調によってかなり差があるはず。簡単に視力を測るようにはいかない。そういう意味では定期的に測る必要のあるものがいくつかあると思う。ま、体重に関しては多少誤差があったとしても、見た目に痩せてるわけだし、とりあえずは自転車の効果がハッキリ現れている。しかし、食事がおいしくなって量も増えてるのに痩せるってスゴイよね。

2.体調:う~ん、自分の持病は別にして(普段の体調とはあまり関係ないので)、朝自転車に乗るので規則正しく早起きになった(単に年取って早く目が覚めちゃう といううわさもあるが...)。いま流行のメタボに関しても、少なくとも体重が減って、BMIも改善され、なにより腹回りの脂肪が落ちているのが自分でも分かるのだから、体に悪いわけがない。過度な運動にならないように気をつければ高尿酸値症にも悪影響はないはずだし。

3.運転マナーの改善:これは自分で思い込んでいるだけかもしれないが、車の運転をしていても自転車を注意するようになったし、もちろん自転車に乗っているときはクルマが気になる。どちらの立場にも立つことが出来るため、それなりの運転を心がけるようになった。と思う。

そんなわけで今月も約600km走った。自転車に乗っていない人にこの話しをすると驚くが、こちらとしては1回に走る距離はせいぜい長くても60kmくらいなわけで、本当はもっと長く走りたいと思っている。MTBではこれくらいが限界か?イヤそんなことはないはず。一度ポジショニングが適正かどうかプロに見てもらうのも良いかも。

あ、悪い面もあった。新しい趣味を始めるとお金がかかるってこと。これは仕方がない。それでもなるべくイベントは安いものを狙っているし、自転車にお金もかけているほうではないので、ディープにはまっている人から見れば、かわいいもんです。ね、大蔵省。

2007年5月28日 (月)

桧原湖1周ファミリーサイクリング

久しぶりの更新です。週末から出張~サイクリング参加~体調不良と、盛りだくさんのスケジュールでやっとパソコンの前に座ることが出来ました。

金曜日に新潟で仕事をやっつけて、土曜日に福島へ移動。この日はさわやかに晴れ、暑くもなく寒くもない最高のドライブ日和でした。おかげで交通費の節約かねて久しぶりの1人きままなドライブを楽しみました。新潟から国道49号線を使い、会津若松をかすめて猪苗代へ。翌日開催される『桧原湖1周ファミリーサイクリング』の会場の下見です。P5260134

ちょうどPAの設営をしているようで、マイクチェックをしていました。地元の天気を聞いて見ると恐らく明日は大丈夫だろうとのこと。しかし、下見をしているさいちゅうにもみるみる曇ってきて、まるで今にも一雨降りそうな雲行きになってきました。P5260132

いずれにしても明日は明日の風が吹くだろうから、今心配しても始まらない。福島市内の友人宅へ向かう。

そして翌日朝、少し早めに会場入り。受付をすませ待っている間、多少寒かったがどうやら天気は良さそう。P5270156

大会案内によると参加者はおよそ1,000名を越えるとのこと!時間と共に参加者が集まってきて段々気分も盛り上がってきます。この大会は既に26回を数えるそうで、常連さんもかなり多い様子。

開会式ではへそだしルックのエアロビお姉さんと一緒に準備体操。これが結構楽しかった。そして約100人ずつくらいでスタート!自分のゼッケンが800番台だったので、最終グループでスタートを切った。

コースはむろん桧原湖1周であるが、前半はまったりと緩やかな下り坂。このあたりは交通規制はしていないので、対向車に気をつけないと危険。団体で走っているとなんとなく道に広がって走っている人がいたが、これは気をつけないと。

途中3箇所くらい休憩所があり、だんだん細い道になってくる。それにつれてアップダウンがきつくなり、「ファミリーサイクリング」とはいえ小さい子には結構つらいかも。ま、これはコースの性格上仕方がないが、休憩所のトイレはもうちょっと考える必要があるかもね。

ブログを通して知り合ったとうちゃんさんもこの大会に参加しているとのことだったので、比較的後方からスタートし追いつければ発見できるかも...などと考えていたが、甘かった。なにせ1,000人を超える人数。見落としたか、休憩所で行き違いになったか、ゴールしても会うことが出来なかった。なにせ目印は自転車の車種と色だけだもんな~。

ま、ブログ仲間には会えなかったが、5月の新緑に映える桧原湖と周りの自然を満喫しながら走ることが出来、とても気持ちよかった。ましてや関東平野に住んでいる人間にとって、山の景色を楽しめること自体貴重な体験なワケで。また来年も参加しようと心に決めたのだった。

先日のプチ交通事故のときにも着ていたシャツに、ゼッケンをつけて参加しました!P5280167

2007年5月23日 (水)

よれよれ

月曜日は1日中だるく、手賀沼サイクリングで張り切りすぎたかな~(しかし、たいして走ってないっちゅうの)と思っていた。仕事中も午後パソコンに向かうのがかなりつらく、5時過ぎに即効帰宅。

その日は少し早めに寝ればなおるだろうと思っていたが、翌朝はよれよれ。熱こそないが、だるくてめまいがして、のどや鼻などの器官がめちゃくちゃ痛い。

ようやく今(水曜日の夕方)になって落ち着いてきた。昔だったら1晩寝れば直ったのにな。ま、とりあえずこれで新潟出張~福島での桧原湖サイクリングに参加できる。今日は全国各地でかなり気温が上がったらしく、自転車乗りにはなかなかつらい猛暑も待っているようだ。

こまめに水分補給してムリせず楽しみましょう。

2007年5月21日 (月)

先日H○VでRAIBOWの「Live At Budokan, Tokyo 」のDVDを注文した。自分がRAINBOWにハマった中学時代には既に解散するころで、この武道館公演を見ることは出来なかった...

輸入盤とはいえいちおうオフィシャルのDVDとのことなので、狂喜乱舞したが、こんなメールが入っていた。

誠に恐れ入りますが、ご注文頂きました商品に関して、私ども取引先より廃盤/生産中止の連絡が参りました。
○MV.co.jpではご注文をお受けしてから、取引先へ何度となく再注文を掛けておりましたが下記「商品の詳細」記載の廃盤/入手不可商品については入荷不可能なため、誠に勝手ながらキャンセルさせて頂きます。

だと。ふざけんな~!!!発売日は3月になってたじゃないか~!

解散後30年近くたっても新しい商品が発売されるのは嬉しいが、蛇の生殺しはやめてくれ~

2007年5月20日 (日)

手賀沼エコサイクリング

5月20日は地元手賀沼にてイベント。手賀沼といえば汚い湖沼の代名詞だったが、それも昔の話。ここ20年ほどで急激に浄化されている。理由は...手賀沼中央にある『水の館』で勉強してください。

つまり、今回のエコサイクリングおよび昨年12月に第1回開催のツインレイクサイクリングともに手賀沼の環境改善についてお勉強しましょうというのが主旨だった。あと手賀沼で開催されたトライアスロンも同様の主旨だったようでしたが、これには参加していないので(出来ないので)分かりません。

そんなわけで、このイベントは千葉サイクリング協会や柏市レクリエーション協会などが主催で行われた。

朝9時30分ころに受付を済ませ、10時に出走開始。P5200024 我々は「Bグループ、つまり途中でいろいろなイベントに関わりながら短い距離をゆっくり走る」というコースを選択。小学2年生から84歳の年配の方まで非常に幅広い年齢層だった。

途中10箇所のチェックポイントで「問題を解」き、ゴール地点の水の館での手賀沼に関する質問に答え、順位を決めるらしい。ここで、チェックポイントでの問題をいくつか披露。地元の人は挑戦して見てください。

1.北千葉導水に使用している管の直径は?P5200032_1

2.ヒドリ橋の欄干にある鳥の彫刻は何匹か?

3.黄金の亀の大きさは?(直径だったかな?)

  こういう問題以外に、自転車の技能試験というかちょっとしたお遊びがあった。パイロンを利用したスラロームや段差の通過があり、ただ走るだけのサイクリングとは違う工夫がされていた。P5200044

お昼前に水の館につき最後の問題にトライし、昼食。参加賞をもらい、さらに問題クリアー後の商品もゲット。これで参加費¥500というのはオトクです。もちろんスタッフはボランティアでまかなわれており、各種後援、協賛している団体のバックアップがあったからこそだと思います。

4月に参加した潮風サイクリングに参加していたスタッフの方も何人かいらっしゃいました。また、ヘルメットを買ったお店で、いろいろとアドバイスしていただいたスタッフの方もお手伝いしていて、やっぱりこういうイベントは地元の協力も大事なんだな~と思いました。

しかし天気は良かったのに、この風には参りました。朝6時前の風はここまで強くなかったのに...

帰宅後、自転車専門雑誌を買いに行き、読んでいたらウトウトし始めたのでブログ書いてます。今度は福島県桧原湖でのサイクリング。今週の仕事を調整して、新潟出張をそれに合わせる予定。というか既に根回し済み。

2007年5月18日 (金)

立派な肥満だった

今日、会社の健保で健康診断があった。今までは毎回問診で「ちょっと痩せましょか~」と言われ続けてきた。ま、今でも痩せている部類には入らないのかも知れないが、少なくとも1年(というか去年の10月から)5kg痩せた。

思わずカミさんにメールしてしまった。今まで出不精だった自分がこれだけ毎日のように自転車に乗りトレーニングすることが不思議だ。思わず体重を見てほくそえんでしまった。ただし、まだBMIは24台だからまだまだトレーニングのしがいがあるってなもんだ。

ま、とりあえず明日から週末。張り切っちゃうぞ~

2007年5月17日 (木)

出会いがしら その後

先日の車との接触時、病院にて診察してもらい念のため今週平日にもう一度来るようにとのことだったため、本日代休を使って雨の中病院へ。受付をして待たされることおよそ2時間。その後の状況として、特に他の部分が痛むこともなければ打撲部分も痛みが引いていることを話すと、わずか30秒で診察終了。痛み止めのクスリも必要ないし、通院も要らないとのこと。ただし、今後なにかあった場合に地元の病院で対応できるように紹介状を作成してもらった。

カミさんと遅めの昼食を取っている間はまだ雨が強くなったり弱くなったり。その後自宅近くのエ○パで母の日のプレゼントを購入して(遅いけど)外に出てみると晴れ間が射している。これは走らなければ! と思い早速ホームコースである手賀沼CRへ。ついでにヘルメットも物色しようと思い、はせごんさんの行きつけであるベルサイクルさん目指す。

ちゃんと確認していけばよかった。大体の見当はついていたが、細かい場所をチェックしていかなかったので、迷った。同じ場所をグルグル走るが、バターになりそうになったので、諦めた。で、自宅近くにあるオッティモさんへ行く。

店員さんに相談すると、やはり一度衝撃を受けたヘルメットは使わないほうが良いとのこと。素直にアドバイスを受け入れ、店頭の品物を見せてもらう。漠然と(というか元来好きなので)黄色を欲しかったので、探したが店頭在庫にはなし。カタログでいろいろ調べてもらうが、やはりオーソドックスな色ではないのかあまり数がない模様。

店頭にある(比較的安い)ヘルメットのうち、OGKの青いヤツが目にとまる。バイクも青、事故ったときのシャツも青、グローブも青なので、ここはひとつコーディネートしてみることに。実際店内の明かりではなく外に持ち出してもらってバイクと比較すると、若干の違いはあるものの良い塩梅。これに決める。早速事故の相手にその旨話し、了解してもらう。ヘルメットの費用もみてくれるとのこと。

結局今までのヘルメットよりも2倍の値段のモノをゲットできたことに。不謹慎だがちょっとうれしいかな。これで手賀沼エコサイクリング、桧原湖一周サイクリングは青づくめで参戦だぜ!P5170022

てなわけで、皆さんにはご心配をかけましたが、↑このようなわけでとりあえずは一区切りつきました。しつこいようですが、お互い事故には気をつけましょう。新しいヘルメット狙いはだめですよ(笑)。

参加登録はがき

「親子ふれあい手賀沼エコサイクリングラリー」に参加する。先日、参加登録はがきが届いた。P5170020

長女は参加しないので、3人チーム。妹家族も参加するが、家族単位で参加賞があるそうなので別々に登録申し込みした。

妹たちは都内からやってくるが、レンタサイクルを利用できるので手ぶらでもOK。ただ、小学2年生の姪はマウンテンバイク(?)を買ったらしく、どんなバイクで来るのか、今から楽しみ。

もしかすると大きくなったら一緒にサイクリングできるかな?

2007年5月16日 (水)

ジョニーは戦場へ行った

5月15日 NHKBS2で映画を見た。

アメリカの若者が戦地で爆撃を受け、両手両足だけでなく目や口・鼻などの感覚器官を失う。当初軍医はこう考える。「彼はほとんどの感覚器官だけでなく、加えて大脳の大部分も失った。もはや考えることも出来ない状態で、ただ生きているだけである」と。しかし、彼に意識が戻り、自分の状態に徐々に気付き始める。

夢と現実の間を漂う中で、世話をする看護士(ちゃんと字幕が看護婦ではなく看護士になっていた。さすがNHK)とコミュニケーションをとる方法を見つける。頭を動かすことによるモールス信号での会話。

彼の望みはただひとつ。この場所から出たい。外に出てこの身を人前にさらせば多くの人が見に来る。それで収入を得ることが出来れば自分の存在が認知されるということ。

しかし、軍はそれを彼に許さない。そして彼は懇願する。それならいっそ殺して欲しいと。毎日彼の世話する看護士は、望みを聞き入れようとするべく安楽死させようとするがそれすらもかなわない。絶望のうちに幕が閉じる...

という非常にメッセージ性の強い(かつ後味の悪い)映画だ。

興味深いのは主人公の夢の中に出てくる救世主が、「夢と現実を見極める方法」を彼に聞くが、目を覚ますことも腕で悪夢を追い払うことも出来ない。ほとんどの感覚を失った今、救世主さえも彼を救うことが出来ない。看護士が彼を助けようと(安楽死させようと)するときに神に慈悲を乞うが、彼女に罪はないとほとんどの人が感じるだろう。

昔メタリカが作ったONEという曲は、まさにこの映画を題材にしたもので、悲痛な主人公の叫びをうまく詩で表現していると思う。

2007年5月15日 (火)

SONATA ARCTICA

今日は音楽の話を。

我々が子供のころに比べると、今の音楽シーンはジャンルが細分化されているだけでなく、国内アーティストの数を見てもものすごい数になっている。これにはインディーズメディアの台頭も寄与していると思う。結果、超ビッグアーティストというのは育ちにくいが、みんながそれぞれ『誰がなんと言おうとこのバンドがスキ!』という主張が出来るのは良いことだと思う。

この傾向は国内だけでなく世界的にもそうだし、自分の好きな音楽のジャンルであるヘヴィーメタル業界でも顕著に現れている。超細分化されているジャンル全てを挙げることはむずかしいくらいである。たぶん知らない言葉がいっぱいあるんだと思う。

なかでも好きなアーティストが多いジャンルは「パワーメタル」と呼ばれているもの。HELLOWEENなどに代表されるヨーロッパ系(が比較的多い)の、力強いビートに良質のメロディーを乗せる...といえば良いだろうか。

この歳になるとなかなか新しい音楽を聴くことも少なくなるが、パワーメタルにカテゴライズされる(と自分では思っている)SONATA ARCTICA はオススメである。フィンランドのバンドで今月発売されるニューアルバムは既に5作を数える。中堅と呼ばれても良いくらいのキャリアを重ねているが、相変わらず「新人」っぽく評価されるのは彼らの特徴的なメロディーラインとアルバムごとに様々な変化を見せるところにあるのではないだろうか。

5月にはアルバム、それをひっさげての7月の日本ツアーを控え、久しぶりに熱くなりつつある今日このごろです。

余談ですが、TVのスポーツニュース~野球、サッカー、モータースポーツ、格闘技等~では、頻繁にヘヴィーメタルがバックに流れます。やはり、スポーツを見て熱くなる気分を盛り上げるのには最適な音楽なのでしょうか。数年前の格闘技の試合前には頻繁にGAMMA RAYのHeading for tomorrow が流れていたのを覚えている人も多いと思います。あれは誰の試合だっけ?

2007年5月13日 (日)

出会いがしら

我孫子の自宅から野田の実家まで自転車で行く際、たいてい利根川CR~利根運河CR~江戸川CRを利用する。しかし、昨日は流山に寄り道していったため、そこからは流山街道をひたすら北上。

ようやく野田市に入る手前まで来たところでやっちゃいました。

http://maps.google.co.jp/maps?f=q&hl=ja&q=%E9%81%8B%E6%B2%B3%E9%A7%85&ie=UTF8&om=1&ll=35.915315,139.905441&spn=0.001573,0.002352&z=19&iwloc=addr

対向車線から右折してきた車との出会いがしらの接触。とっさに急制動したものの間に合わず、右肩から乗用車後部へぶつかり転倒。生まれて初めて救急車に乗りました(^^)v

打撲と擦過傷で済んだので良かったのですが、つくづく「ヘルメットはだいじやな~」と思いました。その後は実家に行くのも取りやめ、自走して帰宅したのですが、帰る道すがらいろんな「もしも」を考えてしまいました。

① もしも、もう少しブレーキをかけるのが遅れたら

② もしも、ヘルメットをかぶっていなかったら

③ もしも、相手が大型車でタイヤに巻き込まれていたら...

改めて「公道を走る車両」という認識を新たにし、必要な防御策:ヘルメット・ライト・グローブ 等々 の必要性を強く感じました。また、CRなら車もいないし構わないか...と思いがちですが、逆に自分が加害者になる可能性もあるわけです。歩行者との接触、あるいは自転車同士の接触など。

ヘルメットをしないで走っている人に言いたい。「死んでもいいの?」

P5120023 ヘルメットに車体が接触したときの跡が残っていました。

あとでよ~く見たら、若干外側の形状が変形しているようでした。ヘルメット交換したほうがいいのかな?

P5120022 ヒジをちょっとだけ擦りむいた。救急車内では手当てしてくれなかった。

ちなみに笑ってますが、ちょっと痛いです(打撲した肩が)。

P5120021 右肩で受身を取るように(柔道はやったことありませんが)接触したので、服が破れました。ユニクロの安い服だから惜しくない!

2007年5月11日 (金)

ビュー

昨日の天気が荒れ模様だったので(カミナリ鳴ってたり...)、台風一過のように晴天になると思いきやめちゃくちゃな風だった。

行きはよいよい(追い風)、帰りは怖い(向かい風+上り坂)朝のトレーニング、いつもの半分くらいの距離で帰りました。

ふと気づきましたが、手賀沼水の館周辺に「enjoi手賀沼」のノボリが立っていました。相変わらず手賀沼のイベントは力が入ってますな~P5030003

花の色がきれいな季節になってきた。外で遊ぶのも気持ちがいい!

2007年5月10日 (木)

DVD発売

基本的には洋楽が好きだが、最近は日本のバンドもまんざらではない。そんななかでもMONGOL800はイチオシ。超メジャーではないがCMで起用された曲やドラマのネタに使われたり、どこかで耳にした人も多いはず。

そんな「モンパチ」のDVDが発売される。昨年リリースされた「Daniel」というアルバムに伴うツアーのライブが収録されているとのこと。東京のライブは会社帰りに見に行った。実はこのバンドプロらしくない。MCもウマイとはいえないし、ライブも「ほのぼの」といった雰囲気。しかし、演奏は良い。曲も良い。歌詞も良い。最新アルバムからは今までバックコーラスをしていたギタリストが曲を作ったりメインボーカルを努めるなど、作品の幅も広がっている。

そんなモンパチのライブDVD、7月に発売とのことで今から楽しみだ。

http://www.hmv.co.jp/Product/detail.asp?SKU=2564654

2007年5月 9日 (水)

手賀沼エコサイクリングラリー

妹の家族と一緒に5月20日に開催される『親子ふれあい手賀沼エコサイクリングラリー』に参加しようと思います。この日は全国一斉「遊びの日」となっているようで、あちこちで製作体験、スポーツイベントなどが開催されるようです。

このエコサイクリングラリーは『自然豊かな手賀沼を親子でサイクリング、手賀沼「藤姫伝説」物語の碑など見聞しのんびり走りましょう!』という主旨。コースは2種類あり、ほぼ手賀沼1周するコースと、半周+水の館でのイベントを行うコースとなっています。

この企画の良いのは、スタート地点でレンタサイクルを借りることが出来るところ。某スポーツ量販店やポカ○スエットの製造元が協賛になっているので「エコに関した参加賞」をひそかに期待している。

詳しくは下記まで。

http://www.ric.hi-ho.ne.jp/cca6/20070420oyakoteganuma.pdf

2007年5月 8日 (火)

オモイ

今朝は手賀沼周辺霧が立ち込めていました。体中にねっとりと水分がまとわり付いて、足は重い、顔べったり、サングラスは曇る...早々に切り上げてきました。

ところで、実家でノートパソコンを買い無線LANの設定を行った。が、連休中に2回(っつうか2日間まるまる)トライしたが一向につながらない。XPのパソコンはつながるのに、Vistaがダメ。なんで?

結局購入した店のサービススタッフに出張してもらい(秘密の花園)、1時間半奮闘してようやく終了。結局Vistaのセキュリティが強すぎて外部からの信号を排除していたらしい。とりあえずつながったので良かったが、新製品だから(OS)良いってわけじゃないんだね...

走行距離:14.24km、走行時間:0:32、平均速度:26.1km/h

2007年5月 7日 (月)

うどん打ち

連休中、長瀞にある同僚の実家へ遊びに行った。目的はうどん打ち!

朝早く自宅を出て、それほど渋滞に巻き込まれることもなく到着。まだ9時前だったけど、10数人と人数が多いので早めに開始することにする。まずは、小麦粉と塩・水を混ぜて練りこむ。分量は適当。おばあちゃんが全てを取り仕切っているけど、長年の経験と勘を頼りに分量を決定。小麦粉適当。塩は軽く一握り。水は硬さをみながら加減。う~んもう一回やれといわれても無理かも...

その後足で踏んで生地を伸ばします。生地の上に乗り、少しずつ回りながら伸ばしていきます。P5040011

柔らかめの耳たぶくらいの硬さになればOK。

次に麺を伸ばします。麺棒で。これが難しい。オレがやると生地のまんなからへんが薄~くなっちゃって、うわっ!穴開きそう!力の入れ加減が難しいのです。広げたときの生地の形を見ながら力を入れる部分、抜く部分を変えます。P5040026 P5040022

生地を伸ばすのは長女が一番うまかった。でも一番難しいので、おばあちゃんのお孫さんに手伝ってもらってどうにか完了。

そしてみんなが好きな切っていく作業です。P5040028 

さすがに普段主婦の母さんが一番上手だったかな。次女も左利きながら奮闘しています。

なんと、うどんをゆでる釜も工房の中にあり、薪をくべるタイプのオールドスタイル。P5040010

本当は半日ほど寝かせてから茹でるらしいんだけど、今日は時間がないのですぐに茹でちゃう。出来立てのうどんをちょっと食べたらおいしかった。

その日の夕方、薄めのつゆでおいしくいただきました。ちなみに午後は饅頭作りも手伝い、こちらもおいしくいただき、お土産までもらっちゃいました。P5040037 P5040036

2007年5月 5日 (土)

変な焼けかた 御用心

お友達の子供を自転車友達にする計画進行中。

まだ小学6年生。男の子。ウチの娘は自転車ネタに全然食いついてこないので、人様の子供を誘惑することに。彼が乗っているのはいわゆるシティサイクル。外装6段変速つき。おまけに自動点灯ライトまである!これは、街乗りスポーツサイクルにも積極的に採用して欲しいシステムではある。

ま、それはさておき、この仮称NK君を連れ回して(誘拐じゃないよ)自転車好きにするのがこの計画の意図するところである。実は先日、一緒に夜桜見物をしたときに↑の自転車を彼がゲットしたことを知った。それなら、とばかりに更に自転車にのめりこむように自分のMTBに乗せて(結構背が高いほうなのでサドルを目いっぱい下げればOK)、本格的な自転車の素晴らしさを覚えてもらおう。

エサは足湯。そう、最近手賀沼のほとりに出来た温泉施設の中で唯一無料で利用することの出来るポイントだ。『とりあえず足湯につかりに行こう!』という悪魔のささやきにつられて、手賀沼半周コースは余裕でクリア。この足湯、いつ行っても満員御礼。今までの寒い(涼しい)時期には温まることが出来るし、暑い季節であれば汗やホコリで汚れた足をリラックスさせることが(もちろん入る前に足を洗って!!!)出来る。P5050039

彼とのサイクリングは今回がすでに2回目なので、次回は手賀沼1周にチャレンジだ!と、別れ際に言ったら案の定その気になりそうだ。小学6年だから、少なくともあと2年半は一緒に自転車の楽しさを覚えさせ、高校受験をはさみサポーツサイクルへの道へ一直線。大学で自転車部にでも入ろうものならもしかすると一流の競輪選手になるかも。などと妄想が膨らむ今日この頃。

ちなみにこれは足湯につかっているオレの足。混んでるときはこうして立ってでも入れるよ。P5050042

今日は手賀沼半周しかしなかったけど、場所によっては真夏日になるほどの陽気。

朝のサイクリングとあわせて、長袖を途中までめくって着てたら、こんな腕になりました。そろそろ紫外線対策も必要かな?P5050043

またやっちゃった

あんなに「今度こそは1,111kmで!」と思ったのに~

気づいたらこんなんなってました。P5030001

はぁ~なんでオレのアタマは学習しないかな。

2007年5月 2日 (水)

当たっちゃった! 2

先日、ガムの景品が当選したことを書きましたが、もひとつ当たったのがこれ。ひょうたんつぎ。

手塚治虫のマンガには「スターシステム(?だったかな)」なるものがあり、例えば鉄腕アトムに出ている悪役『スカンク』は他のストーリーでもやはり悪役(アノ顔だからどうしてもそれ系。でも時々純粋な悪役じゃないときもある)で出演している。

で、このシステムにおそらく最多出演していると思われるのがこのひょうたんつぎ(か、『おむかえでごんす』のどちらかか?)である。今日もこれ付きの携帯でがんばって仕事だ~!P4290001

2007年5月 1日 (火)

ハワイアン「千の風になって」

ウ~ン、みなさんのブログを見ていると着々と家族サービスをして、家庭内オヤジポイントを稼いでいるな~。オレもがんばんなきゃ。

というわけで、ららぽーと柏(うわ、近い!)に行ったときに何が楽しいって、『高木ブー ハワイアンショー』を見てきてしまった!!!!!!気づいた鑑賞ポイントを以下にまとめてみました。

① 高木ブーが練習不足

② でもバンドはウマイ

③ でも高木ブー言うところの「最近覚えた曲・千の風になって」はやっぱり練習不足

④ 高木ブーの演奏をバックに踊っていたハワイアンダンサーズは上手だったけど、小さい子が練習不足だった。

⑤ でもちょっとぽちゃ系の女の子は、振りを覚えていなくて周りを見ながら踊るのでワンテンポ遅れるところが可愛かった。

⑥ おまけに反対に回転していた。

⑦ カミさんにそっくりの子がいてビックリした。

⑧ 高木ブーはもうちょっとハキハキしゃべって欲しかった。

ショーの後、楽器屋さんに行ったらウクレレが気になってしまった。おまけにブロマイドがあった。TBの。商魂たくましい。

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31