カテゴリー

無料ブログはココログ

他のアカウント

Twitter

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月

2007年3月30日 (金)

ハイダウェイ

お気に入りの作家、キングの本を立て続けに読むとき、あるいは読んだ後、もっとサクサク、軽い気持ちで読めてそれなりに楽しめる本といえば自分にとって「ディーン・クーンツ」の本だ。今回特に、キングのライフワークである暗黒の塔シリーズを読了した後なので、脱力感の中読み始めたのがこの「ハイダウェイ」。

文藝春秋の文庫本のあとがきから…『雪の山道のドライブ、厳寒の川への転落、夫の溺死。そしてその夫は緊急蘇生プロジェクトの実験台に…。幼い一人息子を失って以来夫妻にとって死は身近なものだったが、死よりずっと恐ろしい暗闇の世界がそこに待っていようとは!日夜をわかたぬ悪夢との闘いの果てに、この世のものならぬ”悪”の隠れ家(ハイダウェイ)での対決が…』  これって、ほとんど全部のあらすじだね。でもクーンツの小説はある程度筋を知っていても楽しめる。

彼のどの作品でもある程度語られるのは、いわゆる「勧善懲悪」だと思う。基本的に善と悪の闘いで、悪が勝つということはないだろう。ある共通点を持っている2人の男が戦うところなどは、キングの「ダークハーフ」を彷彿とさせるが、しかしちょっと違う。

特に顕著なのはキリスト教の影響である。クーンツの場合善と悪の闘いはまるで聖書の中の天使と悪魔のようで、本書の中にはヴァサゴと○○○○とまで言及しちゃってるくらいである。キングのように純粋で原初的な善悪とはちょっと違うのである。

主人公が養子として迎えるレジーナが誘拐されたときに見つけた恐怖を克服するテクニックとして「自分の心の部屋に閉じこもる」という表現がある。これはまるでキングのドリームキャッチャーの中でジョーンジーがグレイから自分自身を守るために逃げ込んだ一室と似ている。そしてこの部屋もまた「ハイダウェイ」と呼ぶことが出来るのではないだろうか。

どうしても大好きなキングとの比較をしてしまうが、それも両者の小説がストーリーテリングに優れているため、非常に好きなことと関係がある。ただ、先にも書いたように明らかに違うのは、キングの場合決してハッピーエンドだけじゃないということ。

原初的な善・悪にもなにか不思議な(ある意味宗教的な)チカラが働くようだが、決してそれは絶対的な力ではなく、時には人間のちょっとした勇気や、子供の第6感(?)的なものにより後押しされて、チカラが強くなったりする。それがたまたま善か悪かによって結末が明るくも暗くもなるというのがキングの小説のひとつの特徴ではないか。だから妙に後味の悪い小説もハッキリ言って多い。

ただ、クーンツばかり読んでいると、だんだん空々しくなってくるのも事実で、やはり現実に近いのは常にハッピーエンドではない結末なのではないか。

ま、ハイダウェイに関しては少しだけ「死後の世界」が日本で言うところの「彼岸」に表現が似ていたりして、なかなか楽しめた。

最後にこの本は1995年ころ読んでおり、これで少なくとも3回は読んだかな?それだけ読みやすいってことだな。

2007年3月29日 (木)

MTBのくせに

自分はマウンテンバイクに乗っている。だけど普段は舗装道路を走っていることがほとんど。スピードは出ないが段差はラクラククリアー、いつも走る手賀沼周辺の比較的狭い道では、歩行者がいても路肩の芝生に気兼ねなく突っ込んでいける、という利点がある。

そもそもバイクを買ったのは約半年前。それまで「欲しいな~」くらいの漠然としたモチベーションだったのが、店頭に行ってひとめ見て気に入ったのがMTBだった。

んなわけで普段楽しているのが悪いのか、今日の朝、久しぶりに未舗装道路を走ったら結構疲れるんだよね。2月にあったMTBのイベントでは1時間耐久レースで(疲れたけど)面白いこともあり、全然気にならなかったのが、今朝の練習ではへろへろ。あ~やっぱり運動不足がたたってる…と改めて感じてしまう今日この頃でした。

2007年3月28日 (水)

朝の景色

今朝は朝日が綺麗だった!!

思わず流れた「脳内BGM」は♪あ~さやけ~の光りの中に立つ影は~ミラーマン♪ だった。
30年以上前の歌が出てくるところがオヤジ?
うすくモヤのかかった手賀沼の上に浮かぶオレンジの朝日は本当に綺麗で、見とれてしまった。

P3280061ところで昨日の会社帰りに上野のクラシックでボトルを買ってきた。今まではペットボトルをボトルケージに突っ込んでいたけど、凸凹道走ると落ちることしきり。4月15日のサイクリングはこれでボトル脱落の心配は減るだろう。

でも普通のヤツだな~。

また、日々の練習についても最近は量が増えてきた。一月の走行距離が300km前後だったのに、今月は既に400kmオーバー。
大丈夫か、オレのカラダ!?

2007年3月27日 (火)

ファンってわけじゃないけど…

先日、市内の吹奏楽部定期演奏会に行った際、市民会館でこんなポスターを見かけた。

Photo_6 杉山清貴って、アノ? オメガトライブの? こんなオヤジ(人のこと言えないっつうの)?

別にファンってわけじゃないけど、先日レコードの録音をしたばかりだったため『おぉ~!』と思ってしまった。

一世を風靡したとはいえ、「アコースティックソロツアー」って一人でやってるのか… 最近じゃすっかり名前を聞くことがなくなったとはいえ、¥5,500もとるなんて今どきの日本の興行料金ってわけわかんない。(ファンの人、ゴメンナイサイ)

でも、1月で3箇所(神奈川、埼玉、千葉)も回るなんてがんばってるじゃん。きっと自分と同じ年代だろうから、大変だろうな~と思いつつ。

とりあえずソールドアウトするようにガンバッテください!(しかし、「※未就学児のご入場はご遠慮ください」なんて言ってる場合か!)

2007年3月24日 (土)

LA VIE EN ROSE

う~ん、レコードコピーネタが続きすぎるのもどうかと思うが…

LA VIE EN ROSE である。吉川晃司です。これも姉貴の趣味であったが、実は高校時代結構自分も好きだった。あの当時吉川とか渡辺美里とか、コンサートにはいったことないけど、もしコンサートに行ったら「すごくMCが長そうなライブ」的なミュージシャンが結構いたのかな。今はあんまりぱっとしないけど。

たしかLA VIE EN ROSE は2枚目のアルバムで、ファーストアルバムが良かったので当時これも結構ヘビーローテーションだったかも。でもこのあとのINNOCENT SKY からちょっと作風が変わってきて、そのうち興味が失せてしまった。

で、レコードを引っ張り出して気づいたんだけど、生写真が入っていた。P3240038

ん? これって初回特典かなんか?

それともその昔姉貴が買ったのか?そんなオタッキーなファンだったのか?

しかし、若いよね。今年確か…42才になるはず…

今日は暖かかったのでハーフパンツで自転車に乗った。でも、だんだん気温が下がり風が強くなってきたのでそこそこにして帰る。4月に60kmのサイクリングに参加するため練習中~ ほぼ同じ距離を走るも、へろへろ~

2007年3月21日 (水)

太陽にほえろ!

お彼岸である。昨年亡くなった義父の墓前に。場所は八柱霊園。納骨の時にはちょうど出張と重なってしまい、行くことが出来なかったので今回初めて行くことになる。ま、まだ仮納骨なので「その他大勢」というスタイルでの墓参りとなる。

しかし、駅から霊園までの道はクルマ、ヒトでものすごい。カミさんと娘は電車で行ったが自分だけMTBにまたがり移動。おかげで霊園周辺の渋滞も関係なく電車組より15分くらい早く到着。

帰ってくる途中で手賀沼へ向かい1周し帰宅。距離にしておよそ40km強。

帰宅後レコードのコピー作業を継続。今日はなんと「太陽にほえろ!(総集編と書いてある)」のドラマサウンドトラック。今の若いヒトはドラマ自体は知らないかもしれないけど、松田優作の『なんじゃこりゃ~』のセリフは聞いたことがあるだろう。まさに自分は小学生~中学生にかけて見ていた(たしか金曜日の夜?)ので、BGMとして流れていた各曲を聴けばみんな口ずさめるようなものばかり。

しかし、曲名は「太陽にほえろ!のテーマ」は良いとして、その他は「追跡のテーマ」「冒険のテーマⅡ」など、ストレートなものばかり。しかしいかんせん古いレコードなので、かなり音質が劣化していた。

Photo_5 

2007年3月20日 (火)

リック・スプリングフィールド

昨日はリック・スプリングフィールドの録音を行った。

アルバムは「HARD TO HOLD」という題名で、同じ題名なのか分からないが映画のサウンドトラックのようだ。一時期ヒットしたのはなんといっても「LOVE SOMEBODY」だ。このころ(80年代)の良質なアメリカンロックの雰囲気たっぷりで、なかなか良い感じ。

輸入盤(しかし、オモテに日本ビクターの『承認』シールが貼ってある)なのでライナーノーツなどはないが(レコードの中ケースが紙でそこに歌詞や写真が印刷してあるタイプ)、ピーター・ガブリエルやグラハム・パーカーなどがデュエットで参加しているようである。残念ながらこの手の歌手の情報にはうといのでコメントできないが。

先日BAY CITY ROLLERSの「アノ人は今」的なサイトで、メンバーの現在の写真が載っていたがリックもオヤジになってんだろーな。Rick_hard_to_hold_1

2007年3月18日 (日)

星に願いを…

昨日に引き続き外は風が強かった。いや、昨日以上かな。午前中ちょっと走ってその後娘の発表会があるので直行しようと思っていた。しかし、前に進まない。おかげで40kmくらいしか走っていないのにくたくただ。

で、娘の発表会について。というか、同じ学校の吹奏楽部の定期演奏会に合唱部がゲスト参加したのである。合唱部の発表会は内外あわせていろいろ見てきたが、吹奏楽部は久しぶりにじっくり鑑賞した。もちろん中学生のそれであるから荒削りではあるが、3年生の最後のステージということで先生が3年生部員全員の名前を読み上げるなど、なかなかニクイ演出があった。アンコールの最後の星に願いをってのが良かった。

2007年3月15日 (木)

アナログレコードのバックアップ

ここんところ、毎日のように少しずつアナログレコードのバックアップをしている。

IODATAのDAVOXというアダプターを使い、アナログ音源をPCへ送りSound it! というソフトで取り込んでいる。

このソフト、簡単に使えるんだけど使いこなすのは難しそう。もちろんアダプターに付属していたソフトだから使える機能に制限があるし、そうでなくてもエフェクト機能なんて、普通にバックアップ取るときには必要ないしね。

今日作業したのはE,W&FのPOWERLIGHTと山下達郎のBIG WAVE。アースは好きだけど山下達郎は別に好きじゃない。嘉門達夫の「さいでんな~」が浮かぶだけ。ま、基本的に昔姉貴たちが集めたLPだからほとんどが興味ないもの。

でも中には自分が買った(らしい)レコードもあって、特にTHE NO.1 BANDは狂喜乱舞。「東京あたり」と「ラジオショー」があった。しかし、「桃」は?どこいっちゃったんだろう。

こうしてPCにバックアップした音源はCDにも焼いているので、結構時間がかかる作業だ。平日2~3枚がやっとかな。なにせ、デジタル音源のように『○○倍速で記録』が出来ないからね。

POWERLIGHTの邦題が「創世紀」ね~…

P3150001

2007年3月12日 (月)

手賀沼走行レポート その3

P3030117   手賀沼走行レポート最終回です。今週手賀大橋脇に新しい温泉も出来るので、みなさんサイクリングがてら遊びに来てください。写真を撮ったポイントもたくさん見れるよ。

---

やはり手賀大橋を渡らずにくぐっていくと、さらに狭い道が。 

P3030107    

ここまでくるとさすがに自転車ですっとばすわけにも行かないので、ゆっくり流していく。ちょっと道を外れればもうそこは民家。あれ?トトロも居る。でも雨降ってないっちゅーの。

P3030109

そのまましばらく行くと手賀沼公園にぶつかる。

暖かくなるとこの広場やアビスタ(我孫子の公民館みたいなもんね)でいろいろな催しがあるので時間があればどうぞ。P3030115

    

    

この日はペットのしつけ方教室をやっていた。写真とってたら個人情報保護法があるのでダメだって。こんな遠い写真だけ載せときます。P3030111

 

 

 

あと手賀沼には水上バスや貸しボート、レンタサイクルもあり、自転車は乗り捨ても出来るので遠くから来た人にも使いやすい。

たとえば我孫子から歩いて手賀沼まで来て、水上バスで手賀沼フィッシングセンターへ行き、釣りを楽しんだあとには水の博物館まで散歩。そこからレンタサイクルで手賀沼半周ってのもいいかもね。くわしくは「ふるさと手賀沼ガイド」http://www.teganuma.jp/index.php まで。

 

 

手賀沼公園を過ぎると、サイゼリヤやラーメン屋、ガソリンスタンドがあるだけでのどかな風景。そんな中、菜の花畑を発見。 

 

P3030123 見学自由で、菜の花摘みもできるんだって。そういえば何年か前の夏にはひまわりが咲いていて見事だったっけ。

 

P3030129 走りはじめに見た「北千葉導水ビジターセンター」を反対側に眺めながら走ると、ふるさと公園に到着。ここもこじんまりしてるけど夏にはジャブジャブ池で遊べて子供たちには好評だ。

そのまままっすぐ公園を抜けるといつのまにかスタートした「北千葉導水~」の看板のところへ。右折してそのまま信号を突っ切ると北柏駅へ無事到着。 P3030151

それと書き忘れたけど、ウチから起算すると手賀沼を半周すると約10km、1周すると約20km。

これはインターネットの距離確認サイト「キョリ測」http://www.mapion.co.jp/route/ を利用して測定した。このサイト便利です。キョリを知るだけでなく、性別・年齢・移動方法(歩き?ランニング?自転車?)を入力すると消費熱量を自動計算してくれます。数字じゃピンと来ない人には『おにぎり何個分』なんて表示に変えることも出来る。お試しあれ。

そんなわけで地元手賀沼のレポートを作ってみたが、途中良い撮影スポットを探したり、犬の散歩しているおばさんと世間話したり…寄り道しながらでも、自転車2時間くらいの道のりだった。

でも夜は気をつけてね。街灯なくて真っ暗だから。

2007年3月10日 (土)

迷子

今朝は新大利根橋を渡り、取手経由で利根川沿いを走った。

の、つもりだった。途中で橋があり (ん?見たことない橋…)、なぜか小貝川。へ?そういえば途中河川敷の低いところを走り、周りの風景が見えない場所がしばらく続いたな~。

んで、道路標識を見るとそのまま行けば成田。なに?しかたがないので橋を渡り、Uターンするような方向に走ってみる。しばらくいくと知っている道が。あ~良かった。

利根川ゆうゆう公園のMTBコースでちょっと遊んでから (結構風が強いのに朝から家族で遊んでいる人がいた…)、自宅へ戻る。40数kmしか走っていないが風が強かったせいもあり結構くたびれた。

昼食後、柏のマルイにあるユニクロへ行き、『BODY TECH』というウェアを購入。以前ブログにも書いたが、自転車専用(というかスポーツ用の)特殊ウェアは高いんだよね。2月のa.b.c. cup の会場で安いグッズが売っていたが、サイズが合わなかった。まったく、それほど本格的な自転車や装備じゃないのでまだ良いが、高いロードバイクなんて買った日にゃ、維持費だけで大変だろうな。

話はそれたが『BODY TECH』である。その効能は(クスリか!)以下のとおり。

1.コンプレッション:ウェアをフィットさせることで筋肉の内圧を高め、力の分散を防いで、運動機能を支援。

2.テーピング:筋肉や関節を安定させ、姿勢を整える。

3.筋肉疲労軽減:1・2により筋肉の疲労軽減も。(これはムリヤリ?)

4.ドライ:汗をかいてもすぐに乾き、不快なベタつきを解消。

これで¥2,990(2枚で¥3,990)。とりあえずショートスパッツとロングスパッツを購入。2枚まとめて買うところが、ユニクロの戦略にハマってる感じ。

まだ試着をしただけだからなんとも言えないが、今までフツウの服で走っていたのでフィット感が結構気持ちいい。ちょっとピチピチすぎて抵抗あるけど。早速明日から試してみるかな。あ、でも雨だっけ?

2007年3月 8日 (木)

手賀沼走行レポート その2

その1で続きは明日…とか言ってたクセに!

更新してませんでした。でわ、第2弾GO

---------

手賀沼をおよそ真ん中で分けているのが「手賀大橋」。P3030035 P3030037 P3030038 南側には「道の駅 しょうなん」があり、北側へ渡ると水の博物館がある。きょうは橋を渡らずに、そのままサイクリングロードを直進しよう。

すると、橋をくぐったところで右手後ろを見るとなにやら大きい建物を建設中。

もうそろそろ完成が近そうだけど、温泉とレンタルサイクル、土産物屋などの複合施設が出来るらしい。ん~また休日は混むのかな。ま、さびれていくより良いか。

P3030051 そのままひたすら道なりに走ると、やはりあずまやがあったり、手賀沼でくつろぐカモ、シラサギ、ミョウバン(我孫子市の鳥だよ)など、大勢目にすることが出来る。

さて、ずっと手賀沼の南側の道を走ってきたが、いよいよ折り返し地点だ。P3030060 手賀沼からの水を手賀川(そのうち利根川に流れ込む)に排水する堰がある橋を渡る。

残念だがここからは道が狭くなってしまう。

P3030061 歩行者がいるときはあまりスピードを出せない (こうしてデジカメを持ちながら運転しているときもね)。

P3030063 橋を渡ると「我孫子市少年野球場」があり、子供の声が響いていた。

北側の道は狭いだけでなく、手賀沼により一層近いところを通っている。だから鳥や漁をしている人を近くで見ることが出来る。P3030069

おまけに手賀沼の反対側に目をやると、家庭菜園・養鶏場・つりぼり・藤棚などもあって結構飽きない。

P3030078 明け方や夕方ともなれば手賀沼の撮影に来ているカメラマンを必ず見かけるだろう。

P3030077 そうこうするうちにいつのまにか手賀大橋まで戻ってきた。すると橋をバックに噴水が。ほどなく水の博物館が見えてくる。

P3030082 P3030083

ここの周りには水を使った遊具があって、結構楽しめる。

乗っかると水が吹き上がる噴水や、水鉄砲など。暑い時期には子供たちも大喜び。

ところで道路を挟んで、ここの反対側には「鳥の博物館」なんてのもある。秋篠宮殿下は野鳥の研究のためによく我孫子に来てたらしいよ。

くるくる…

よく自転車雑誌に書いてあるように、スピードよりケイデンス重視で。という内容に感化され、ケイデンス90前後をキープするように走ってみた。

10kmで挫折した。いや~こんなにキツイと思わなかったぜ。くるくる回したせいでくたびれて、後半10kmはヘロヘロだった。おまけに向かい風。こんなんじゃ会社へ行く前にシャワー浴びる時間がないか! と思ったが、前半速度が出ていたのでこうしてブログ書き込むヒマがある。

あ、それでももう行かなくちゃ。

2007年3月 6日 (火)

手賀沼走行レポート その1

2006年10月から自転車に乗り始めるようになって、一番良く走っているコースが手賀沼だろうな。なにせ家からすぐ近い、自転車道が(半分くらいだけど)整備されている、距離もちょうど良いということで今までずーっと走ってきている。だんだん体が自転車向きになってきているのも、使用するギアなどで感じてきている。

そこで、そんな手賀沼自転車道の紹介をしたい。

起点は最寄の駅(ウチからね)の北柏とする。P3030002_1                                                         

この日曇り空とはいえ朝8時半ころの北柏はすでに暖かい。駅前から慈恵医大病院の方向へ坂道を下っていく。                                                           

P3030003

下りきったところの信号をそのまま直進し、橋を渡るとすぐ左手に「北千葉導水ビジターセンター」の看板が。P3030006ここがサイクリングロードの入り口である。                                      

                                                                    

P3030008 右手遠くに慈恵医大を見ながら走っていくと橋が見え始める。                                                                                                    

P3030011 ほんの5~6年前に出来た手賀沼湖畔道路と国道16号をつなぐ道だ。おかげで車の量が増えて地元民としてはあまりうれしくない。

え~そもそもなんでこのようなサイクリングロードがあるかというと、単なる手賀沼のためのインフラというばかりではなく、利水の役目があるそうだ。P3030019 すなわち、利根川と江戸川を水路(暗渠~いわゆる地中に埋める配管ね)でつなぎ、災害時の被害を抑えること、あるいは周辺水田のための水源確保などの目的があるらしい。その辺は実際に「北千葉導水ビジターセンター」にいくと勉強できるよ。

写真にあるように、P3030015 通常でも毎秒6m3(ってことは6トン/秒 !!!)の水をコントロールしている。明け方でもやってるくらいだから、よほど水不足にでもならない限りそれ位は流れてるってことか…

あ、ちなみに「柏ふるさと公園」にあるでかい『輪っか』はその暗渠に使用している配管材料だと思う。この配管が、サイクリングロードに平行して設置してあるってわけ。

P3030022 このサイクリングロードはちゃんと「自転車道」「歩行者」の区別がされていて、幅も一部を除いて十分広いので、休日散歩している人が沢山いても大丈夫。

ところどころにあずまやや野鳥観察のためのやぐら、はてには観察者用のイスまであって自然の中でのんびりしたい人にはグー。

続きは明日…

2007年3月 4日 (日)

クラッシュ

パソコンがウィルス感染。製造元のサポートにも相談したが、再インストールが必要とのこと。各種データをバックアップし、再インストール・再設定等で半日かかった。

んなわけで予定していた手賀沼走行レポートもまだアップしてません。写真はいっぱい撮ったんだけどね。

昨日はパソコン整備に前回a.b.c. cup参加時に汚れた自転車の整備、それにヤフオクでゲットしたサイクルコンピュータの取り付けをした。しかし、今どきの機械はちっちゃいね。P3030153_1

それはそれで技術の進歩により小さくなったわけだし、なんせ自転車に搭載するわけだからそのほうが良いに決まってる。でもさ、40過ぎのアナログ人間としてはある程度かさばるものとか重いものに高いお金を払いたいとも思うんだよね。

昔で言えばレコードプレーヤーかな。とにかく周囲の振動に影響されないように数10kgのプレーヤーってザラだったよね。しまいにはアンプも電源が命だから、なんつってバカでかいトランスしょってるよね。今でもオーディオ専門店に行くと重そうなヤツ、あるよ。なにを隠そう我が家のKENWOODプレイヤーも結構重いけどね。

んなわけで超軽量サイクルコンピュータを取り付けたので、早速試走してきますか。

2007年3月 2日 (金)

暖かい週末になりそう?

今朝の最低気温は低かった。が、日中はやっぱり気温が上がる見込み。

そろそろジョギング、ウォーキング、サイクリング等の人出が増える頃だ。ここ手賀沼の周辺でも朝6時から結構な人が遊歩道にいて、いちいち「おはよう」の声をかけるのも忙しいくらいだ。

最低気温が低く、日の出とともに気温が上がり始めて手賀沼の景色が非常にきれいだった。一昔前までは手賀沼といえば水質汚濁の代名詞みたいだったが、今は違う。いつも走っている地元手賀沼の素晴らしさを伝えるために、週末暖かかったら(予報では16℃まであがる?)手賀沼のレポート作ってみたいと思う。

ま、あくまで予告なので本当に作るかどうかは別にして。

本日の走行:手賀沼1周。途中公園でカモと一緒に日の出鑑賞。

2007年3月 1日 (木)

レース結果

25日のa.b.c. cup ひな祭りスペシャルの公式リザルトが本日公開されました。

初の公式レースとしては (それも「ゆったりエンデュランス」というゆるめのレース) そこそこの成績でゴールすることが出来た。正直子供や仮装チームが混ざってのレースだったので、コースの一部では渋滞気味だったり (その分休めた) 、抜きどころがあんまりなかったり大変だったけど、満足のいく結果だった。

走ること自体も楽しかったり、結果も良かったりと良いことづくめのレース体験スタートだ。もっといろんな大会に出たいという欲が出てきた。でも、参加費安くないんだよね。

無料で走れるコース、パレスサイクリングなども今度行ってみようかな。

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31