カテゴリー

無料ブログはココログ

他のアカウント

Twitter

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月

2007年2月28日 (水)

雨...

今朝は久しぶりに早く起きたので手賀沼1周した。

途中、手賀大橋を過ぎる頃にパラパラ雨が。強くはないがしっとり上着が濡れるくらい。

手賀沼を自転車で走るときの難点は、北側の道路が狭いこと。南側は広くて、かつ自転車道と歩道が(便宜上)分かれているから良いが、北側の道は狭く、歩行者が2人並んで歩いていると道からはみ出すこともしばしば(MTBで良かった)。

でも雨が降れば歩行者の数も減るだろう...と思っていた。確かに減っていた。しかし、手賀沼の夜明けを撮影する常連カメラマン、犬の散歩、走ってトレーニングする人。こんな人たちは雨でもちゃんと出てくるんだね。甘かった。ま、これでも普通の散歩の人は減っていたので走りやすかったか。

でも、路肩走ったけど...

走行距離:手賀沼1周で約20km。

2007年2月25日 (日)

a.b.c. cup

行ってきました。幕張。

まったく先週は今年の冬を代表するような暖かさだったにもかかわらず、当日の寒さときたら!今年一番の冷え込みだってさ。おまけに風も強いし。

ま、救いだったのは日中お日様が出て日向にいれば結構ポカポカしてたことくらいかな。

え~かような大会としては2度目の出場。おまけに今回はMTBコース というか大会そのものがMTBを対象としている。幕張に会場があり、9時頃に駐車場に入ると早くも集まり始めている。P2250001_1

ちなみに今日の予定は午前中に講習会に参加し、午後1時間の耐久レースに出場するというもの。以前利根川河川敷のMTBコースで教わった講習会と似たような内容だった。でも今日は最後に実際に走るコースのポイントを説明してもらいながら試走してみたので、とても分かり易く出走前の不安を和らげてくれた。U井さんありがとうございました。

さて、充電が不十分でほとんど撮影できなかったので映像はあまりないが、この大会で気付いたことを。

1.日本MTB協会が運営していて、とても段取りが良かった。ただ、参加申し込み後に送られてきたハガキには当日の予定と参加種別が記載されているだけで、初めて参加する人には決してフレンドリーとはいえない気がした。

2.会場全体が和気あいあいとしている。家族連れが多かったせいか、「レースで絶対勝ってやる!!!!」というよりもむしろ(そういう人ももちろんいるが)、普段の練習の成果を確かめたり、子供のレースデビューとして楽しんでいるという雰囲気のほうが強かった。

3.子供のレースが細かくレギュレーションにより分けられていて、ただでさえ年齢差による実力に開きがある子供でもそれなりのレースになっていた。

4.とにかく子供のレースはおもろい。

5.最後にゲストの山口選手も言っていたが、暖かいほうが良かったね...

P2250003 とにかく最初のレースとしてはとても楽しむことが出来た。JMAありがとう!

2007年2月24日 (土)

ん~身につまされるな~

英語...この忌まわしきひびき...

って、仕事で毎日接しているとはいえ、いまだに流暢に話せない。働き始めた頃はスクールに通ったり、今でも「英語でしゃべらナイト」を時々見たり、気が向くと英語字幕でDVD見たり...してるけど上達せん!!!!!

英語にまつわる読み物はおもしろそうだったりすると触手を伸ばしてみることもしばしばだけど、こないだ見つけました。その名も「英語が出来ない私をせめないで!」。P2240005

作者はオビにもあるけど「ダーリンは外国人」の小栗左多里さん。これでサオリって読むらしい。

題名からも想像できるように、この人の英語学習の挫折ぶりは自分のそれを見ているようで全く共感できてしまう。彼女は三日坊主ならず二ヶ月坊主と公言しているが、そう、「英語勉強しなくっちゃ」モチベーションはそれくらいしか続かないよ。オレも。

海外出張に行くたび『今回も思ってることの半分しか伝えられなかった。勉強シヨ!』と思うけど、すぐに日常生活に戻り数ヶ月すると安部政権の支持率のようにモチベーションも急降下するのであった...

それでもこの本、一通りの英語勉強法を体験してみて、その結果をちゃんとレポートしてくれている。ま、読んでも英語のスキルアップには効果なし。ただ、自分の経験と重ね合わせて「そうそう、これ、続かないんだよね~」とか「マジかよ!こんな英語教室の先生じゃ絶対通いたくねえ!」などと考えるのは結構楽しかったりする。

その勉強法は ①体験スクール ②英語の本 ③ネットで勉強 ④スクール通学 ⑤ネットで先生を探す ⑥ラジオ教室  などである。それぞれの勉強方法もそうだが、とにかくこれだけの種類、その気になればかなりいろんな選択肢がある。要はやる気だよね。

ま、常々感じているがその気になんなきゃ続かないし、身につかない。逆にその気になりさえすればいくらでもやりようはあるという恵まれた時代だ。それでもふだん回りに英語があふれているのとそうでないのには雲泥の差があると思うけどね。

この本、読み物として純粋に面白いです。漫画もあるし。(作者は漫画家だっちゅうの)

英語学習に挫折の覚えのある人、読んでみて。また「やってみよう」モードになれるかもよ。

アナログレコード

我が家にはアナログレコード及びレコードプレイヤーがある。

先日実家の大掃除をしていたら古いレコード発掘!そのジャンルたるやもうめちゃくちゃ。BAY CITY ROLLERSに始まり、KISS、QUEEN、JAPAN、DURAN DURAN、E,W&F、シャネルズ(ラッツ&スター)、チェッカーズ、吉川晃司...そして極めつけはTHE NO.1 BAND!!!!

これらはほとんどが姉貴たちが買い集めたものであるが、「東京あたり」は俺が買った?でもあのころ(高校生)お金なかったから姉貴が買ったのか?

で、既に我が家のアナログレコードはパソコンにデータとして取り込んであるので、そのハードを利用して全部取り込んじゃえ! ということになった。

いざレコードをプレーヤーにセットし、針を落とそうとするとあれ?なんか変?

!!!お~!!!!こんなんなっとるやんけ!!!!!P2230005 P2230003

これじゃ聞けないじゃん。

てなわけで、今朝チャリンコで手賀沼1周したついでに柏に行ってきました。

カルチェ5で昔プレーヤーを買ったが、もうカートリッジは売ってなかった!仕方がないのでオーディオユニオンで安いやつを買ったのでした...

2007年2月23日 (金)

ひなまつりにはちょっと早いけど

1週間も早ぇじゃぢゃね~か!

というツッコミはおいといて、25日の日曜日に『a.b.c. cup ひなまつりスペシャル』という大会に行ってきます。場所は幕張海浜公園。

今回がはじめての参加となるので、様子は良く分からないが首都圏のMTBコースとしては結構有名らしい。初心者向けにビギナーズパックというのがあるので、それに参加。午前中に講習会があって、午後1時間のレースに参加するという一粒で2度おいしいコースなのだ。

しかし、今週は週初めから体調を壊してほとんど走ってない。おまけに医者へ行けば「そろそろ更年期だね」と言われショック!たしかにそんな年だよな。でも、改めて医者に言われるというのはつらいよね。そんなことで、かかりつけの医者を変えようかと思っている今日この頃です。

2007年2月17日 (土)

やっぱり買いました

我が家のデジカメが壊れてから久しい。

5~6年前のSONY サイバーショットだ。この大きさで2.1Mピクセル。今どき携帯だって1~3Mピクセルだったりする時代だから、そのヘボさが分かる。おまけにこの大きさ。当時は、「カメラはあんまり小さいと手ぶれの問題もあるし、ごっついほうがかっちょいいじゃん」などと思っていた。P2170001

しかし、世の中の小型化・軽量化の波はすさまじく、もはやデジカメは超軽量タイプと超重量タイプ(一眼レフのような)に分かれてしまっている。今どきウチにあるような中途半端サイズのデジカメを探すことすら難しい。

常々、「今度デジカメを買うときは光学ズームが5倍以上のもの」とひそかに決めていた。しかし、店頭で色々なデジカメを見ながらふと思った。「今更子供たちの運動会を撮る機会があるわけではなく、趣味のチャリンコ/ブログ/日々の記録用に撮れればいい。3倍でもいいんじゃん?」と。

おまけに、店頭で(安いラインナップの)デジカメシリーズを見ているときに、光学3倍だけど512MBのxDカードをつけて同じ値段という売り口上に引かれて買ったのがこれ。07021702

オリンパス(神様の名前を会社名にしちゃうところがすごい!)のカメディアシリーズ FE-230である。

ま、小ささだけがとりえかな。これならチャリンコでいろんなところを走りながらバシバシ撮れるな~と思っていたが、今日走るときには持ってくのを忘れた。

2007年2月16日 (金)

花 うめ 湯島

毎日通勤時に湯島天神の男坂をのぼる。今年の暖冬のせいか、例年のことなのか分からないが(このコースを歩くようになったのはここ半年ほどのこと)、梅が咲いている。

飛び梅の言い伝えもあるほどだから早く咲くのかもしれないが、異常気象・暖冬のため早いのか? と考えてしまう。ま、しかし花が咲いているのを見て悪い気はしない。若い頃は「花なんか見ても腹いっぱいになんないもんな」と思っていたが、はやりいいものだ。

週の後半、風が強く寒かったけど土曜日は暖かそうだ。これを機に遠出をして穴場の花を探してみようか。070216

デジカメで撮ったので良く分からないけど、結構咲いてるよ。

ん~五分咲きってとこかな。

2007年2月15日 (木)

念願のモニター!

いや~長かった。今までCRTモニターを使用し続けてきたが、画面下のほうがブルブル、時には一本線が画面真ん中に横たわる状態。

しかし、よくこれでパソコン使ってたもんだ。あとはどうやって捨てようか?なるべくお金がかからない方法はやっぱり自分で壊すのが一番か?

ま、そいつの処分は後で考えるとして、やっと液晶モニターゲットだぜ。某電気量販店でポイント利用で約2万。15→17インチになったし、ちらちらしないし、薄いし、ちゃんと写るし...良いことずくめです。

会社でもぼろぼろのノートPCを使い、家ではぼろぼろのモニタだったのがようやくマシになってきた。P2150003

あ、ちなみに壁紙はマーベルコミックの「DARK TOWER」ね。

○○浸り

ドイツではBECK’S、AQUABIT、なんとかBRANCA、イーガーマイスター 等々飲みまくってしまった。イーガーマイスターなんてさ、スーパーで試飲したんだけど、そこのお兄ちゃんがいきなり日本語で話し掛けてきた。どうも最近、行く度に親日家の人に会う。

前回はブレーメンの空港ホテルで。スーパーの警備員のおっちゃんも。

んで、帰国後もちろん(自分への)お土産を楽しんでいる。なおかつ、休み明けにオランダ人が来社したのでその付き合いで飲み会。久しぶりに数日間連続で酒を飲んでいる自分が居る。

あ~調子悪い。自宅で飲むのと違い、外で飲むとついつい量が増えてしまう...

2007年2月14日 (水)

アクアビット

ドイツに行ったときに必ず飲むのがシュナップスである。シナプスじゃないよ。

実は、お気に入りのシュナップスで「アクアビット」というものがある。シュナップスは基本的に日本でいうところの焼酎であり、蒸留酒に分類される。ま、イメージ的にはジンとかウォッカなどの強い酒である。その中には色々な種類があり、ハーブの香りが強くするものとして UNDERBURG とか KUEMMERLING というようなものがある。

さらにそれとは別に比較的クリアーな色で、癖のない味であるアクアビットがある。ノルウェイの酒らしい。普通のアクアビットは透明なんだけど、俺の好きなのは『リニア』ってやつ。これは帆船に積んだ樽入りのアクアビットが長期間の航海のうちに樽の香りが移って良い味になる...とかなんとか いう話しが有名なそうな。

んで、去年の暮れに姉貴がヨーロッパに行ったときにお土産として買ってきてもらう予定だったのに、ゲットできなかった。なぜかといえば飛行機のセキュリティの問題である。今、機内には必要最小限の(確か100mLまで)液体しか持ち込むことが出来ない。

今日あったオランダ人も150mL入りの香水を没収させられそうになって、「半分しか入ってないんだから没収すんな!」とクレームして難を免れたそう。

そんなわけで姉貴がせっかく苦労して探してくれたアクアビットもフランクフルトのゴミ箱の中に消えたのでした。アレ、絶対税関のやつらがあとで飲んでるぜ。くそ~

ま、そんなわけで今回の出張はリベンジってなわけで、Vechtaのスーパーで買ったアクアビットをスーツケースに忍ばせてもって帰りました。ラベルはこんなです。これからちびちび楽しむんだ!あ、でもまず姉貴に飲ませなきゃ!P2130001

2007年2月12日 (月)

1週間のご無沙汰でした

先週はずっと出張していました。研修先の研修室にはパソコンがあり、ネットにつながっているのでそこでブログの閲覧・書き込みが出来ると思ったのもつかの間、はたと困ってしまいました。

問題その1:ドイツのキーボードはアルファベットの配列が異なっていて、とにかく入力しにくい

問題その2:日本語入力が出来ない

問題その3:んなことやってる時間はない!

てなわけで、研修中にブログの更新なんてとても出来ないのでした。

【今回の出張で】

* こんな部屋にマレーシア人2人、タイ人3人、日本人2人で参加。ヘビーな毎日でした。Dscn1465

   

* 研修4日目に雪がうっすらと積もりました。もちろんタイ人にとっては生まれてはじめての雪で、かなり興奮していました。Dscn1481 Dscn1483

 

 

* 滞在中、友人の誕生日パーティーに招かれて。地元の比較的年配の人が多いので、ほとんどドイツ語で訳わかんなかった。しかし、みなさん気さくに話しかけてくれて楽しい1夜だった。 ちなみに8時頃からなんとな~くゆるい感じでパーティーが始まって、いつの間にか時間は過ぎ...ホテルに帰ったのは1時過ぎ。ホテルのオーナー、ごめんね。Dscn1487

 

 

*ちなみにそのホテルには可愛い女の子が居て(3歳前後の)、おせんべあげたら友達になれたかな?

*研修終了後、帰る日の朝にブレーメンまで送ってもらい、今回のたびの中で唯一の観光。ブレーメンの音楽隊の像があり、ろばの脚に触ると幸運になれるんだってさ。だからほら、脚だけぴかぴかになってるDscn1502

 

 

 

日曜日の昼過ぎに帰宅し、昼食後ぼーっとしてると寝ちゃいそうだったので自転車にのる。今日は強風がすごくて、向かい風の時にはチャリンコ進まね~。でも約40km走り、出張中の運動不足(かつ過食気味のハラ)を多少は解消できただろうか。

2007年2月 4日 (日)

亀2匹

午前中、カミさんと娘と一緒に手賀沼半周。いつものクセで時間を計ったが、途中「しょうなん道の駅」で焼き芋用さつまいもを買ったり、マツキヨで出張用カップラーメンを買ったり、ユニクロ寄ったり...で、結局2時間以上遊んでた。平均時速4.4km/hr. って、ママチャリか! あ、カミさんはママチャリだ。

この日は節分。毎年近くの北星神社で豆まきがある。本殿はそれほど大きくないんだけど周辺住民がこぞってやってきて、中は超満員。毎回豆(お菓子)の奪い合いになる。豆まき前にこんな亀を見つけた。Dscn1445 Dscn1455

向かって左側の亀の背中には小亀が...って、これはご愛嬌。比較的新しく作った亀のようだけど、こんなの前からあったかな?今年は節分が土曜日だったから行けたけど、いつもは平日で久しぶりに行ったもんな。

しかしこの亀の面構え、変わってると思わない?お寺の参道には狛犬が、神社は狐が守ってるってのは良く見るけど、亀自体新鮮だし、この顔。かわいらしいね。ちゃんと向かい合っていて、1匹が口をあけているってのは狛犬なんかでもそうだよね。なんとなく鳥山明の絵を思い出したのは私だけでしょうか?

さて、節分の行事は亀の先の本殿にて執り行う。約10分くらい前に行くと、既に待合室は満員状態。Dscn1446 Dscn1447

しかたなく廊下で待つ。今日は暖かいから良いけど、それでも板張りのため足元は寒い。

そしていよいよ開始。神主さんに祝詞をあげていただき、年男・年女(子供だけだけど)が壇上に上がる。そしていよいよ豆(アンドお菓子)を袋ごと撒きはじめる。あ、もちろん最初はマスにいれた豆から。豆だけ裸で撒いている時はかわいらしい。しかし、「オニは~外!」くらい言えよ。雰囲気でないな~

それが袋入りのそれにかわると様相は一変。大人子供構わず奪い合いに。投げると手でつかみ、あるいは落ちた袋を拾うためにサッとしゃがむ感じは、公園のハトに餌をやったときのようだ。これでは、気の弱い子供は周りに押されてゲットできないね。Dscn1451 Dscn1452_1

この様子をカメラに収めたけど、なにせ暗い本殿内でシャッタースピードをデジカメが勝手に遅くしちゃうので、こんな写真しか撮れなかった。多少なりとも人間のあさましさが写っているだろうか?

それでも、負けじとばかり豆4袋とお菓子1袋をゲット。子供たちは節分の豆が好きじゃないから、ドイツに持っていって夜のお菓子にしよっと。

午前中たいして走れなかったのと、翌日から出張でしばらく愛車とお別れなので夕方の手賀沼を走る。ちょうど日が沈む頃だったので湖上に映る夕日がきれいだった。あいにくデジカメではなく携帯で撮ったので、写りは良くないけど...D1000004_2 D1000001_2 

よって本ブログも1週間お休みします。今回の出張は苦手な電気の分野のためハードになると思うから...更新なんて出来ないよ。

でも、出張先で面白い話題があればまた紹介します!

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31