カテゴリー

無料ブログはココログ

他のアカウント

Twitter

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月

2007年1月30日 (火)

エンドバー

先日購入したエンドバーを取り付けた。最初にグリップを外すんだけど、愛車のグリップは接着されておらず、外してからそれに気付いた。自転車のメンテナンス関係の本には接着剤を溶かしてから外せ みたいに書いてある。たしかにそのままでは外れそうもないのでディグリーザーを噴きかけ外した。エンドバーの取り付ける位置を決めて、先端を切ったグリップを元に戻そうとするんだけど、なかなか入らなかったな~。

んで、めでたく全て取り付け終了し、既に数回自転車に乗ったがラク!

先日のブログでも書いたが、自転車に乗るたび左手が痛くて困っていた。エンドバーをつければ手の向きが約90°変わる(手をまっすぐにしている状態と同じ)ので、手の負担が各段に減るのだろう。おかげで長距離乗っても大丈夫。

まだ春の便りが聞こえるのは先のことだろうが、暖かくなったらイベントに参加する際、楽になるだろう。今から楽しみだ。

Photo_3

2007年1月28日 (日)

厄落とし

というわけで、今日は川崎大師へ。

先週の初め頃には心配されていた雨は全然問題なく、むしろぽかぽか小春日和で暖かかった。おかげで人出はものすごかったけど。

最初にご祈祷の申し込みをして、引換券みたいなのをもらう。本堂の中に入るまでに10分くらいも並んだろうか。靴を脱いで中に入るとすでに坊さんの話が始まっている。座らせられたのが正面ではなく、すそのほうだったのでてっきりここは控えの間で、次回話しを最初から聞くことができるのかと思っていた。しかし、そのまま話が終わると祈祷、お札を護摩をたいた煙に当てて「ハイ、ご本尊を拝んでおしまい」って感じ。なんだかあっけなかったけど、こちらとしては足がしびれる寸前だったので助かった。

お札の引渡しまで10分以上待ち時間があるようなので、その間に恒例の的屋昼食をすませる。今日はたこ焼き!なかなかうまかった。それにクリーム味の今川焼き。これもいけた。しかし、同じ焼きそばでも大師様の外では¥350なのに、中だと¥500。ぼろもうけでんな。

ま、とりあえずこれで前厄でなにも起こらないことを祈ろう。

Dscn1436 Dscn1428

2007年1月27日 (土)

朝からゆるゆる

昨日は内視鏡検査の日。

恒例のニフレック(この、とぼけたポカリ○エットみたいな味、どうにかなんないのかよ~) を朝から飲み続けることおよそ1リットル。お腹んなかキレイになったみたい。この薬(?)、全部で2リットル作るんだけど、前までは全部飲んでいた。朝6:30ころから飲みはじめるとはいえ、時間を掛けて飲まなければいけないこと、とにかくマズイのでゴクゴク飲めないので、昼過ぎの検査ギリギリまで飲んでることに。するとしばらくおなかがゴロゴロいって、病院のトイレを借りることしばしば。

この検査4回目にしてやっと「全部飲まなくてもいい」ということに気付き、昨日は約1リットルちょっとで終了。検査前のコンディションは良かった。

いつもの通り病院に行くとコスプレさせられ、筋肉注射と血管への注射2本打つ。どっちも痛いんだよね。注射好きの俺でもガツンとくる痛さ。前回の検査のときは終わるまで完全に意識があって「お、壁に当ってるな。痛っ!」とか思ったものだが、昨日は久しぶりにスムーズに入ったし、それ以前にボーっとしていつのまにか終わってた感じ。1時半に初めてふと気付いたら3時過ぎていた。

取引先にTELして待っていると、検査結果が。どうやら非常に良い状態のようで、当分薬を止めてみようということになった。これは非常に嬉しい。毎日毎食後2錠のペンタサを飲むこと自体は苦でもなんでもないが、やっぱり忘れちゃうことがあるからね。このまま小康状態でずっといけば、QOLの問題はないのでどうか状態維持できますように!

でも今年は厄年(大厄)。なにが起きるのやら...

2007年1月24日 (水)

腱鞘炎防止?

以前より、チャリンコに乗るたびに左手が痛んでいた。右手は大丈夫なのに。グリップの持ち方に問題があるのか、もともと左手がおかしかったのか (痛いけどまともになってきたような気もする)。

んなわけでエンドバー登場である。いつも行く上野クラシックで購入。初めて使うからとりあえず比較的安い入門モデルを。TIOGAのパワースタッド4である。

買ったのは黒だ。店にはこれとシルバーが置いてあった。本体に合わせて青でもあればと思ったけど、ないので同じ色にした。これをつけることによって ①左手の痛みが軽減 ②長時間乗っても色々な姿勢が出来て疲れにくい というようなことを狙っている。とりあえず週末つけてみるか。

おっと、その前に悪夢の内視鏡検査が待っている...

2007年1月23日 (火)

そりゃないぜ

アングラとブラインドガーディアンのライブである。

ってか、なんでこの2つのバンドがコラボるわけ?え~と、ブラジルとドイツ?おまけに、なんで2月上旬なの?  ってか、この日は出張で俺はドイツだっての!

う~、そういえば忘れもしない10数年前の新婚旅行のときもメタリカ見れなかったっけ。たしか3月の上旬?ブラックアルバムを出してめちゃくちゃ良かったころ (俺の中では Master of Puppets の次に良いデキ) のメタリカでっせ。おまけにパリの街には『来る!メタリカ4月来仏!』みたいな (フランス語読めないけど) ポスターが貼ってあって、まるで『今』日本に居るメタリカを見れない『日本人の』俺をあざ笑っているかのようで、チッキショー!!!! 状態。

好きなバンドが数年ぶり あるいは始めて来日するって時に、どうしてもそこに居ることが出来ないっての、つらくない?好きなバンドってのもランクがあって、その中で特別Aランクみたいなバンドを見れなかった日にゃ、死んでも死にきれない。ま、現状俺の中の特別Aランクバンドはレインボウとライオットだから、後者だけ押さえとけば良いし。

まさか、リッチーが今更 (キャンディス嬢をさしおいて) むさくるしいレインボウ再会というのもないだろうし。ましてやコージー亡き今黄金時代の再結成は不可能、唯一考えられる超スペシャルサプライズ再結成は、ロニーとのそれだが、ブラックサバスに傾いているロニーとアノリッチーでは今のところ接点ないでしょ。

おっと、酔っ払って話しが脱線したが、とにかくアングラとブラインドガーディアンのダブルヘッダーと考えれば確かに¥8,000でも高くないが、日本に居ないんだっちゅう~の。不幸。

あ、そういえばライオットのライブがあるんだ。これもコラボだけど、もっと安い(トホホ)。でも、ライオット命の俺には絶対行かなければ行けないのだ!!! West world はどうでもいい。

チケットぴあ行ってこよ。

2007年1月22日 (月)

言い訳

どんな内容でもいいので、(毎日とはいわず)1週間に3回以上は更新しようと思っているけどなかなか。今日は言い訳をします。

自宅に帰り食事をしてコタツに入りくつろぎ始めると、もう根が生えちゃう。我が家は夏にエアコンを一切使用しない。来客があるときとかどうしようもなく暑いときしか使わない。しかし冬はさすがに厳しい。それでも暖房じゅうたんのうえにコタツを置き、スイッチを入れておけば暖かい。が、部屋の中の空気はあまり温まらない。

もちろんマンションなのでそんなに寒くは無いけど、コタツに入ってしまうとなかなか抜け出せないのが現状である。おまけにパソコン使うときは反対側の部屋の隅まで行かなきゃいけないし。

んなわけで、ここんとこ更新をあまりしていない。もちろん今まで暖冬で急に寒くなり始めたから、そのせいもあるが。ま、いいわけだけどね。

そうだ、今のうちにもひとつ言い訳を。2月4日から1週間ほど出張に出かけるので更新できません(というか無理すれば出来るけど面倒くさいのでやらない)。あしからず。

今朝は久しぶりに小雨の降る中手賀沼半周、30分。なかなかいい運動になった。路面が濡れてると摩擦抵抗が増えるのだろうか?後半息切れした。 

↑ ブログだけじゃなく、チャリンコもさぼってるからだろ!

2007年1月21日 (日)

早く完成しないかな

いつも走っている手賀沼周辺のサイクリングロードの正式名称は「一般道我孫子流山自転車道線」というらしい。

昨日は柏~流山間の一部を走った。さすがにいくつかの一般道と交差しているため、途中一時停止しなければならない場所が結構あった。この整備完了予定はH23年らしいが、あと6年、50近くなっちゃうよ。この道が出来ればウチから江戸川へのアクセスが楽になる。

先日葛西に行くときは江戸川に出るためにわざわざ利根運河経由で行ったので、かなり遠回りだった(おまけに道に迷ったし)。んなわけで、早期開通を強く願っております!柏市? 千葉県? 国土交通省? どこの管轄だか知らんけどケッパレ!

2007年1月16日 (火)

ホルダー

先日我孫子~葛西間を走る前に、『さすがに長丁場になるだろう』と思いドリンクホルダーを買った。

しかし、店に行くと沢山あってどれがいいのかわかんないよ~ (><) ま、とりあえず初めて買うので ①重量 ②価格 ③見た目 をポイントにして買った。D0701131 たぶんどのメーカーのものもあえて説明書きがなかったところをみると、自転車のホルダー固定ボルトの間隔ってのは決まってるんだろうな。

以前購入したポンプ用のブラケットを共締めして準備完了。

本来なら専用の(自転車用の)ボトルを入れるのだろうけど、そこまで本格的じゃないし、普通のペットボトル(350mlの小さい野菜ジュース)をつっこんだら問題なく納まったので、よしとしよう。

でもロードバイクならまだしも(それでも天気によっては  ?)、MTBで未舗装道路を走ったら泥だらけになりそうだね。それでもMTBバイカーは気にしないんだろうか。アウトドアって感じだね。

たかが数百円の出費だが、なんだか玄人っぽくていいね。D0701132

2007年1月11日 (木)

スターノ

アノ場所で、アノ人たちが、アノものから逃げるときに使った「スターノ」。

なぞだった。どうやら携帯燃料のようで調べてみたらこんなサイトが。

http://www.miojp.co.jp/sterno.htm

やっぱりアメリカではメジャーなのかな?キングの小説で実際の商品名や有名人等の名前が良く出てくる。ことロック畑に関しては(特にHM/HR系)知ってる名前が良く出てくるし、出てくれば『お~』ともなるが、必ずしもそういうものばかりではない。

いくらアメリカ文化が日本に浸透しているとはいえ、そこはほれ、国土の広い国ざんすから聞いたこともない名前、結構多うござんす。

今回のスターノもまさにそれ。大体話の文脈から分かるけど、やっぱり実際にこういうものがあるのを知ると嬉しいもんで。これもインターネットの恩恵だ。

2007年1月 8日 (月)

暴風

1月7日、前日までの大雨は止んだがまだ強い風が吹き荒れる中、葛西まで自転車に乗る。

国道6号線は(16号線に比べると)歩道が狭く走りづらい。葛西まで行くのにベストなのはやはり川沿いのサイクリングロードを通ることである。そこまで行くのに6号を使うのがイヤだったので、いつも利用している利根川CRを北上、利根運河を右手に見ながら江戸川へ。

そこからはひたすら江戸川沿いを南下すれば葛西まで行くことが出来る。しかし、この日の風は尋常じゃない。追い風になってくれればまだ良いが、道中ほとんど向かい風。良くても横風。狭い土手上のCRではよそ見をしてると風に流されて土手下に落ちそうな勢いだ。

それでもちんたら走っていき、柴又まで行く。およそ2時間水分補給していなかったので小休止。その後昼食をとったのち再会するが、途中でどうやら道を間違えたらしい。千葉と東京の県境を走ればよいのにいつのまにか高速「市川」の表示が!

あとで地図を見てもどうして市川まで行ったのかなんかよく分からん。おまけに市川から葛西までの湾岸道路は今までの強風がさらに倍!(大橋巨泉 風に) ママチャリと同じような速度だ。

最終的に走った距離は約60km。自転車に乗り始めて一度に走った距離としては最長なのでさすがにくたびれた。これがロードバイクならもう少し楽だったのか?ま、どんなところでも走れるMTBの魅力は本来平坦な道を長く走ることじゃないけどね。逆に言えばもっと体力がついてMTBでロングライドもできるようになれば、さらにサイクリングライフがひろがるのかな。

ところで、長時間乗っていると左手首に痛みが残る。実は自分の手、もともと手首の曲がる角度が異なっていた。両手のひらを合わせて手首を曲げたときに右手は90°しっかり曲がるのに左手は70°くらいまでしか曲がらなかった。それが自転車に乗るようになってから同じ角度で曲がるようになった。ってことは、なんか良くなってる感じ?

しかし、最終的に自転車を降りてから痛みを感じるのは異常なのか?それともからだがもっと馴れてくれば痛まないようになるのか? もう少し様子を見てみよう。

走行距離:61.1km

走行時間:4:28

2007年1月 6日 (土)

状況改善

俺の持病の一つに『高尿酸値症』がある。定期的に通院しているが本日嬉しい知らせが。12月に採血し検査した結果で、尿酸値がかなり下がったことが分かった。おそらく自転車に乗っているおかげだろう。

いつも6~8mg/dLなのが、5.48mg/dLと、過去最低値に! 日本痛風・核酸代謝学会ガイドラインによれば、7.0mg/dLが正常値なので、ここのところ7中盤だった数字がここまで下がったのはやはりすごい。

この病気は良く贅沢病ともいわれるが、主治医によれば遺伝的性格もかなり強い。先天的にこの病気の素地があり加えて飽食、運動不足により発症することが多いようだ。それを防ぐために毎朝1錠薬を服用しているが、なんとそれが1日おきに減ったのである!

すでに10年近く飲み続けている薬の量が減るというのは嬉しい限りである。

更に加えて病気の予防のために大切なのは適度な運動である。短距離走などのように無酸素運動や過度な運動は適さないが、サイクリングのような有酸素運動を長く続けるのは効果的のようだ。健康と趣味が合致して、今年はヘルシーボディーをゲットか~!?

2007年1月 3日 (水)

いやー なつかしい

正月に野田の実家に行った。チャリンコで。

カミさんと子供たちは車で移動したので、早めに出て16号線経由で向かう。実家についてみるとまだウチの車は到着していない模様で、それなら昔の通学路を見てみようと思い、チャリンコでポタる。

D07010201 当時の自宅から歩いて坂道をあがると、右手に病院を見ながら交差点に差し掛かる。

小学生当時はスーパーカーが流行った時期で、よく交差点で車を眺めたものだ。

立派にNISSANの車なのに、「あのフロントグリル、スーパーカーの○○に似てるよね」とか、おかしな空想をしたものだ。                         

D07010202 こんな狭い路地を入り、しばらく林の中を歩く。近くに竹林があって春には竹の子取りをしたこともあったけど、すぐに禁止令が出て密猟不可になる。

現代だったらこんな道は(夕方になるとかなり暗い)通らないんじゃないかな。                                                   

           

D07010205 林を抜けると牛舎が。

飼ってるのは黒毛の牛だけど、確か30年前はホルスタインだったような。ま、乳牛じゃ手間ばっかりかかって  採算合わないね。                               

                                                    

D07010208 更にその先、坂道を下っていくと自然公園のようなスペースが出現。

昔はこの道の両側はただの湿地帯で、な~んかさびしい感じがしてただけだったような。

冬はちょっと寂しいけど、春から夏に掛けては散策しがいがあるんじゃないかな。                                             

D07010213 三ツ堀里山自然園ていうらしい。

特に人工的な施設があるわけではないけど、逆に、だから良いのかもね。

久しぶりに昔の通学路をチャリンコで通って、思ったより遠くなかったり、昔と変わったところや変わらないところを見るの、楽しいです。皆さんも機会があればお試しあれ。

大晦日のスキー

ただいま喪中につき「おめでとう」は言えませんが、関係者の方々今年もよろしくお願いします。

---

生まれて初めて大晦日にスキーに行った。普段ならば正月準備などで行くことはないが、今は喪中であること(スキーは良いのか?)、会社の休みも変則的であることなどからこれを逃すとしばらく家族で行くことが出来ない。

場所は群馬のパルコール嬬恋。すでに3回以上行ったことがある。その時によって泊りがけのこともあるが今回は日帰り。30日の夜に家を出て仮眠。(31日朝のブログ参照)

朝からガンガン滑ったが、人は少なくコンディションはベストではなかったとはいえ、シーズン初のスキーを満喫した。初めのうちは少々風が強く寒かったが、そのうち晴れてきて良い状態に。ただし、今年は雪が少なくところどころアイスバーンがすごかった。

下の娘はいつも1~2本滑ったら『寒~い』とか『疲れた~』で、すぐに滑るのを諦めてしまうが、今回はちがかった。痩せているのでどうしても末端が冷たくなってしまうことが多く、グローブしてても小さい頃から「冷た~い」の連続で、終日滑ることは難しい。でもちびっ子ゲレンデでは結構夢中になって遊んでるけど...  しかし、それでも小さい頃からスキーをやっているとうまくなるもんだ。今回もボーゲンとはいえそこそこの傾斜でも問題なく滑るし、スピードに対する恐怖も少なくなってきたようだ。あとはスキー場での楽しみ/好きな人と行くとか、ゲレ食のためにくるとか...すれば、もっと上達するかも。なにせスキーはゲレンデで滑った時間に比例して上手くなるからね。

上の娘は俺と一緒にメチャクチャ滑ったが、超高速巡航もOK。ときどき原因不明で板が外れるようだけど。ビンディングの設定は悪くないはずなんだけど。しかし、板のチューニングは全くやっていなく、メンテナンスも自己流なのでときどきショップに出してオーバーホールしてもらう必要があるのかも。滑り方もかなりパラレルに近くなってきているので、オヤジが追い越されるのも時間の問題かな。事実、実力差はどんどん小さくなってきている。

子供が大きくなると学校の行事が増えてくるので、なかなか家族揃ってスキーにいける機会が減ると思うけど、できるだけ調整していくようにしたい。定期的にグッズも買い揃えてるしね。特に子供がいるとどんどん用具を新しくする必要がある。Photo_2

ゴンドラで頂上まで上って写真撮ったけど、良く見えないね。おまけにデジカメは寒さでレンズカバーが閉まらなくなっちゃうし。

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31