カテゴリー

無料ブログはココログ

他のアカウント

Twitter

2017年5月22日 (月)

桧原湖ファミリーサイクリングに参加しました

我が家の自転車恒例イベントである桧原湖(福島県)のファミリーサイクリングに久しぶりに参加してきました。

思えば最初にこの大会に参加したのは2007年なので10年前です。
このときは自転車仲間もいなかったので一人で参加。
出張帰りに立ち寄ったんです(計画的犯行)ね~。
P5260134

2回目に参加したのは2008年
カミさんがママチャリで参加。加えて福島の友人を巻き込んで友人+娘さんと一緒に走ったのですが・・・スタート時点で少しだけ雨に降られました!
P5250149

3回目は2009年で、前年よりも激しい雨!(苦笑)
でも、ブログを通して知り合ったピナ男さんに会うことが出来ました。
山塩ソフト、食べたっけ・・・
Ap5310044

4回目は2010年。このころまでは皆勤賞ですね。
この年もピナ男さんに会うことが出来ました。
そして、当日のゼッケン番号は1,2でした!カミさんと連番ですね。
そして恒例福島の友人家族も参戦です。
で、なんと!彼が自転車を当ててしまったのです!!(2台のうちの1台。参加者約1,000人ですよ)
P5300077

5回目は。2011年ですが東日本大震災の年です。
したがって毎年5月の下旬に開催されていた本大会も7月に延期。
それでも参加しましたよ、えぇ。
もちろんピナ男さんにリアルミート。もう常連さんですね。
山塩ラーメン、山塩ソフト、そして夏の時期なので大会主催者からサービスの冷やしキュウリもいただきました。
Imgp2469

6回目の参加は1年パスしたので2013年
なんとチームからみくま・アシスト家族(双子は漕がないけど)が参加!加えてニューバイク投入のピナ男さんも。
チームカー走行でのみくま・アシスト夫妻とは別々に走行しましたが、なぜかROCKがゴールしたのは軽トラの上(笑)でした。
この年はピナ男さんが自転車をゲットしました!
Imgp0328

そして今年が7回目の大会参加になりました。
第36回桧原湖一周ファミリーサイクリング大会です。


» 続きを読む

2017年5月 9日 (火)

ツインリンクもてぎで大人の運動会開催。あ、子供も頑張ったよ。

毎年GWのお楽しみとしてチームの恒例行事になっている、もてぎ

エンデューロに参加してきました。

Imgp0353

» 続きを読む

2017年4月 6日 (木)

4月6日のサクラたち

暖かくて今まで鼻水しか体内から出てきませんでしたが、別のモノも出るようになってきました。
特に今日の暖かさは異常です。風の強さも異常でしたが・・・

Imgp0289

北柏橋近くの大堀川沿い。
大分咲いてきたので今井もかなり進んでいるのでは???と期待に胸が膨らみます。

» 続きを読む

2017年4月 5日 (水)

久しぶりに時間がとれた時に穏やかな天気だったので、自転車に乗りました

4月4日。
朝、ソロで手賀沼北岸のカッパ付近を走りました。

Imgp0275

「桜遊歩道」のノボリが空しくなるほど寂しい状況です。

Imgp0276

こりゃぁ今井もまだまだだな(気温上昇したので秘かに期待していた)と思いつつも向かいます。
手賀の丘公園前の桜はこんな感じ。まあまあ鑑賞に堪えるほど咲いています。

Imgp0280

そして今井でいつもの場所。

Imgp0281

やっぱり・・・ね。

もちろん先日よりは開花が進んでいます。

Imgp0282

そして寝そべり桜も。

Imgp0288

満開は今週末かな。

2017年3月31日 (金)

雨に降られながらも。

2017年3月30日。
気象庁の我孫子における最高気温が18度というとんでもない日に、自分は仕事をしていましたので「こんな暖かくて桜が一気に開花しちゃったらどうしよう」と心配していました。

そこで、翌日。
今にも雨が降りだしそうな天気でしたが走ってきました。

いつもの場所での1枚。
こうして見るとまだまだ開花まで時間がかかりそうにも見えますが・・・

Imgp0233

» 続きを読む

2017年3月23日 (木)

今井の桜。開花なんかしちゃいませんが(笑)レポート

3月23日の桜状況です。

Imgp0205_2

あいかわらず画像が横向きですが、開花はまだまだです。

Imgp0206

現場で実際に見るとよくわかるのですが、かなりつぼみは膨らんできています。
期待感に胸が膨らみます。

Imgp0211

用水路わきの菜の花はキレイでしたけどね。

Imgp0214

こちらはオマケ。
江戸川学園取手高校近くの土手の様子です。
これだけ密集していると菜の花の香りも素晴らしかったです♪

2017年3月20日 (月)

久しぶりのアサレンと先週の桜

朝起きると、1時間寝坊です。
予定していたアサレンは短縮版になりそうです。

で、やってきたのは手賀沼道の駅周辺。

P_20170320_064109

ココの河津桜はもう終焉を迎えています。

P_20170320_064141

4月23日にオープン予定の野菜レストランSHONANの準備も着々と進んでいる・・・の、かな?

P_20170320_064239

今まで気づかなかったのですが、すぐ奥にある早咲きの桜は満開です。

P_20170320_064337

おまけに駐車場との間の菜の花も。
最近はスーパーでも菜の花を売ってるでしょ?その辺からもらってきたら食べられるのかな?それとも食用と鑑賞用(他にも採油用があるらしい)に分かれているのかな?

P_20170320_064447

サイクリングロードのユキヤナギもキレイです。

P_20170320_065630_eff

そんなわけで今日のアサレンはわずか10kmでした。

一方、こちらは3月17日に撮影した今井の桜です。

P_20170317_140512

案の定まだ花らしきものは全く見えません(笑)。

でも、近くに寄って見れば大分つぼみが膨らんできましたよ~♪

P_20170317_141307

2017年3月 3日 (金)

『LUPIN THE ⅢRD 血煙の石川五右エ門』を見てきました

映画館に行って鑑賞するのは、昨年秋の「君の名は。」以来かな。
今は夫婦で¥2,200というお得チケットを購入できるトシになったので、今回もこれで・・・
と思っていたのですが、本作実は特別価格で一律¥1,300なり。
なるほど上映時間が1時間にも満たないのですね。

実は国民的人気アニメであるルパン三世、子供のころから好きです。
特に山下毅雄の音楽と大塚康生のこだわり設定満載のメカやキャラが立っているファーストルパンが好きなんですね。

この中に五右エ門と巡り合うエピソードがあるのですが、本作はそれを細かく描写して(一部設定やキャラを新登場させて)います。
五右エ門の師匠である百地三太夫の名前はセリフとして一瞬出てくるだけですが、そんなところにもファーストルパンに対する愛が感じられます。

P_20170227_185022

» 続きを読む

久しぶりのりんりんロードで真壁へ行きました

真壁のひなまつり開催中にりんりんロードを走りたいと思っていましたが、なかなか都合がつかずギリギリの3月1日に行ってきました。

しばらく長距離走っていないので筑波休憩所までクルマです。
Imgp0148

この時期ですからサクラはつぼみのままです。
早咲きの種類がぼちぼちほころび始めていましたが、写真に撮るのを忘れました。
写真では明るく見えるのですが、『晴天!』というわけではなく「曇天時々晴れ」という感じ。
風はなかったのですが空気は冷たかった。

久方ぶりに走るりんりんロードはなにやら工事中で(工事終了が3月中旬)、車止めが刷新されていました。

Imgp0149

これね~
事故防止が目的だから通過しずらいのはイイんですが、対向車(自転車)が来た時にはちょっと不便。どっちが優先??という感じでまごつくこと必至。
このテの行政のやることは自転車に乗ったことがない人の考えなんでしょうか。

でも、ま、舗装はキレイになっていました。
もっとも筑波休憩所→真壁休憩所へ向かう最初の部分だけでしたが・・・

103_imgp0150

まだところどころ舗装があれていた部分がありましたから随時補修してほしいですね。

車止めはもう1種類、こんな↓形状のところもありました。
このほうが自転車の通過はスムーズですが、交差する道の交通量が少ないところに限りますね。

Imgp0152

およそ10kmのサイクリングを経て真壁へ到着。
よよ?
平日だというのに結構人出が多いですよ。
真壁の伝承館や喫茶店など新しいお店が増えているし、だんだん知名度も上がっている(この前国営放送ラヂオでも紹介していました)ので、観光客が増えているんですね。

Imgp0153

真壁に到着したのがちょうどお昼時だったのでランチにしましょう。
今回は久しぶりの訪問で、以前お邪魔したことのある橋本旅館に新しく併設された橋本珈琲へ行ってみることにしました。

103_imgp0158

古い建物を改装し、グッドデザイン賞受賞したとのことで行きたいと思っていました。
店の外から見えるショーウインドウには珈琲用の機器が並べられていますが実際には使っていないようです。

Imgp0157

店内はキレイに改装してあるようで、ところどころ昔の名残を(たぶんわざと)残しているようです。

Imgp0159

ダルマストーブもいいっすね。

Imgp0160

ココは開けられませんががらっと引くと隣の旅館なんでしょうか?

Imgp0162

窓際の席に通されたのですが、道行く人に見られながらの食事で動物園の檻の中にいる気分に浸ることが出来ました(笑)。

頂いたのは期間限定メニューでしょうか?「縁御膳」というお弁当型ボックスに吸い物付きで¥1,500

Imgp0166

ひとつひとつお味は結構でございましたが、いかんせん自転車でお腹を空かせてきた身なのでボリューム不足(笑)。
ま、観光客が集中する年に1度のかきいれどきなので定食での提供は仕方ないか。

その後は町中を散策しひな人形を楽しみます。

103_imgp0170

上の写真は川島書店の屋根裏に飾ってある人形。
・・・って、ほとんど写ってないぞ!(苦笑)

Imgp0171

通常のひな壇とは異なる展示をしているところも。

103_imgp0175

定番の「階段ひな人形」ですね。

103_imgp0177

旧郵便局内の人形と。座ってる椅子がなんだか懐かしいでしょ?

Imgp0179

最後に真壁の子供たちからのプレゼント。
手作り感があってイイね。

寒さが残る日のサイクリングでしたが寒さをこらえて漕いだ甲斐がありました。

今日も楽しかったですっ!

 

2017年2月19日 (日)

BUZZ FIVE のコンサートを見てきました

2月18日(土) つくば市のカピオホールにてBUZZ FIVEのコンサートを見てきました。

直前のエントリー
でつくばの梅について書きましたが、そのアシで会場近くへ向かいます。

ちょうど昼飯時だったのでウマイそばでも、と思い探したら近くに気になるお店が。

蕎麦一さんです。

表通りから少し入ったところにありましたが、「KASUMIの駐車場からすぐ」でした。
お店自体は新しそうですね。
店内に入ると先客は1組のみ。
壁の品書きと「おすすめ」をチェックします。

Imgp0134

基本的に本格的な店では冷たいおそばが食べたいので、おすすめメニューのコレを頼みました ↓ 

Imgp0133

一足早い春の味覚ですね。

Imgp0136

実物はこんな感じ。
蕎麦はそばつゆで、うどのてんぷらは塩でいただきました。

Imgp0137

そばの香りが良くて、そばつゆ大好きなのですが思わずそばだけで啜ってしまいました。

てんぷらのほうもウドの柔らかさと甘みが素晴らしい。
ただ、若干ウドの香りが弱かったような気がしますが蕎麦のクオリティが半端はく高かったので満足です。

カミさんはとろろそばを頼みましたが、こちらもウマかったようです。
ちなみに103はわさびが好きではありませんが、ここで供されたわさびは本わさびのようで、良い香りがしていました。それでも苦手なのでカミさんに進呈(笑)。

Imgp0135

つくばで迷ったらこの蕎麦屋さんは超おすすめです。

腹を満たしたのでコンサート会場へ向かいます。
会場は「つくばカピオホール」。

つくばエクスプレスの終点(!)つくば駅からすぐです。
この日はバスケプロリーグの試合が行われていたようで、コンサート会場となりの体育館(昔の人間はこう呼ぶ)では盛り上がっていましたね。

で、コンサート会場へ入るとこじんまりした好印象。

Imgp0142

木が多く使われていて温かみのある会場です。

ここで開催されたのがBUZZ FIVE のコンサートですが、実は2014年の6月に見たことがあります

それも多治見で(笑)。

このときはたしかイタリアつながりの曲を中心にしたコンサートでした。
で。
今回のプログラムは以下の通りです。

1.H.カーマイケル作の『スターダスト』
オープニングは定番曲のこの曲を演奏しながら入場するという趣向。

2.N.ロータ&S.プロコフィエフ作の『ロミオとジュリエット』
こちらも定番曲ですね。

3.J.クラーク作の『トランペット・ヴォランタリー』
この曲からは各メンバー紹介を兼ね演奏。
新メンバーであるトランペットの松山さんをフューチャーした曲。
「これぞラッパ!」というすがすがしい曲です。

4.G.ロッシーニ作の『ラ・ダンツァ』
ホルンの友田さん紹介曲。
実はこの楽団の中で彼が一番好きなのですが、早いパッセージのこの曲を見事に演奏されていました。

5.富山民謡の『越中おわら節』
チューバの石丸さん。
富山ご出身ということで本曲をチョイス。それにしてもこの日はチューバ大活躍だったと思ったのはボクだけでしょうか。

6.久石譲作の『真紅の翼』
トロンボーンの加藤さん。
紅の豚より。
トロンボーンらしい曲・・・というわけではなく(?)、「飛ばない豚はただの豚だ」というセリフに対して「飛ぶ豚なんていねぇよ!」という突っ込みを入れたかっただけ・・・と思ったのは僕だけでしょうか・・・

7.N.ロータ作の『愛のテーマ』
ご存じゴッドファーザーの有名曲をトリの上田さんのトランペットで堪能。

相変わらずBUZZ FIVEの公演構成は秀逸で、普段演奏会に足を運ばないような人でも楽しめる内容です。

さて、後半戦。
次の曲は8つの小曲から構成される作品ですが、リーダーの上田さんが最近お気に入りの落語(ちかごろ落語家が随分増えているそうですね)にヒントを得て、「めくり」(演目を記した紙をめくるアレですね)を活用して曲の雰囲気を伝えながらの演奏はナイス。

8.J.クーツィール作の『子供のサーカス Op.79』
曲の雰囲気を視覚と聴覚両方で楽しめるというわけですね。

9.福田洋介作の『オアシス』
BUZZ FIVEのために作られた作品。
不思議な雰囲気のある曲で、聞いているほうも楽しいのですが演奏者も「いつまでも演奏したい」気分になる曲だそうです。

10.高橋宏樹作の『イタリアンメドレー』
あれ?
前回(3年近く前とはいえ・・・)のイタリアつながりコンサートとかぶるかな?とも思いましたが、ソレントやアイーダなど、好きな曲が目白押しだったので満足。
クラシック、映画音楽、ポップス・・・オーケストラでの演奏ではできないような曲も金管楽器バンドなら(編曲は大変だと思いますが)手軽に楽しめるという利点と、BUZZ FIVEの親しみやすさがあいまって、広いオーディエンスに聞いてもらいたいと思う楽団です。

その後、予定していたアンコール(笑)2曲を消化し、楽しいひと時を終えました。

Imgp0143

帰る際のロビーに貼ってあったアンコール曲は上の写真の通りです。

«野田の梅とつくばの梅

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31