カテゴリー

無料ブログはココログ

他のアカウント

Twitter

2018年8月17日 (金)

『トム・ゴードンに恋した少女』

 

報じられるたびに思い出したのがキングの小説。
『トム・ゴードンに恋した少女』
Img_0
本書カバーのあらすじにはこうある。
世界には歯があり、油断していると噛みつかれる-。
ボストンレッドソックスのリリーフ・ピッチャー、トム・ゴードンに憧れる、少女トリシアは、9歳でそのことを学んだ。
両親は離婚したばかりで、母と兄の3人暮らしだけれど、いがみ合ってばかりいる二人には、正直いって、うんざり。
ある6月の朝、アパラチア自然遊歩道へと家族でピクニックに連れ出されるが、母と兄の毎度毎度の口論に辟易としていたトリシアは、尿意をもよおしてコースをはずれ、みんなとはぐれてしまう。
広大な原野のなかに一人とりのこされた彼女を、藪蚊の猛攻、乏しくなる食料、夜の冷気、下痢、発熱といった災難が襲う。
憧れのトム・ゴードンとの空想での会話だけを心の支えにして、知恵と気力をふりしぼって、原野からの脱出を試みようとするが・・・・・。
9日間にわたる少女の決死の冒険を圧倒的なリアリティで描き、家族のあり方まで問う、少女サバイバル小説の名編!
キングの小説特有の「登場人物の背景を語らせるだけで150ページ消費する」技はもちろん健在だが、それを差し引いても本書の主題は『迷子が自然の中で生き延びる』ということ。まさに今回の事件(事故)にぴったりではないか。
もちろん、9歳と2歳の子供が考えることには大きな隔たりがある。食料や健康のことまで気が回るのは9歳の子供。かたや2歳の子供は(言葉にしなくても)風で木々が揺れるときの音や夜の星空・暗さそれ自体などからどんどん想像が膨らんでそれに耐えなくてはいけないのではないだろうか。
どちらもサバイバルに勝利し生還するのだが、本書を読めば報道されない2歳児の恐怖心をほんの僅かばかりでも想像することが出来るのではないか。
現在本書は新潮文庫で文庫化されているので手軽に読める。
興味のある方は手に取ってみては。

2018年7月29日 (日)

柏にこんなライブハウスがあったのか!トレビアンズのライブに行きました

台風の影響で柏まつり(1日目)が中止になったほどの荒天のなか、ライブに行ってまいりました(笑)。
場所はAnimalia というところ。
え?
いつも通ってるトコじゃん。
こんな処にライブハウスがあったのか!!!
というロケーション。
怪しい階段を上って会場へ。
こういう雰囲気、久しぶりですね。
さて、トレビアンズの活動は以前より聞き及んでいましたが、ライブに足を運んだのは初めて。
それにしても会場の大きさがほどよく小さく(笑)、ライブハウスのバンドと客の一体感が気持ちよかったですね。
演奏は新曲ばかり(ウソ)6~7曲でしょうか?
スネアの音がカンと抜けてていい音だな~と思っていたら、なんとドラマーのマイ太鼓だったようですね。終演後に持ち帰っていたのでわかりました。
演奏自体、非常にまとまっていて聴いていてノリノリでしたし、なによりMCが楽しくて思わずお風呂に入りたくなりました。
もうひとバンド、演奏が残っていたのですが早めに退散しBoostさんと反省会をしてしまいました。
おかげで若干二日酔い気味ですが、前日交換工事を行ったウォシュレット付近からの漏水が発覚し、朝から対応作業。どうしても前傾姿勢になるのでゲ〇出そうで大変でした。
最近クラシックのコンサートが多いので、久しぶりにとても楽しむことが出来ました。
Yamaguchiさん、お誘い頂きありがとうございました!
あ、演奏に夢中で写真撮り忘れましたので、YamaguchiさんのFBから無断借用した写真を貼っておきます。
37880209_1326078944191477_915110272

2018年7月25日 (水)

キング作品とトランプ大統領との類似性!?

BuzzFeed News によれば、『スティーブン・キングが語る「トランプ大統領と社会の悪夢」』という見出しで、キングの未訳作品 The Outsider について言及されている。
新作については未訳であるためもちろん103は読んでも居ないし、そもそもまだストーリーのアウトラインさえも良く知らない。
しかし、この記事にある興味深い点は『デッド・ゾーンにて語られる大統領候補、グレッグ・スティルソンがトランプ大統領に酷似している』というものだ。
実は103がデッド・ゾーンを読んだのは恐らく中学生のころ。
当時の淡い記憶では主人公の『予知能力に関する表現』が面白くて、ちょっと危ない大統領候補と対峙する という程度しか覚えていない。
(そしてデッド・ゾーンは昔手にした本だが再読の記憶はほとんどない)
従って物語上でグレッグ・スティルソンがどの程度トランプ大統領に似ているかハッキリとは言えない。
興味のある方は上記にリンクが貼ってあるBuzzFeed.News の記事を読んでいただきたい。
ちなみにデッド・ゾーンを再読することも頭をよぎったが、未読の「悪霊の島」を読書中でいつになったら読めるかな~。
51se1ca1qhl_sx338_bo1204203200_

2018年7月24日 (火)

読売交響楽団の出張(笑)コンサート

これまた遅いアップになりましたが、13日の金曜日(・・・)はるばる多摩まで行ってきました。
たまたまこの日は以前の勤め先の近くで呑む機会があったので、同じ路線で行ける多摩なら便利かなと思って白羽の矢を立てたのは以下の興行。
えーと、まぁ、普通に考えれば読売日本交響楽団のコンサートは103が気軽に行ける金額ではありません(でも、魅力的な興行が目白押し)。
また、毎週チェックしているFMプログラムの「きらクラ!」に出演している遠藤真理さんも所属している楽団です。
常任・客員指揮者も有名どころがそろっていますし、普通ならおいそれと観に行ける楽団ではないのですが、今回はわずか¥1,000で楽しめるのです。
当日はデジカメどころか携帯すら携帯せずに出かけるという失態でしたが、ま、写真がないだけで別にどうってことはありませんでした。普段からスマホに頼り切らないように気を付けてるし。
さて、今回のコンサートは日程だけが条件にあったから見に行ったというわけではなく(室内楽が好きというのはありますが)、なんと「ビオラだけの演奏会」である点が興味深かったのです。
【演奏曲】
1.バーンスタイン:ウエストサイド・ストーリーから抜粋 I feel pretty/One Hand One Heart/Maria/Somewhere
2.J.S.バッハ:【野平一郎/編】:シャコンヌ~4つのヴィオラのための~
3.ヨーク・ボーエン:4つのヴィオラのための幻想四重奏曲
4.グラジナ・バツェヴィチ:ヴァイオリン四重奏曲(ヴィオラ版)
4人のビオリストが各曲の演奏前に簡単な解説をしてくれるため、より一層楽しむことが出来ました。しかし、終演後すぐにブログ記事内容を考えなかったので今では演奏内容が大分薄れています(苦笑)。加えてその後の飲み会ですっかり脳細胞が破壊されてますからね~。
アンコールでは確かモーツァルトの魔笛からの曲を演奏したと思うんですが。
・・・なにせ、記憶が。
・・・ね。
そんなわけで、103の記憶にも記録にも残らないコンサートでした。
いや、内容が良くなかったわけではないんですが・・・

2018年7月16日 (月)

この音色が好きなんですよね~。

7月8日(日)に時間があったのでまたまた無料コンサートを楽しんできました。
20187_concert

» 続きを読む

2018年7月14日 (土)

始まったばかりの暑い夏を乗り切るためにこんなエントリーはいかがですか。

久しぶりの自転車ネタです。
梅雨が早く終わり、長い夏が始まっています。
暑い時には「寒い冬が良かった」と思い、寒いときは「夏の暑さが懐かしい」なんて勝手なことを言うのが人間です。
と、いうわけで半年前に首都圏を襲った大雪(といっても10数cm)の時をふと思い出しました。
***********************************
この日は日中から降り始めた雪が夕方以降激しくなり、交通機関にも大きな影響を及ぼしました。
その際絶賛お仕事中だった103が帰るころの映像がこんな感じ ↓。
P_20180123_044007_1_p
いやー、この時のサイクリングがめちゃ楽しかった♪
ほとんどインナーロー(ギア)で新雪を踏みしめながら「ザクザク」進みます。
翌朝には凍結して大変なことになるのですが、未明なのでクルマも居ないしあちこち寄り道しながら走ります。
そして家に着いた頃には着雪注意報発令です。
P_20180123_051316_p
フロントブレーキ周辺。
P_20180123_051338_p
前輪ハブ周辺。
P_20180123_051350_1_p
ペダルね。
そしてこのあと筋肉痛になった103でした・・・

2018年6月 9日 (土)

あるコンサートへ行ってきました

いつのころからでしょうか。

タダ(あるいは格安)のコンサートを探して見に行くようになったのは。
普段下記2種類のサイトを参考にさせていただき、気になる(スケジュールの合う)コンサートを探しています。
その1:Wellpine music club クラシック音楽を楽しむ人の輪を広げるサイト
Wellpine
例えばこんなイメージで「〇月△日にどこでどんなコンサートが開催されるのか」がわかるようになっています。
特に一覧画面で「無料」「1000円未満」「1000円」・・・というように価格帯別に分けてくれているので便利です。
しかしながら個人で運営しているサイトですので、掲載数にも限界があります。
そこでもうひとつ良く利用しているのが次のサイト。
その2:オケ専♪
Photo_2
こちらは「演奏者と聞きたい人の架け橋」となるようなサイトで、コンサート情報だけでなくこんな演奏会を開いてほしいという希望と演奏したい人を結びつけることもできます。
発表の場を得るために利用している人も居るのでしょうか。
で。
通常アマチュアの演奏会(発表会)は、当然休日に行われることが多いのですが、この日は珍しく月曜日開催のコンサートに行きました。
P_20180604_132328_1_p
千葉シニアアンサンブルという楽団です。

» 続きを読む

2018年6月 8日 (金)

RIOTのギタリスト Nick Lee のインタビュー

Marunouchi Muzic Magazine にNick Lee のインタビューが掲載されていたので記録しておきます。
気になったポイントは以下の通り。
1.Nickが『いつかMarkやMikeのようにギターソロを書きたいと思っている』こと。自身のバンドMoon Tooth ではバンドのギタリストとして活躍しているし、RIOTのショウでも十分なパフォーマンスを披露していると思っているのに彼の口からこんな謙虚な言葉が聞けるというのが驚き。
それでなくとも歴代の曲を習得し、Mikeのサポートとして素晴らしい仕事をしているのに。
2.彼は「よりよいプレイヤーになるために自分をプッシュしているんだ。僕のやり方は難易度が高くほとんどプレイが不可能なリフを書くことなんだけどね」と話している。
いや、難しいプレイもいいけど、「メロディック」なのがいいな。ま、常に向上心を持ち続けることは悪いことではないね。
3.そしてインタビューの最後に彼が言うのがやはり謙虚な一言。『僕に親切にしてくれて、RIOTファミリーの一員として迎えてくれてありがとう。』
これね。

ラウドネスとライオットのダブルヘッドライナーギグがあるらしいっすよ。

青天の霹靂。
ラウドネスとそんなに仲が良かったのか?
昨年のフェスで共演してから良くSNSにベーシスト同士が写真に納まっていたりしたけど。
9月に両バンドがヘッドライナーでライブがあるらしい。
Riot_loudness
実はRIOTのライブではその昔嬉しくない思い出がある。
2007年の4月にVICIOUS RUMORSとのダブルヘッドライナーギグを観にいっている。
当時、ボーカルであるマイク・ディメオがほぼ脱退状態。ヘルプメンバーで対応したがそのころのアルバムもぱっとしなかったし、何より当日の演奏に覇気がなかった。
もちろんベテランのバンドだから有名曲が多いしそれらを無難に演奏していればおよそ1時間のショーをこなすということはできるが・・・
案の定、当時のブログ記事も当たり障りのない書き方ですね。
思えばこのころからマーク・リアリの体調は良くなかったのかもしれない。
そして2011年のIMMORTAL SOULがマークの遺作になるわけだが・・・
*********************************
しかし!
今回のRIOT Vは違う。
日本唯一のヘビーメタル専門雑誌BURRN!による集計でも新作がCD売り上げ1位を獲得したり、もちろん内容の評価も軒並み国内外で高評価を得ている。
30年前からRIOTを聴いている身としては感慨一入の出来事であるし、好きであり続けていてよかったと思う瞬間である。
さて、その最新作を引っ提げて半年というあり得ないスパンで再来日する彼らを観にいくのは既に103の予定表に組み込まれたのでした。
あ、6月9日にBSフジで放送される伊藤政則のROCK TV!では3月のRIOT Vのライブ映像も放映されるようなので必見です。

ダークタワー ブルーレイ&DVDセット発売

HMVさんからのメルマガで『ダークタワー ブルーレイ&DVDセット』の発売を知る。
発売日は2018年6月6日。
Dtbrdvd
劇場で鑑賞したし、ウチにはブルーレイなんかないからあまり興味はないのですが、気になる点がありました。
キングネタですので興味のない人はスルーしてください。

» 続きを読む

«『ファインダーズ・キーパーズ』読了

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31